ヒミズ/漫画の結末・ラストのあらすじ内容をネタバレ!

ヒミズ/漫画の結末・ラストのあらすじ内容をネタバレ!

ヒミズ/漫画の結末・ラストのあらすじ内容をネタバレ!

ヒミズ」はヤングマガジンで連載されていた古谷実の漫画であり、キャッチコピーである「笑いの時代は終わりました…。これより、不道徳の時間を始めます」という非常に独特な作品となっています。映画として実写化されたこともある「ヒミズ」の原作である漫画の単行本は全4巻となっているのですが、その最終話である「おろか者」はどのようなストーリーと結末になっているのでしょうか。まず舞台となっているのは現代日本で、あらすじとしては中学生である住田祐一は貸しボート屋を営んでおり、中学生でありながら働かなければいけないという不遇な現実に諦めの気持ちを抱きつつも平凡な日常を送れる事を夢見ています。そんな矢先、以前蒸発して行方が分からなくなっていた父親と暴力団がなぜか家にやってきて虐待を受けるようになってしまいます。しかも母親は中年の男と駆け落ちして失踪してしまい、完全に孤立無援状態になってしまいます。そんな自分自身の境遇に絶望して父親をさつ害してしまった住田祐一は、取り返しのつかない事態に夢見ていた平凡な生活を送るということそのものを諦めて「悪いやつ」を消すために活動する事を決意します。
そんな住田祐一を心配する人物として茶沢景子という存在があり、彼がさつ人を犯した事を知っていてもなお彼を救い出そうとしますが住田祐一の人生はどんどん暗い絶望の中に落ちていく、というような内容になっています。
最終話ではどのような展開になっているのかというと、結局住田祐一は「悪いやつ」の命を絶とうとしていたのですが父親以外を消す事はできずに結局自分が住んでいた場所へと戻っていきます。そんな住田祐一を出迎えた茶沢景子に対して己の罪を告白した住田祐一は、通報によってやってきた警察官に1日だけ猶予を与えて欲しいとお願いします。そうして逮捕されるまでの1日だけの猶予が与えられた中、茶沢景子とともに出所したあとの未来を楽しく語ります。「もしかしたら普通の人生が送れるようになるかもしれない」と思った住田祐一でしたが、それは自分自身の信念を曲げる行動だったためにそうすることを許せないと言う事に気づきます。そして住田祐一は茶沢景子と最後の夜を過ごすのですが、深夜に持っていた拳銃によって自害してしまいます。それに気付いた茶沢景子は遺体を見下ろして「何それ?」と思わず呟いたのでした。
これが漫画版の「ヒミズ」の最終話となっているのですが、実はその後に出版された小説に後日談のような続きも描かれています。

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ