28日後・アナザーエンディングの内容をネタバレ!

28日後・アナザーエンディングの内容をネタバレ!

28日後・アナザーエンディングの内容をネタバレ!

映画「28日後」は、イギリスで製作されたホラー映画です。

 

 

猛スピードで走って襲って来るゾンビが登場し、ゾンビと言えば動きが遅いものだという昔からのイメージを打ち破ったホラー・アクション作品として有名です。

 

 

この作品には、劇場公開時に流れていたエンディングとは別に、採用されなかったアナザーエンディングが存在するというのですが…

 

本当にあるのでしょうか?

 

 

もしあるとすれば、それはどんな内容なのでしょうか?

スポンサーリンク

映画「28日後」で採用されなかったアナザーエンディングとは?どんな内容なのか?

 

映画「28日後」この作品について話題に上ることが多いのは、エンディングが二種類あるということについてです。

 

 

映画においては監督の意見とプロデューサーの意見が異なったり、試写会での評判が悪かったなどの理由から、複数のエンディングがある作品は決して珍しくはありません。

 

 

結末として採用されなかった方のアナザーエンディングが、DVDの特典として見られることもしばしばあるのです。

 

 

ただこの作品に関しては、劇場公開の時に、タイトルロールの後に採用されなかった方が流されたという点で異例だったのです。

 

 

その二つのエンディングについての前に、そこに至るまでの大まかなあらすじを見てみましょう。

 

 

動物愛護の活動家が襲撃した研究所には、危険なウイルスに侵されたチンパンジーが隔離されていました。

 

それが活動家によって解放されたことから、世界中にそのウイルスが蔓延していまいます。

 

 

そのウイルスに罹った人間は、凶暴なゾンビのような存在と化してしまうのです。

 

その感染の始まりから28日後に、主人公のジムは病院のベッドで長い昏睡状態から目を覚まします。

 

 

彼が眠っている間に世界は大混乱に陥っており、彼のいたロンドンも無人のような状態でした。

 

彼はそこで出会った人たちと共に、ゾンビの襲撃とウィルスの感染から逃れて、ラジオで人々にここへ来るようにと呼びかけている軍の拠点を目指します。

 

 

しかし、そこにも平穏は待っていませんでした。

 

無法状態でモラルを放棄した兵士たちに、共に行動していた女性たちが暴行されそうになるのです。

 

 

そこからジムらはゾンビだけではなく、兵士たちとも戦うことになり、辛くも勝利を収めます。

 

 

そして、問題のエンディングなのですが…

 

 

正式な公開バージョンでは、ジムは兵士たちを率いていた少佐に腹部を銃で撃たれて重傷を負ってしまいます。

 

ですが仲間の女性たちがなんとか彼を救おうと努力し、彼は一命をとりとめることが出来ます。

 

 

そうして彼らが助けを待っていたしていたところに救助のヘリが来て、ジムたちは危機を脱することができる…といった内容のハッピーエンドで、幕を閉じます。

 

 

未公開バージョンと言えるエンディングはそれとは異なって、アンハッピーエンドで終わるものとなっています。

 

 

銃で撃たれたジムは、仲間の女性たちの努力の甲斐もなくしぼうしてしまいます。

 

彼女たちは、悲壮な表情で銃を手にその場を後にする…というものです。

 

 

では、なぜ二種類発表されたのかと言うと…

 

 

監督は後者の方を正式採用したかったものの、それが叶わなかったのです。

 

そのために、作品が終わった後に付け加える形で発表したものとされています。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ