覆面系ノイズのネタバレ・あらすじと感想!原作漫画が実写映画化・アニメ化

覆面系ノイズのネタバレ・あらすじと感想!原作漫画が実写映画化・アニメ化

覆面系ノイズのネタバレ・あらすじと感想!原作漫画が実写映画化・アニメ化

雑誌「花とゆめ」で連載中の漫画が、福山リョウコさんの「覆面系ノイズ」です。

 

 

アニメ化や実写映画化が決まり、現在制作が進められているとのこと。

 

 

今の時点で、実写映画に出演する俳優の名前やアニメ版の声優名といった情報や…

 

劇場公開日やアニメの放送日に関する情報はわかっていません。

 

 

もし情報が解禁されましたら、ここにも追記する予定です。

 

 

漫画「覆面系ノイズ」は、どういった内容の物語なのでしょう?

 

 

実写映画やアニメの原作として選ばれたこの作品を読んだことがある人に、感想をいただきました。

 

この記事を読む際、掲載されているあらすじがネタバレにつながってしまう可能性がありますのでご注意を。

スポンサーリンク

漫画「覆面系ノイズ」が実写映画化・アニメ化!原作漫画のあらすじを紹介。ネタバレ注意

 

福山リョウコさんの漫画「覆面系ノイズ」が、実写映画化・アニメ化されることになりました。

 

一体、どんなストーリーなのでしょうか?

 

 

この記事にはあらすじや感想が載っていますので、ネタバレされたくない方は読むのを避けておいたほうが無難です。

 

 

歌うことが大好きな少女ニノは、幼馴染のモモと辛い別れを経験しました。

 

その後ユズと出会いますが、彼ともまた別れがやってきます。

 

 

高校に進学後にユズやモモと再会し、歌の世界へ足を踏み入れていきます。

 

ユズはイノハリという中高生に人気の覆面バンドのメンバーで、深桜・ハルヨシ・クロと活動していました。

 

 

深桜はユズのことが好きでしたが、ユズはニノのことが好きでした。

 

それを知った上でニノの代わりでもいいと思いながら活動していましたが、ニノが現れたことでバンドをやめる決意をします。

 

 

そんな深桜をずっと見てきて想いを寄せていたのが、ハルヨシでした。

 

イノハリを抜けたあと、深桜はモモたちと黒猫というバンドを組むことになります。

 

黒猫はイノハリと同じく覆面バンドで、ライバルとして切磋琢磨していきます。

 

 

ハルヨシに告白された深桜はユズを忘れさせてくれるならと、恋人として付き合うことになります。

 

ユズとモモは友人となり、互いに悩みを打ち明けます。

 

 

ユズはニノの心をずっと奪っている幼馴染の存在を疎ましく思い、モモは自分からニノの声を奪ったバンドやその作曲者にイラついていました。

 

そして互いがライバルだと気付きますが、それでも変わらぬ友情がありました。

 

 

ニノとモモは互いの気持ちをずっと好きだったと過去形にし、進むことになります。

 

 

好きという気持ちを忘れることはできない2人でしたが、再び別れがやってきます。

 

モモは息子をお金を稼ぐ道具のように見る母親の魔の手から、逃げるように行方をくらませます。

 

 

ライブ活動に励むイノハリは、モモが戻ってきた黒猫と最終公演で共演することになります。

 

モモが帰ってきたことに焦りを感じたユズは、勢い余ってニノに告白しそうになり声が出なくなります。

 

どうにか声を取り戻し、ライブ中には今まで歌うことができなかった曲を歌うことができました。

 

 

しかしユズには、高校卒業までに母親の前で歌うことができなければ音楽をやめなくてはならないという約束があったのです。

 

 

そして迎えた最終公演、深桜はユズに向けて歌うのを最後にしようと決意し舞台に立ちます。

 

しかし気がつくとハルヨシを想って歌っており、それを感じたハルヨシはようやく深桜と本当の恋人になることができました。

 

 

ユズはニノに告白し振られますが、大切に思う気持ちは恋より大きいと表現され、諦めないことを決意します。

 

 

しかし本番を控えたイノハリに、覆面メンバーの正体が世間にバレるかもしれないという問題が発生します。

 

そこでイノハリと黒猫は共闘して、新しい世界の扉を開くのでした。

 

 

ここまでが、覆面系ノイズ既刊10巻のあらすじです。

 

2組のバンドと片想いの行方が今後どうなっていくのか期待しましょう。

 

 

漫画「覆面系ノイズ」を読んだ人の感想

 

「覆面系ノイズ」の始めのほう、仁乃と桃がお互いの部屋から歌っている所は印象に残りました。

 

両親が喧嘩している時の不安な気持ちを、歌うことで紛らわしているのかなと思いました。

 

 

私の子供の頃は両親がよく喧嘩していたので、その度に不安な気持ちになりました。

 

そのせいか、歌を歌う気持ちがよくわかります。

 

 

桃が引越した部分は、見ている私も悲しくなりました。

 

常に一緒だった人がいなくなると心が苦しくなるので、仁乃の泣き叫ぶ理由も理解できます。

 

 

ただ、その後に新しい出会いがあったので見ていて安心できました。

 

 

仁乃がマスクを装着するようになった理由の所は、切なかったです。

 

感情が高ぶると叫んでしまう癖、それは子供の頃の2つの別れが原因でした。

 

 

それでも何とか頑張って高校生となった仁乃、その場面は何度も頑張れと声を出して応援してしまいました。

 

 

仁乃がユズにキスされている場面は、少し気になりました。

 

 

仁乃は洋風の挨拶?と言うと、今の気持ちと言って照れるユズ。

 

その後の仁乃の目には涙が浮かんでいたので、桃のほうが好きなのかもしれないですね。

 

 

それに、ユズのやり方は紳士とは言えないので、抗議したくなりました。

 

 

全国ツアー編は面白かったです。

 

それぞれが持ち味を発揮して、ツアーを成功させようと頑張っていました。

 

 

その時に、仁乃と桃とユズの間で動きがあったのですが、まだ大きな展開は無理みたいなので少しがっかりしました。

 

ツアー編が終わったら変化があるような気がするので、期待しています。

 

 

感想ですが、最初のほうは悲しい場面が多かったので読みにくかったです。

 

あと、子供の時に経験した2つの別れが原因で、感情が高まると叫びたくなる設定は少しひどい気がしました。

 

 

ですが、マスクを外すと美少女という設定に関しましては、素直に受け止めました。

 

とても可愛いせいか、仁乃が出てくると見入ってしまいますね。

 

 

今後どういう物語を歩むのかはわかりませんが、できれば仁乃には幸せになってほしいです。

 

 

以上、福山リョウコさんの描いている漫画「覆面系ノイズ」の感想とあらすじを掲載しました。

 

実写映画やアニメの内容が、原作通りになっているとは限りません。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ