正しい箸の持ち方に矯正!輪ゴムを使った方法とは?

正しい箸の持ち方に矯正!輪ゴムを使った方法とは?

正しい箸の持ち方に矯正!輪ゴムを使った方法とは?

毎日の食事で何気なく使っているのが、食べ物を摘むための箸です。

 

 

ただあまりにも当たり前な行為なために、正しい箸の持ち方ができているのか自分で判断するのは難しいものです。

 

 

お子さんに正しい箸の持ち方を教えたい、とお思いの親御さんもおられるでしょう。

 

 

また、大人の方でも明らかに周りの人と使い方が違っているのに今更直せない…とひそかに悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

 

 

箸の持ち方に限らないのですが…

 

一度身についてしまった癖を矯正するのは、どうしても苦手意識が働いてしまうものですよね。

 

 

そこでこの記事では、輪ゴムを使って正しい箸の持ち方を矯正する方法を説明しています。

スポンサーリンク

輪ゴムだけでOK!正しい箸の持ち方を矯正する方法をご紹介!

 

子どものころから練習して上手に使えるようになりますが、他の人と比較しないと自分の箸の持ち方が正しいかどうかは分かりません。

 

 

友人などと食事をしている時に自分の持ち方と比べて、持ち方がおかしいと気付く人も少なくありません。

 

実際に、箸の正しい持ち方は意外と難しく、正しい箸の持ち方ができている人はとても少ないです。

 

 

大人になると会社の上司や同僚、取引先の人と食事をする機会が増えます。

 

「恥ずかしい思いをしない為に、正しい箸の持ち方ができるようになりたい」と思った時に役立つのが、輪ゴムです。

 

 

大人になってから持ち方を変えるのは難しいと思われがちですが、輪ゴムを使う事で誰でも簡単に持ち方を変える事ができます。

 

方法はいくつかあるので、自分に合った方法を見つけて実践してみましょう。

 

 

輪ゴムを使った方法で最も一般的なのが、輪ゴムを八の字にして親指と人さし指に装着する方法です。

 

八の字にした輪ゴムが箸を持つ指を支えてくれるので、自然と正しい持ち方にする事ができます。

 

 

この時、上の箸を動かすように心がけるとより正しい方法でもつ事ができるので、意識してやってみましょう。

 

 

しばらくこの方法で練習を続けていると矯正をしなくても、箸が正しく持てるようになります。

 

 

食事会などを控えている時は、少し前から練習をしておくと間に合わせることも可能なので、箸の持ち方が正しくない事に悩んでいる時はあらかじめ練習をしておきましょう。

 

 

その他にも輪ゴムの使い方を変えるだけで、正しい箸の持ち方にする為の矯正をする事ができます。

 

手の形や指の長さは人によって異なるので、八の字の方法で上手くいかなかった時は、使い方を変えて自分の手の形や指の長さに合った方法で箸の持ち方を矯正しましょう。

 

 

今までどれだけ練習しても箸の持ち方が直らなかった人でも、輪ゴムを使う事で簡単に矯正する事ができます。

 

正しい方法で箸を持って、美しい動作で食事をする為にも輪ゴムを使って箸の持ち方を矯正しましょう。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ