トリュフ塩とは?使い方・使い道は

トリュフ塩とは?使い方・使い道は

トリュフ塩とは?使い方・使い道は

いつの間にかスーパーでも当たり前のように見かける機会が増えた、トリュフ塩。

 

トリュフ自体は高級食材なためなかなか手が出ませんが、トリュフ塩なら気軽にお試しできそうですよね。

 

 

「料理に使える」とはよく聞くものの…

 

具体的にどんな料理に合うのかどうかわからなければ、新しいものゆえ使い道がいまいちわからず…

 

なかなか手が出しづらいですよね。

 

 

そもそも、トリュフ塩ってなんなのでしょうか?

 

この記事では、トリュフ塩の使い方をご説明します。

スポンサーリンク

「塩」の役割をあらためておさらい!

 

トリュフ塩を含めた、塩の役割ってなんなのでしょうか?

 

 

どの料理にも共通することですが、最もわかりやすい例として…

 

日本料理の味付けの要素には「さしすせそ」がありますよね。

 

 

特に、2番目の「し」を意味する塩の役割はとても大きいものです。

 

 

料理にとって塩の役割は…

 

コショウなどの調味料と同じく、料理の根底に潜むことで料理に深みを与える役目を果たします。

 

 

それと共に、塩には「浸透する力」がありますので…

 

肉や野菜・そして魚にまぶすことで臭みを抜いたり、燻製のように長期保存する際にも使われるほど。

 

 

塩の役割は、料理において重要な役割を担っています。

 

 

その塩は、海から取れる塩だけでなく岩塩など様々な種類があります。

 

さらに、料理に使うという観点では「塩の水分や臭いを吸収する力を利用して、別の香りの強い食材と合わせた塩」というものが存在します。

 

 

その塩の代表と言えるのが、トリュフ塩です。

 

トリュフ塩の使い道・使い方は?

 

それでは本題に入って…

 

トリュフ塩の使い方や使い道についてご説明しましょう。

 

 

そもそも、トリュフ塩って一体何なのでしょうか?

 

その年に取れたトリュフを細かく刻み塩と混ぜることで、塩にトリュフの香りを吸着させて作る塩のことを言います。

 

 

ヨーロッパにおいては、日本で例えるとマツタケと同じように取れる時期が短く収穫が難しい高級品です。

 

旬の短いトリュフを1年を通して楽しむために生まれたのが、トリュフ塩なのです。

 

 

そのトリュフ塩の使い道としては、塩本来の使い方である肉や野菜そして魚にまぶすことで臭みを取ると同時に…

 

トリュフの香りを食材に漬けて香りというスパイスを与えることで、料理により深みを与えるという使い道があります。

 

 

それ以外の使い道としては…

 

 

スープやオムレツといった卵料理の味付けに使う塩コショウや塩の代わりに、トリュフ塩を使ったり…

 

茹であがったパスタに振りかけてトリュフの香りをつけたり、ドレッシングの材料にして野菜にかけたりなど。

 

 

トリュフ塩は、このようにいろいろな用途に活用されています。

 

まとめ

 

・トリュフ塩は、高級食材であるトリュフを1年中楽しむための保存食として作られた。

 

・肉・野菜・魚の臭みを取るといった従来の塩と同じような使い方に加えて、トリュフの香りをスパイスとして食材につける役目も持っている。

 

・他には、卵料理やパスタに味をつけたりする使い道がある。

 

・ドレッシングの材料のひとつとして混ぜ、サラダなど野菜にかけて味付けする使い道もある。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

トリュフとはどんな味?

 

トリュフ塩とは?使い方・使い道は

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ