クローバーフィールドレーンのネタバレ・あらすじと結末

クローバーフィールドレーンのネタバレ・あらすじと結末

クローバーフィールドレーンのネタバレ・あらすじと結末

「10 クローバーフィールドレーン」は、2016年に公開されていたSFサスペンス映画です。

 

 

製作にJ・J・エイブラムスが関わっているという点やタイトルから、2008年に上映されていた映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」の続編を予想させます。

 

日本の怪獣映画のような状況を、逃げ惑う市民の視点で撮ったような映像が斬新でした。

 

 

しかし実は、これら2つの作品に物語としての繋がりは一切ありません。

 

今作では、どういったストーリーが展開されていたのでしょうか?

 

 

この記事にはあらすじが書かれていますので、ネタバレに気をつけて読んでください。

スポンサーリンク

映画「10 クローバーフィールドレーン」のあらすじをご紹介!ネタバレ注意

 

「10 クローバーフィールドレーン」のストーリーは、主人公のミシェル視点で描かれています。

 

 

恋人と別れたばかりのミシェルは、人気のない道を車で走行していました。

 

すると自分の携帯電話が鳴り、それに気を取られたミシェルは事故を起こし気を失ってしまいます。

 

 

ミシェルが目を覚ました時、謎の部屋に鎖で繋がれ監禁されていました。

 

すると彼女の部屋の重たい扉が開き、髭を生やし銃を手にした謎の大男が現れます。

 

 

彼はハワードといい、ミシェルを事故から救い出した張本人でした。

 

ミシェルはハワードにここから出してほしいと懇願しますが、ハワードはそれを頑なに拒否しました。

 

 

なぜなら今、地上は何者かに化学兵器で攻撃され、毒ガスで汚染されている。

 

ここはハワードが作った核シェルターなので、ここにいれば安全だと言ったのでした。

 

 

ミシェルはハワードの忠告を無視し、脱出を試みます。

 

ですがそれもハワードに鎮静剤を打たれ、無駄に終わります。

 

 

その後このシェルターにはもう一人青年がいて、彼も毒ガスから逃れてきた一人でした。

 

名をエメットといいました。

 

 

それから、ハワードとエメットとの共同生活が始まったのです。

 

しかしまだこの事実を受け入れないミシェルに対し、ハワードは地上に繋がる二重のドアの小窓から外の様子を見せます。

 

 

そこに人気はなく、動物のし骸が無残に転がっていました。

 

しかしそれと同時に自分が事故を起こした時に追突してきた車が停めてあり、一層ミシェルの疑念は深まるばかりでした。

 

 

意外にもその後はハワードの誤解も晴れ、3人は仲良く暮らしていました。

 

 

そしてある日シェルターのろ過装置が故障し、ハワードはミシェルに修理を依頼します。

 

彼女はハワードが通れない狭い通風孔を抜け、ろ過装置の部屋にたどり着くとそこには天窓がありました。

 

 

そこには「HELP」の文字と、ハワードの娘・メガンの物と思われる血の付いたイヤリングが落ちていました。

 

 

そこでミシェルはエメットに相談し、ハワードを恐れひそかにここを脱出する作戦を練るのです。

 

しかしそれをハワードに悟られ、エメットは目の前でさつ害されてしまいます。

 

 

それからエメットのしに嘆き、大人しいふりをしていたミシェルはガスマスクと防護服をこっそり作り、ハワードを撃退しシェルターから脱出することに成功しました。

 

 

すると、事態はとんでもない方向に。

 

なんと空には謎の飛行船がやってきて、毒ガスを散布し始めたのです。

 

 

急いで納屋に逃げ込むと、そこにはワーム状の生命体がいて彼女を襲います。

 

彼女は近くのトラックに逃げ込みますが、飛行船にトラックごと捕まってしまします。

 

 

ですが彼女は持っていた火炎瓶を投げ撃退し、ラジオの情報で救助隊がいる方へトラックを走らせたのでした。

 

 

以上、映画「10 クローバーフィールドレーン」のあらすじをネタバレしました。

 

クローバーフィールドのネタバレ・あらすじと感想!怪獣の正体は(HAKAISHA)

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

映画「10 クローバーフィールドレーン」を観たと言っている人の感想

 

「10 クローバーフィールドレーン」で印象に残った場面はいくつかありました。

 

主人公が運転する車が急に横転した所は危ないと言いたくなりました。

 

実際に女優が演じていたのなら、かなり危険な部分なので怪我をしていないか心配になります。

 

次の場面では、主人公は右足を負傷していて、包帯や点滴などの治療も受けていたので少し安心しました。

 

ただ、車の横転する場面を見ると、怪我をしている箇所が少し違うとツッコミを入れたくなりました。

 

人類は攻撃を受け生き残ったのは私達だけだ、という言葉は一番印象に残りました。急にそんなことを言われても対応に困りますね。

 

なので、主人公が困惑したのも無理はないです。

 

顔がただれた女性がドアの外に登場した場面は緊張しました。

 

中に入れてと泣き叫ぶ女性でしたが、汚染攻撃のためかすぐになくなってしまいました。

 

シェルターの外で生活できないことを裏づける内容だったので、人類が絶滅したのは真実だなと思ってしまいました。

 

防護服を作り始めた所は応援したくなりました。

 

部屋に閉じこもって生活していると健康にもよくないため、主人公達のやっていることは理解できました。

 

最後のほうの主人公が火炎瓶を製作した所はすごかったです。

 

身の危険が迫っているためとはいえ、緊急時にこれほど素早い動作ができるのは素晴らしいことです。

 

ただ、その後の宇宙船が火炎瓶で破壊されたシーンは、おかしかったせいか大笑いしてしまいました。

 

大きな宇宙船が火炎瓶で簡単に壊れるとか、普通はあり得ないですね。

 

感想ですが、幽霊が沢山登場しそうなホラー映画より遥かに怖い作品だと思いました。

 

一見すると普通に3人で生活をしているように見えますが、手錠などをつけられているので、監禁生活していることになります。

 

そのため、主人公達は脱出を目指すことになるのですが、相手が銃を持っていたりと恐怖を感じる場面が多かったです。

 

あと、最後のほうの展開は笑いたくなる場面がいくつか見られました。

 

ですが、序盤から中盤にかけての恐ろしさは背筋が冷えるほどなので、機会があればまた初めから見たいです。

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ