ブレイブボードとリップスティックの違い

ブレイブボードとリップスティックの違い

ブレイブボードとリップスティックの違い

今子どもたちに人気の乗り物が、「ブレイブボード」です。

 

しかし中には、それを「リップスティック」と呼んでいる人もいたりします。

 

 

見た目に違いはないので、なぜこれほど呼び方が変わるのかわからない人もいると思われます。

 

もしかすると、別のメーカーが販売している類似商品だったりするのでしょうか?

 

 

この記事ではこれら2つの違いを説明しておりますので、気になった方はご覧になってみてください。

スポンサーリンク

ブレイブボードとリップスティック。これら2つの違いとは?

 

最近子どもたちの間で話題となって流行している遊具のひとつとして知られているのが、「ブレイブボード」と呼ばれているものです。

 

 

一見すると、スケートボードのような形をしています。

 

ですがスケートボードと違って、前後2枚のボードそれぞれに1個のタイヤが付いたものがパイプで繋がっている、といった構造をしています。

 

それゆえ自走する事ができるのが、最大の特徴となっています。

 

 

スケートボードよりもより真っ直ぐ走らせやすくなっているので、自在に運転する事ができたり。

 

トリックなどの技を、多彩に決めることができる魅力を持っています。

 

 

そんなブレイブボードなのですが、一方で「リップスティック」と呼んでいる人もいたりするのです。

 

これらブレイブボードとリップスティックには、何か違いがあるのでしょうか?

 

 

実はこれら2つ、全く同じものなのです。

 

 

これらのボードは元々アメリカの会社「Razor USA」が制作したものであり、アメリカではリップスティックという商品名で統一され販売されています。

 

 

この商品を日本輸入し販売している業者は、主に2つ。

 

「株式会社ラングスジャパン」と「株式会社ビタミンiファクトリー」です。

 

 

ラングスジャパンは、商品名をリップスティックのまま販売している一方で…

 

ビタミンiファクトリーの場合は、ブレイブボードという独自の商品名に変えて販売しているのです。

 

 

つまり日本では「同じ商品なのに、2つの名前がある」ということになります。

 

 

アマゾンなどの通販サイトを見ると、ビタミンiファクトリーの商品の場合は「リップスティック」と「ブレイブボード」の単語が1つの商品名の中に一緒に並んでいたりします。

 

「ブレイブボード」という名称の方が、何となく男の子が好きそうなかっこいい響きではありますが。

 

 

もっともこれは輸入販売業者の都合であって、購入して遊ぶ私たちにとっては関係ありませんよね。

 

これらのボードを購入する場合は名称など全く気にすることなく、デザインや乗りやすさで判断して構いません。

 

 

ブレイブボードやリップスティックは、初めてボードを使う初心者やこれからサーフィンやスノボを始めようしている方にも、おすすめできる遊具です。

 

子どもだけではなく、大人でも楽しめるサイズもあります。

 

 

他にも種類があります。

 

 

トリック重視の人におすすめされている、デッキ面全体に高いグリップ性がある軽量タイプの「ネオ」や…

 

1ボードタイプでサーフィンやスノボの動きが出来る「エア」。

 

そして、非常に軽量でコンパクトサイズであることから小さな子どもの中で人気が高い、「リップスター」というものもあります。

 

 

このように、年齢や性別関係なく楽しめるサイズやデザインが揃っています。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ