三谷幸喜が大泉洋に舞台「ドレッサー」本番中イタズラ。仲良しだから?

三谷幸喜が大泉洋に舞台「ドレッサー」本番中イタズラ。仲良しだから?

三谷幸喜が大泉洋に舞台「ドレッサー」本番中イタズラ。仲良しだから?

 

2013年に公演されていた、三谷幸喜さん演出の舞台「ドレッサー」。

 

出演していたのは、橋爪功さんや大泉洋さん達でした。

 

 

舞台「ドレッサー」の本番中。

 

大泉洋さんはまさに演技をしている最中、演出の三谷幸喜さんにイタズラを仕掛けられたのだそうです。

 

一体、どんなイタズラをされてしまったのでしょうか?

 

 

三谷幸喜さんが大泉洋さんにイタズラするのは仲良しだからなのでしょうか?

スポンサーリンク

三谷幸喜が舞台の本番中、大泉洋にイタズラ

 

舞台「ドレッサー」は、ものすごいスピードで長いセリフを喋らなければならない難易度の高い舞台だと説明していた大泉洋さん。

 

そんな舞台「ドレッサー」の稽古中、三谷幸喜さんは大泉洋さんにイタズラを仕掛けたのです。

 

 

大泉洋さんは、その一部始終を北海道のラジオ番組「大泉洋のサンサンサンデー」(HBC)で説明しながらグチっていました。

 

 

さらに今度は…

 

あろうことか舞台「ドレッサー」の本番中に、三谷幸喜さんが大泉洋さんにイタズラを決行!

 

 

付き人・ノーマンを演じている大泉洋さんが、共演者の浅野和之さんと梶原善さんのいる部屋を尋ねるシーン。

 

大泉洋さんは、まず浅野和之さんが控えている部屋のドアをノックし開けました。

 

 

するとそこには…

 

浅野和之さんの後ろ、大泉洋さんから見える位置に三谷幸喜さんが立っていましたw

 

 

そして巧妙にも…

 

お客さんから見えない、大泉洋さんの目線にしか入らない位置に立っていたのだそうですw

 

それを見た大泉洋さんは動揺し、思わずセリフを噛んでしまいました。

 

 

ちなみに…

 

舞台の開演前に三谷幸喜さんは劇場には来ておらず、当日お互いが会ったのはその瞬間だったそうですw

 

ひどいドッキリですw

 

 

続いて、大泉洋さんは梶原善さんのいる部屋のドアを開けます。

 

するとやはり、そこにも三谷幸喜さんの姿が。

 

梶原善さんの後ろに、三谷幸喜さんが立っていたのだそうですw

 

 

三谷幸喜さんの不意打ちイタズラで動揺させられた、大泉洋さん。

 

舞台の本番中、急にプレッシャーを強く感じてめちゃくちゃ緊張してしまったのだそうです。

 

 

その後、舞台の本番中に三谷幸喜さんがイタズラすることはなかったのですが…

 

大いに動揺した大泉洋さんは、別のシーンでもさらに噛んでしまったのだとか。

 

 

「最悪だ…」と、大泉洋さんは意気消沈。

 

 

そんな日の公演に限って、ある有名人が舞台を観に来てくれていたのです。

 

セリフを噛みまくった舞台を、福山雅治に見られる!

 

その有名人とは…

 

なんと、福山雅治さん!

 

 

東京の事務所「アミューズ」の先輩でもある福山雅治さんに、

 

(正確にはお互いの事務所が業務提携している関係ですが)

 

よりにもよって、セリフを噛みまくってしまった回の舞台を観られていたのでした…

 

 

舞台が終わった後、楽屋を訪ねてくれた福山雅治さんに

 

「いやいやいや、とってもチャレンジングな役だったね〜」

 

と、いい声でイジられたのでした。

 

イタズラした張本人・三谷幸喜が、大泉洋さんに言い放った一言

 

第1幕と第2幕の合間、大泉洋さんは三谷幸喜さんに「何してんすか!」と怒りをぶつけます。

 

 

一方、三谷幸喜さんも開口一番、

 

「ガッカリだ」と大泉洋さんに言い放つのです。

 

 

え〜…

 

 

さらに、

 

「この程度で噛むとはガッカリした」

 

「こっちはね、君だと思って信頼してイタズラしてるんだ」とまでw

 

 

大泉洋さんは、三谷幸喜さんに対して「信頼してイタズラしてんじゃないよ!」とラジオ番組の中でボヤいていたのでした。

 

 

大泉洋のラジオ番組に、三谷幸喜がゲスト出演!

 

その後、北海道のラジオ番組「大泉洋のサンサンサンデー」(HBC)に三谷幸喜さんが電話でゲスト出演。

 

 

大泉洋さんは、イタズラをした理由を三谷幸喜さんに問いただします。

 

それに対し、三谷幸喜さんは

 

 

「信頼関係ですから」

 

「それでダメになる役者には絶対やらない」

 

 

…と、本気なのかネタなのかわからないコメントを述べていましたw

 

 

さらに三谷幸喜さんは、

 

「だって本番中、つまんないんだもん」

 

「やることないし」

 

「みんなはさー、お客さんに拍手もらったりしてるのに」

 

「僕は何なんですか、みんな一緒に頑張ってきたのに」

 

「ちょっとくらいイタズラさせてくれてもいいじゃない」

 

 

…と、演出する立場に関する愚痴まで言い始めたのでしたw

 

 

その日も、舞台「ドレッサー」を演じていた大泉洋さん。

 

ラジオ番組中、に三谷幸喜さんにツッコんでいるせいで「ちっとも喉が休まらない」とボヤき返していました。

 

三谷幸喜と大泉洋は仲良しか?

 

大泉洋さんの後輩・オクラホマが「これからもずっとイタズラし続けるんですか?」と三谷幸喜さんに質問。

 

 

三谷幸喜さんは、

 

「そうですね、いろいろ(イタズラを)考えてますよ」…と即答w

 

「ホント…することないんですよ」

 

 

「舞台を観なさい!」とツッコミを入れた大泉洋さんにも、三谷幸喜さんは…

 

「だって飽きちゃったよ〜」

 

「だって毎回同じことばっかり…」という愚痴まで言う始末。

 

 

いやいやいや、ネタとはいえ舞台演出を長年やってきたあなたがそういうことを言っちゃ…

 

 

さらに、

 

「やりますよ僕は。やりますよ」

 

「リスナーに約束しますよ、僕は」

 

「これは真剣勝負だ」と、

 

北海道限定ですが、公共の電波に載せてイタズラ継続宣言をしたのでした。

 

 

大泉洋さんと三谷幸喜さんのやり取りの最中、後輩のオクラホマのふたりは笑いっぱなし。

 

 

どこまでがサービストークなのか本気なのかわからない三谷幸喜さんだったのでした…

 

 

それにしても、大泉洋さんって三谷幸喜さんから結構シャレにならないイタズラをされているんですが…

 

それでも、自分のラジオ番組に電話ゲストとして呼んでるんですよね。

 

 

「三谷幸喜のコウコウコウキー」という専用のコーナーまで用意して、何回も電話ゲストに呼んでいました。

 

 

そう考えると…

 

三谷幸喜さんと大泉洋さんは、仲良し?なんでしょうか。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

大泉洋の「小林製薬の糸ようじ」って何?渡辺篤史との関係は(水曜どうでしょう)

 

三谷幸喜が大泉洋に舞台「ドレッサー」本番中にイタズラ。仲良しだから?

 

「まれ」で大泉洋がものまねした土井善晴って誰?

 

ヤスケン(安田顕)牛乳リバース事件とは

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ