オールユーニードイズキル/小説のネタバレ・結末のあらすじと感想!

オールユーニードイズキル/小説のネタバレ・結末のあらすじと感想!

オールユーニードイズキル/小説のネタバレ・結末のあらすじと感想!

ALL YOU NEED IS KILL(オールユーニードイズキル)は、2014年に公開されていたアメリカ映画です。

 

 

原作は、日本のライトノベル(小説)版なのですが…

 

それを読むと、ハリウッド映画版では登場人物にかなり改変がなされていることがわかります。

 

 

ここから下の部分には、映画の原作となった小説版のあらすじや結末・感想が書かれています。

 

この作品を読む前に情報を頭に入れたくない場合は、見ないほうがいいかも知れません。

スポンサーリンク

ALL YOU NEED IS KILL(オールユーニードイズキル)原作小説のあらすじと結末をネタバレ!

 

「ALL YOU NEED IS KILL(オールユーニードイズキル)」は、桜坂洋が2004年に出版したライトノベルです。

 

デスノートやヒカルの碁などで有名な小畑健によって漫画化され、のちにはトムクルーズ主演でハリウッドで映画化されたことで知っている人も多いでしょう。

 

 

原作となったのは、なんと日本のライトノベル(小説)。

 

 

ライトノベル自体、決して万人向けではないのですが、それに加え…

 

 

所謂「日本のライトノベル好き」が好んで読むタイプの作品でなかったことやメジャーな出版社ではなかったこともあり、マニアの間での知名度もかなり低かったのです。

 

 

そんな作品を、一体どうやって映画の関係者が発掘したのかは謎なのですが…

 

 

ライトノベル版は、映画版のストーリーとは少し異なっています。

 

舞台は未来の日本となっており、戦いに赴く人物もアメリカンな筋肉隆々ではなく普通の少年・少女といった風貌です。

 

 

地球は、「ギタイ」という宇宙人が送り込んだ工業用のロボットに襲撃を受けています。

 

ギタイは高い技術力と戦闘能力を持ち、人類は滅亡の危機に瀕しています。

 

 

主人公は、キリヤ・ケイジ。

 

まだ十代の少年で、中年の報道官が戦場に駆り出されることになるハリウッド映画版とは、ここがもっとも大きく異なっています。

 

 

キリヤは、ギタイと戦うため軍隊に入隊します。

 

そこで高い戦闘力を持つ兵士の少女、リタ・ヴラタスキと出会います。

 

 

しかしキリヤは初めて経験する戦闘で、命を落としてしまいます。

 

しんだはずのキリヤ。

 

次に目を覚ましたとき、キリヤはなぜか出撃前日に戻っていました。

 

 

最初は、夢を見ているのかと思っていたキリヤ。

 

しかしまた絶命したキリヤは、再び同じ出撃前日に戻っているのでした。

 

 

何度も命を落とし、そのたびに同じ日をループするキリヤ。

 

 

その間の記憶は残っています。

 

そのため、同じ失敗を繰り返すことはありません。

 

キリヤはしぬたびに経験を重ね、戦闘能力を高めていきます。

 

 

しかし、その間の疲労や絶望感も募っていきます。

 

永遠に戻ることで、同じ戦闘を繰り返さなければなりません。

 

 

やがてキリヤは、ループの秘密を知ります。

 

 

敵のギタイの中には、特別な個体が含まれていました。

 

その個体が持っていたのは、自分の経験を過去の自分に伝えることのできる能力でした。

 

 

キリヤと同じように経験を蓄積し、同じ失敗を繰り返さないようにする能力です。

 

 

経験を繰り返すたびに、特別なギタイは戦闘能力を高めることができます。

 

 

このギタイは「ギタイサーバー」と呼ばれます。

 

キリヤは偶然一度目の戦闘の際に、この特別なギタイを倒していたのでした。

 

 

そのときに浴びた電波が原因で、キリヤの脳は変化。

 

ギタイサーバーと同じように、自分がしぬときに経験を過去の自分に伝えられるようになっていました。

 

 

この現象から解放されるには、ギタイサーバーを倒す前にサーバーの情報をバックアップしているギタイを倒す必要があります。

 

 

やがてキリヤは、リタも同じループを経験していることを知ります。

 

リタもまた、ギタイサーバーを倒して電波を浴びたことで特殊能力を身につけていたのでした。

 

 

そのため、非常に高い戦闘力を身につけています。

 

リタは経験からループしている仕組みを推測、ループから抜け出すためにキリヤと協力します。

 

 

二人は力を合わせて、すべてのギタイサーバーとバックアップ個体を倒します。

 

これでループから抜け出せると思った矢先に、二人はまた同じ日に戻ってしまいます。

 

 

なぜバックアップした個体も倒したのに、元に戻ってしまったのでしょうか?

 

それは、電波を浴びたリタとキリヤの脳が、バックアップの役割を果たしていたから。

 

 

ギタイは危険に備えて、最後のバックアップをキリヤとリタの脳に植え付けていたのです。

 

つまり、キリヤかリタのどちらかがしななければ永遠にループが終わりません。

 

 

それを知ったリタは、突然キリヤに襲い掛かります。

 

キリヤは必至で反撃し、リタをさつ害します。

 

 

しかしリタは自分だけが助かろうとしたわけではなく、キリヤに自分を倒させようとしていたのでした。

 

リタを倒したことで、キリヤはループを抜け出します。

 

 

これまでの経験とともに人類最強の兵士となっていたキリヤは、人類のために戦いを続けることを決意するのでした。

 

ライトノベル「オールユーニードイズキル」を読んだ人の感想

 

ライトノベル「オールユーニードイズキル」は、同僚のヨナバルが倒れた場面が印象に残りました。

 

あまりにもあっけない最後なので、これが戦場だということがよくわかりました。

 

少年兵が主役の戦争という設定は、斬新なアイデアだなと思いました。

 

主人公は最初は苦戦していましたが、降りかかる困難を乗り越えていくなど、徐々に成長していく流れがとても面白かったです。

 

以上、小説版「ALL YOU NEED IS KILL(オールユーニードイズキル)」のあらすじのネタバレと感想を掲載いたしました。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ