大日本人のネタバレ・結末のあらすじと感想!

大日本人のネタバレ・結末のあらすじと感想!

大日本人のネタバレ・結末のあらすじと感想!

「大日本人」は2007年に公開された映画で、お笑い芸人・松本人志さんが初めて映画監督として参戦することで大きな話題を集めました。

 

主人公・大佐藤大の役も、松本人志さん本人が演じています。

 

 

出演者に板尾創路さん・宮川大輔さん・宮迫博之さん・原西孝幸さんといった吉本興業の芸人が名を連ねていますが…

 

竹内力さんや神木隆之介さんなども出演しています。

 

 

公開後には賛否両論を読んだこの作品ですが、ストーリーはどんな内容だったのでしょうか?

 

 

以下の部分に明記されておりますのは、映画のあらすじや感想です。

 

内容のネタバレをされるのが苦手な方は、読まないほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

松本人志の初監督映画「大日本人」のあらすじ・ネタバレにはご注意

 

「大日本人」は2007年に公開された、ダウンタウン松本人志が初監督をつとめた長編映画です。

 

 

物語は、テレビ番組のインタビューを受ける形でスタートします。

 

 

主人公が話す言葉はとても微妙で、標準語でありながら関西訛りが入っているという中途半端な言葉遣いです。

 

ストーリーにはあまり関係ありませんが、松本人志らしいこだわりが見えます。

 

 

主人公は大佐藤大(だいさとうまさる)という人物で、代々続く変わった職業に就いています。

 

その職業は、現れた獣を巨大化して退治するというものです。

 

彼は六代目にあたり、時折街に現れる獣と戦っていくというストーリーです。

 

 

妻と子がいますが別居中です。とても冷めたビジネスライクなマネージャーに人気の無さを皮肉られつつも、頑張って戦います。

 

松本人志が好む、人間らしいズルさ・セコさ・哀しさがある主人公です。

 

 

四代目の祖父も存命で、老人ホームに入っています。

 

大佐藤大が度々訪れています。

 

 

ちなみに五代目の父は、より大きくなろうと電圧を上げすぎ、しぼうしています。

 

その分四代目が戦う回数は増え、電気を浴びすぎて認知症になってしまったのではという懸念も描かれています。

 

 

四代目の時代と現在とでは大日本人を取り巻く環境は大きく変わっており、昔は良かった、と大佐藤大は言います。

 

 

かつての大日本人は獣を倒すたびに人気を増し、ヒーロー視されていました。

 

テレビでもゴールデンタイムに中継される程の人気でしたが、今は深夜に放送されているのみです。

 

 

軍備も整いその必要性すら疑問視される大日本人は、悩みながらも「締ルノ獣」「跳ルノ獣」「匂ウノ獣」などを棒状の武器を使うなどして倒していきます。

 

胸にはスポンサーの名前が入るなど、不本意な現実も受け入れていました。

 

 

そんな折現れた赤い獣「ミドン」は今までの敵とは違い、桁外れの強さ。

 

その戦いぶりに触れ、恐れをなした大佐藤大は、逃亡してしまいます。

 

 

日本の者では無い事くらいしかわからない謎の強敵から逃げ出す姿が放送され、テレビでは高視聴率を叩き出します。

 

再戦を促すテレビ局に難色を示し、なんとか戦わない方向へともっていこうとしますが、次第に追い込まれていきます。

 

 

四代目が勝手に巨大化し、街を破壊したり、獣のオスメスが現れて交尾をした責任も負わされたり。

 

可愛らしい赤ちゃんの「童ノ獣」を落としてしなせてしまい、非難を浴びたりとどんどん立場が悪くなる中、ミドンとの再戦をお膳立てされてしまいます。

 

 

六代目を助けようと四代目が加勢しますが、あえなくやられて絶命してしまいます。

 

そこへ現れたのが、どこかで見たことのあるような格好の一家です。

 

 

大アメリカ人ことスーパージャスティスとそのファミリーは、ミドンを一蹴。

 

この戦いからなぜか映画はこれまでのCGを駆使したスタイルから打って変わり、安い見た目の実写に切り替わります。

 

 

「ここからは実写でご覧ください」との、丁寧なスーパーまで入ります。

 

スーパージャスティスに故郷に招待され、飛べない大佐藤は抱えられてついて行きます。

 

 

「おしまい」の表示の後にエンドロールが流れる中、クセの強いスーパージャスティスファミリーと大佐藤の会話が流れていきます。

 

大佐藤のキャラクターは少し薄れ、一般的な日本人とキャラの濃いアメリカ人家族との不毛な会話といった内容です。

 

 

全体的に松本人志が好きな、面白さの中の哀しさ、さみしさなどが随所に描かれた作品です。

 

巨大化した後どのように元のサイズに戻るのか、体が不調になる様など従来スポットライトが当たりにくいところをあえて描いています。

 

 

伝統として守ろうとしている儀式が形骸化していたり、家に石を投げられたりと主人公らしからぬ扱いも悲哀を感じさせます。

 

爆笑するというよりも、心の中でフフフとほくそ笑むタイプの笑いがたくさんある映画です。

 

映画「大日本人」を観た人の感想

 

私は映画「大日本人」を公開初日に映画館で鑑賞してきましたが、大変満足でき面白かったです。

 

 

個人的な感想ですが、最後の方のアメリカのヒーローが出てきたときの日本人の反応がシュールでツボでした。

 

同じギャグでも、日本人が感じる雰囲気や空気感と外国人の方が感じるものとでは、やっぱり受け取り方が違うんだなと思わされる場面で興味深かったです。

 

 

しかし彼のお笑いはシンプルに笑えるものが多く、近年は海外にもファンが多数いると話題になっているので、外国人の方々にもウケがいいのではないでしょうか。

 

 

以上、映画「大日本人」のあらすじと感想を掲載いたしました。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ