ボーダーライン/映画のネタバレ・あらすじと感想!

ボーダーライン/映画のネタバレ・あらすじと感想!

ボーダーライン/映画のネタバレ・あらすじと感想!

アメリカでは2015年に、日本では2016年に上映されたのが、犯罪を描いた映画「ボーダーライン」です。

 

 

主人公・ケイトメイサーを演じていたのは、エミリー・ブラントでした。

 

他には、アレハンドロをベニチオ・デル・トロが、マットグレイヴァーの役をジョシュ・ブローリンが担当しています。

 

 

当記事の下の部分には、映画のあらすじと感想が載せられております。

 

ネタバレには十分注意してお読みください。

スポンサーリンク

映画「ボーダーライン」のあらすじをご紹介。ネタバレに注意!

 

主人公のケイト・メイサーは、FBIの誘拐即応班に所属する女性捜査官です。

 

 

そんな彼女が率いるSWATチームがアリゾナ州チャンドラーにある民家に急襲作戦を行なったことから、物語は始まります。

 

 

その作戦は人質奪還作戦であり、中にいた数名のチンピラを制圧することに成功します。

 

しかし直後、ケイトは民家の壁に隠された多くのし体を発見してしまいます。

 

 

状態からしてメキシコの薬物売買組織、ソノラ・カルテルの特徴的な手口であると推察したまでは良かったのですが…

 

離れ小屋にあった爆弾が爆発したせいで、警察官2名が殉職してしまう結果となってしまいました。

 

 

作戦終了後、ケイトは上司から国防総省の顧問と自称する男・マットを紹介されたことをきっかけに、メキシコの犯罪組織壊滅を目的とする特殊チームにスカウトされます。

 

 

翌朝、ケイトはマットに指定されたルーク空軍基地へ向かって飛行機に乗り込みますが、そこで同じく特殊チームに参加する男・アレハンドロと出会います。

 

 

ケイト達を乗せた飛行機はテキサス州エル・パソにあるフォートブリス陸軍基地に到着し、一行は他の特殊チームのメンバーと顔を合わせます。

 

ですがケイトは、最初の説明とは異なる行動を始めたマットに不信感を抱くようになります。

 

 

その不信感は、ソノラ・カルテルのトップであるディアスの兄・ギレルモを引き取るためにフアレス市の裁判所へ行った時に起こった騒動や…

 

作戦の全容を知らされないことから、どんどん深まっていくのでした。

 

 

反対にアレハンドロはケイトの身を案じて親切にしてくれますが、彼の正体はいまいち掴めません。

 

しかしそれは、ノガレスのトンネルで始まった銃撃戦においてマットの口から明かされました。

 

 

アレハンドロの正体は、メデジン・カルテルのころし屋だったのです。

 

そしてマットは、自分はCIAに所属する人間だと明かしました。

 

 

ケイトは真相に怒り、世間に公表すると言いますが…

 

マットから得策ではない、となだめられます。

 

 

そして銃撃戦から自宅に帰ったケイトは、侵入してきたアレハンドロと再会します。

 

そして「この作戦は全て合法的に行われた」と書かれた書類にサインをするように脅されます。

 

 

一度は拒絶するケイトでしたが、結局は折れて書類にサインするのでした。

 

 

そして、場面は移ります。

 

今回の事件に巻き込まれてしぼうした警察官であり薬物の運び屋だった男・シルヴィオの息子が、銃声が響く中でサッカーの試合をする場面が写り…

 

映画「ボーダーライン」のストーリーが終わります。

 

 

映画「ボーダーライン」を観た感想

 

私が「ボーダーライン」を観て特に印象に残っているシーンは、映画の前半です。

 

 

主人公でFBIの捜査官であるケイトが、誘拐事件の襲撃捜査で命を落とした仲間の捜査官の敵を討つため、疑問を持ちながも謎の組織に加わり…

 

冒頭の誘拐事件の主犯と思われる犯罪グループのボスを捕まえる手がかりを得るため、アメリカからメキシコへ国境を越えて車で向かう時のシーンです。

 

 

アメリカとメキシコの国境にはいくつかのギャンググループがあり、裏切った者や敵と思われる者には容赦なくしが襲い見せしめのために橋の欄干に逆さ吊りにされる。

 

そんな現実を知らず、そういった事と全く関わりのない私には、この場面は非常にショッキングでした。

 

 

日本で育ち日本で生活している私にとって、アメリカとメキシコの国境の町の貧しさや治安の悪さ。

 

そういった見せしめの光景は本当にインパクトがあり、俄かには信じがたいものでした。

 

 

フィクションと分かっていながらも、アメリカとメキシコの国境、また薬物の取引についてインターネットで調べてしまったほどです。

 

 

中南米に犯罪組織やギャングが多いことは風の噂で耳にしていたものの、ここまで影響があるのかと驚きました。

 

単純に平和な日本に生まれて良かったという感想と共に、新しい世界を知るきっかけになったと感じています。

 

 

また、メキシコの国境の町で地元警察から身柄を引き受けた麻薬組織の主犯と思われる男の弟をアメリカに連れて帰る際、この弟の仲間に囲まれた歳の銃撃戦もとても迫力がありました。

 

 

普段善人と信じて疑わない警察官がギャングと通じていたり、仲間だと思っていた者の行動に疑問を持ったり。

 

正義とは何かを改めて考えされられたりする中で…

 

 

タイトルの「ボーダーライン」はその名の通り単に国境を表すだけでなく、映画の見出しの通り善悪のボーダーや敵味方のボーダーを表しているように感じました。

 

そしてそれが時として不透明になっていく、不思議な感覚を覚える映画だったように思います。

 

 

様々な場面で幾度もハラハラさせられる、完全に映画の世界にのめり込める作品だと思います。

 

 

以上、2016年に公開された映画「ボーダーライン」のあらすじと感想を掲載いたしました。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ