いきなりステーキのメニュー・おすすめはこちら!

いきなりステーキのメニュー・おすすめはこちら!

いきなりステーキのメニュー・おすすめはこちら!

関東を中心に全国に店舗を拡大している、「いきなりステーキ」。

 

立ち食いや肉量り売りという、今までのステーキ屋の概念を覆す新たなスタイルを行う事によって、爆発的な人気を誇る様になった店です。

 

 

その拡大速度は、1店舗目の開店からたった2年で全国に74店舗が出来たという凄まじい物となっています。

 

 

またその調理方法もオープンな物となっているのです。

 

その事から、注文したメニューを焼き上げている所を実際に見ながら完成を待つ事が出来るというのも、魅力的な特徴であると言えるでしょう。

 

 

実際にいきなりステーキに来店したという人におすすめのメニューを教えてもらうことができましたので、この記事でご紹介します。

スポンサーリンク

「いきなりステーキ」のおすすめメニューを紹介!

 

「いきなりステーキ」でおすすめするメニュー・1人目の意見

 

「いきなりステーキ」はグラム単位で切り出した肉の調理と、幅広い部位や焼き方の選択が可能な事で話題のステーキショップです。

 

ですが比較的珍しい且つ新業態のステーキショップである事から、メニュー選びは少々悩みどころとなります。

 

 

そこでおすすめのメニューを知りたいところですが、まず肉の部位についてはサーロインがおすすめとなります。

 

 

肉質の柔らかさとキメの細かさを併せ持つ部位であり、ステーキやローストといった調理法では最も基本的な部位です。

 

その事から、ステーキの質感・美味しさを楽しみ易い事が理由となります。

 

 

いきなりステーキでは店舗毎に使用する肉の種類が異なるものの、必ずラインナップされている部位である事も理由となります。

 

 

次に焼き方ですが、こちらは店舗の方でもレアをおすすめしており、基本的には従う事が望ましいです。

 

 

焼けた表面と生に近い部分が中心に残る事で、肉汁の美味しさと焼けた部分の香ばしさ・食感が両立し、変化が楽しめる事がその理由となります。

 

 

そして量の選択ですが個々人の腹具合との兼ね合いもあるものの、300グラム程度がおすすめとなります。

 

その理由ですが、まず200グラム程度ではより食べ易くはなるものの、ある程度の大きさを確保する為にはどうしても厚みが薄めとなります。

 

 

その為、いきなりステーキの提供形態ならではの豪快さを今一つ味わうのが難しくなってしまいます。

 

また400グラムとなるとやはり量が多めで、食べきれない・飽きが来るといった状況が生じます。

 

 

豪快な厚みは楽しめますが、レアで焼いて貰う場合には厚過ぎて生に近い部分が多くなり過ぎてバランスが悪いという理由もあります。

 

 

中庸がとれて美味しいステーキになるのが、300グラムという訳です。

 

 

以上の事から、特に初めていきなりステーキで食事をするような場合には「サーロイン・レア焼き・300グラム」という組み合わせがお薦めとなります。

 

ここに単品のサラダやサラダセットを付けると、食事的なバランスも良くなって大いに満足出来ると言えます。

 

「いきなりステーキ」でおすすめするメニュー・2人目の意見

 

近所に「いきなりステーキ」が開店されたということで是非食べに行きたいと思う方も多いでしょうが、いざ行くとなると何を注文すれば良いか迷ってしまうという方もいらっしゃるかと思われます。

 

 

ここのおすすめメニューは、「リブロースステーキ・300g」になります。

 

 

これには「トップリブステーキ」という高級版と通常版の「ミドルリブステーキ」の2種類が提供されている物となっているのですが、今回紹介するのは後者のミドルリブステーキです。

 

 

実はこのメニューは、いきなりステーキで提供されているステーキメニューの中で、1グラム辺りの単価が最もリーズナブルな値段のステーキとなっているのです。

 

 

その為、このミドルリブステーキはいきなりステーキに初めて来店する事になるお客さんにとって最もおすすめしたいメニューとなります。

 

その最大の特徴は、非常に柔らかい食感にあります。

 

 

そもそもリブロースステーキというのは、基本的に「価格がリーズナブルな代わりに、非常に硬くて食べ難い」という前提があるのです。

 

 

そう考えると、いきなりステーキが提供する柔らかい食感のミドルリブステーキは、従来の「食べ難い」というデメリットを克服した正に完璧なメニューに仕上がっていると言えるでしょう。

 

 

その理由から、お腹も食感も非常に高い満足感を得られることと思われます。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ