太陽を盗んだ男のネタバレ・あらすじと感想!

太陽を盗んだ男のネタバレ・あらすじと感想!

太陽を盗んだ男のネタバレ・あらすじと感想!

「太陽を盗んだ男」は、1979年に上映されていたアクション映画です。

 

歌手として成功を収めていた沢田研二さんが主人公・城戸誠を演じ、山下満州男警部の役を菅原文太さんが担当。

 

 

「原子力発電所から液体プルトニウムを盗み出して、自力で原子爆弾を製作。それを使い日本政府を脅迫」というぶっ飛んだ設定の作品でした。

 

カルト的な人気があり、業界人の中にもファンを名乗る者も多いことで知られています。

 

 

この作品は、どんなストーリー展開がされていたのでしょう?

 

映画のあらすじや感想が当記事に載せられていますので、ネタバレには十分気をつけてお読みください。

スポンサーリンク

映画「太陽を盗んだ男」を観た人のあらすじを紹介!ネタバレにはご注意

 

「太陽を盗んだ男」は、理科の教師が自ら原子爆弾を作り日本国政府を脅す愉快犯となる、奇抜なストーリーです。

 

 

夜明け前、高台の丘からフーセンガムを膨らませ、双眼鏡越しに原子力発電所を観察する男。

 

沢田研二が演ずる中学の理科教師である城戸誠は、その原子力発電所からプルトニウムを盗み出すプランを考えます。

 

 

目的は、自身の手で原子爆弾を作ること。

 

 

生徒からフーセンガムとあだ名を付けられ、遅刻したりとだらけた姿をみせています。

 

ですが、教室で核分裂を説明する姿は、若干狂信的なものでした。

 

 

そして帰宅すると、アパートの壁には原発の詳細地図が。

 

老人に変装し、近所の派出所の巡査を睡眠薬で眠らせ、拳銃を奪い取ります。

 

薬品や専門工具など、サラ金に借金しながら準備を整えていきます。

 

 

そして準備が整ったある夜、茨城県東海村に単身潜り込み、プルトニウムを盗み出すことに成功します。

 

盗んだプルトニウムを炉に入れ、少しずつ形を整えてゆくプルトニウム。

 

ついに、原子爆弾を完成させるのです。

 

 

城戸はまずプルトニウムの破片を国会議事堂のトイレに置き去り、日本政府を相手に脅迫をスタートさせることに。

 

 

彼が交渉相手に指名したのは、丸の内警察署の山下警部。

 

 

山下は、城戸が生徒と旅行に行った帰りにバスジャック事件に巻き込まれた際、身を張って救出を担当した警部でした。

 

アナーキーな魅力のある山下にシンパシーを感じ、城戸は交渉に彼を指名します。

 

 

第1の要求として、「プロ野球のナイターを、試合が終わるまでTV中継させろ」と要求。

 

その夜の試合は急遽、終了まで中継されることとなります。

 

 

大喜びする城戸は、山下に「オレは9番だ」と名乗ります。

 

当時、世界の核保有国が8カ国。

 

その次、9番目という意味です。

 

 

第2の要求がなかなか思いつかない城戸は、よく聴いているラジオDJ・沢井零子の番組で公開リクエストを要望。

 

その中で城戸が決めたのは「ローリング・ストーンズ日本公演」。

 

これにも従わざるを得ない山下警部は、ひとまず要求を受け入れます。

 

 

しかしその後、原爆製造設備のために借金したサラ金業者から返済を強く迫られ、しかたなく第3の要求として「現金5億円」を山下警部に告げます。

 

それに奮い立つ山下は、現金の受け渡しで現れる犯人を何としてでも捕まえようと、あらゆる手段を使って城戸を追い詰めていきます。

 

 

ラジオDJ零子も巻き込み、カーチェイスの末になんとか原爆を回収した山下。

 

ですが、ひょんな事から城戸に奪い取られることとなります。

 

 

そしてローリング・ストーンズ日本公演の日、観衆の中に犯人がいると睨んだ山下警部。

 

し闘の末、城戸は原爆を守り切り、セットされた30分が過ぎようとします・・・。

 

 

映画「太陽を盗んだ男」を観た人の感想

 

この映画を見たのは、確か高校の頃だったと思います。

 

平成1年生まれ・現在27歳の自分には少し時代はずれで、主演である沢田研二のブームはずいぶん前に過ぎていました。

 

周りにはおそらく沢田研二の名前すら知らない人も多かったと思います。

 

 

何故この映画に出会ったかというと、当時とても好きなミュージシャンがいて、彼のコラムやらブログやらいろいろ読んでいて、

 

ある日彼が、「太陽を盗んだ男」の映画に関してちらっとコメントしていたのがきっかけです。

 

 

まず、そのタイトルに魅かれたこと。

 

またその時、DVDのジャケットで初めて見た若き沢田研二のかっこよさに、一気に引き込まれました。

 

そして、すぐに借りて家でみたのを覚えています。

 

 

今思い出すと、宣伝でも取り上げられているような過激なアクションシーンは余り覚えていません。

 

 

すごく鮮明に覚えているのは、プルトニウムの入ったミサイルみたいな容器を盗むシーン。

 

河口辺りを泳いで盗みにいくのを、すごく覚えています。

 

 

個人に翻弄される菅原文太が率いる警察と、スリリングな盗みを実行するそのハラハラ感が印象的でした。

 

 

もうひとつ、理科室みたいな暗い部屋で原爆を作るシーンです。

 

 

まるで、おもちゃを作るようにしてとんでもない兵器をコミカルに作っている姿がかなり異様でした。

 

でもなぜか、とにかくすごくかっこ良かったです。

 

ジュリーだからでしょうか。

 

 

ただ言えるのは、学生だった自分のすぐ近くにいた存在であり、当時社会の制度そのものを写す鏡のような存在。

 

どうにも好きになれない「教師」がそんな恐ろしい兵器を作っていたことが、当時の自分にはとても衝撃的だったのだと思います。

 

 

どうにも変えようのない世界を、一個人でどうにかしてしまおうとする。

 

そしてそれが出来そうなくらい技術や知識や情報が溢れてしまっている現在の危機感を、ここまで見やすい映画に作る長谷川監督はすごい人です。

 

 

そのようなことを感じていた十代の自分には、刺激的でぴったりな映画でした。

 

 

以上、映画「太陽を盗んだ男」のあらすじと感想を紹介しました。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ