仮面ライダーオーズのストーリーネタバレ・あらすじと感想!

仮面ライダーオーズのストーリーネタバレ・あらすじと感想!

仮面ライダーオーズのストーリーネタバレ・あらすじと感想!

 

「仮面ライダーオーズ」は、2010年から2011年まで放送されていた平成ライダーシリーズの12作目です。

 

 

オーズに変身する火野映司の役を、渡部秀さんが担当し…

 

全編にわたって彼のパートナーとなるアンクは、三浦涼介さんが演じていました。

 

 

変身ベルト「オーズドライバー」を基本として、「オーメダル」を組み合わせることによって様々な姿に変わることができました。(コンボチェンジ)

 

 

そんな「仮面ライダーオーズ」でしたが、一体どういったストーリーだったのでしょうか?

 

この番組を観ていたファンの人に、あらすじと感想を聞いてみることにしました。

 

 

ネタバレには十分気をつけてお読みください。

スポンサーリンク

「仮面ライダーオーズ」のあらすじをご紹介。ネタバレに気をつけて

 

2010年から2011年まで放送していた番組が、平成ライダーシリーズ12作目「仮面ライダーオーズ」でした。

 

1年間継続していた作品ですが、どういった内容の話なのでしょうか?

 

 

ここから下には、あらすじや感想が記載されています。

 

ネタバレされるのが嫌な場合は、この先を見ない方が無難でしょう。

 

 

仮面ライダーオーズについてあらすじをお伝えします。

 

 

仮面ライダーオーズは平成ライダーシリーズの一つです。

 

日々、その日暮らしの青年「火野映司(ひのえいじ)」が主人公の物語です。

 

 

彼は、日々を生きるためのわずかな路銀を稼ぎながら生活を送る21歳の青年です。

 

しかし、祖父の「男は何時しぬか分からない。パンツだけは一張羅を履いておけ」との言からパンツは何があってもし守しています。

 

 

冒頭は「鴻上ファウンデーション」の運営する美術館から「オーメダル」と呼ばれる展示品が盗まれる所からスタートします。

 

 

ここで、主人公、映司は警備員のアルバイトとして働いていました。

 

敵の襲撃に遭い崩壊する建物の中ですら彼は眠っていました。

 

 

その彼が、アルバイト代として一枚の「赤いメダル」をその場から持ち去った事から物語が動き出します。

 

 

オーメダルを盗んだのは800年前に封印されし怪人の「クリード」と呼ばれる物達です。

 

彼らは、己の欲望を叶える為に「コアメダル」を探し出します。

 

その中で映司青年は、戦いに巻き込まれていきます。

 

 

最初に、映司が持ち去った「赤のメダル」の持ち主と主張する宙に浮いた腕「アンク」と出会います。

 

アンクは自分の望みをかなえる為に窮地に陥った映司を利用しようと画策します。

 

 

クリードの分身ヤミーと戦わざるを得ない状況の映司に変身ベルトと変身用にメダルを2枚渡され、先に映司の所持していた物と合わせて合計3枚のメダルでカメンライダーオーズに変身します。

 

 

ここから、戦いの幕が切って落とされます。

 

 

アンクは最初自分自身さえ良ければ他は目的達成の為ならどうでも良いと言ったスタンスでしたが、映司と触れ合うに連れ心境に変化が生じます。

 

映司自身は欲望と言うものがあまりなくそれが、物語進行の上で重要になってきます。

 

欲が無いからこそ普通の目で物事を捉えられる、しかし、「駄目なものは駄目」と言える強い心も持っています。

 

 

そのオーズですが、最終局面で、世界の終末を望み、人類滅ぼうを願っていた真木清人(まききよと)と戦いますが、この際、今まで共に戦ってきたアンクが自らの命をとして自身の「コアメダル」を映司に託した思いを「お前がやれって事なら、本当にやりたい事なんだよな」と、正確に意図を見抜き最後のオーズへの変身を行います。

 

 

これにより、アンクは消滅するかと思われましたが、映司と一心同体になり、共に真木を打ち倒します。

 

 

真木を無事倒した映司はその後、再びパンツと日々の小銭を持ち旅に出かけます。

 

最後、その後を消滅したアンクの右腕が彼を追いかけるように後を付けて行き、エンドロールを迎えます。

 

 

「仮面ライダーオーズ」を観た人の感想

 

仮面ライダーオーズの感想としては、主人公火野 映司と相棒のアンクの掛け合いがとても印象に残っています。

 

 

アンクはもともと敵勢力である人の欲望を収集する怪人グリードのひとりでしたが、不完全な復活をしてしまったため人間に取り付き映司と共に活動することになります。

 

 

アンクは怪人ですので、最初は打算的な気持ちで映司に協力していて、時に嘘を付いたり自分勝手な行動をとったりしますが、映司と共に戦ったり、日常生活を送ったり、取り付いている人間の妹など周りの人間と関わっていくことによって少しずつ気持ちに変化が起きてきます。

 

 

また、アンクが初めて人間の体を手に入れることによって、今まで感じることのなかった「五感」も手に入れ、様々な初めての経験もしていきます。

 

そのような物や感情に触れ、アンクは戸惑いつつも自分が変わり始めていることに気が付き、また、映司との友情も少しずつ深まっていく姿はとても印象に残りました。

 

 

やがてアンクはグリードとしての生き方を貫くのか、新しく知った感情を選ぶのかで悩むことになりますが、それまでの自分の生き方に物足りなさを感じている自分の気持ちに気が付いて映司達の元に戻ってきてまた共に戦うシーンと、最終決戦後の別れのシーンで「しぬ」という概念を手に入れたとアンクが言っているシーンはとても感動しました。

 

 

仮面ライダーオーズでは、そういった人間模様やアンクの感情の変化、成長を通して様々なことを考えさせられるストーリーだったと思います。

 

 

また、本作では善悪の感情に対する扱いもとても印象的で、子供番組ながらに大人も考えさせられるシーンが多くあり、楽しめる作品だったと思います。

 

例えば、今作では敵は人間の欲望を集めて力を手に入れていましたが、人間の欲望が必ずしも悪いというわけではなく、主人公が戦う原動力にもなっていたり、時には人を動かす活力になっているというように描かれていて、人間の感情は、決して白黒はっきりと分けられるものではなく、深みのあるものなのだと感じることができました。

 

 

以上、「仮面ライダーオーズ」のあらすじと感想を掲載しました。

 

仮面ライダー歴代の動画を無料視聴する方法!

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

仮面ライダーエグゼイド動画/見逃し配信(再放送)を無料視聴する方法は?

 

仮面ライダーエグゼイドの最終回はいつまで放送?全何話か

 

DXゲーマドライバーの予約・価格最安値売り切れ必至(仮面ライダーエグゼイドベルト)

 

仮面ライダーアマゾンズのネタバレ・あらすじと感想

 

仮面ライダーゴーストの変身音・セリフ。何て言ってる?

 

仮面ライダーゴーストベルト(ゴーストドライバー)が売り切れ!価格最安値の販売店舗は

 

仮面ライダーゴーストのナリタは後藤真希(ゴマキ)の甥っ子・勧修寺玲旺!本名は?

 

仮面ライダーゴースト、見逃し配信(再放送)を無料で観る方法は?

 

「バッチリミナー」の意味は?ベルト音声で「アーイ!」言ってるm.c.A・Tって誰?(仮面ライダーゴースト)

 

仮面ライダースペクターの意味・由来は?変身ベルトはコレ!

 

仮面ライダーゴーストのネタバレ・あらすじを紹介!

 

仮面ライダーガイム/鎧武のネタバレ・あらすじと感想!

 

仮面ライダーフォーゼのネタバレ・あらすじと感想!

 

仮面ライダーオーズのネタバレ・あらすじと感想!

 

仮面ライダーアマゾンズのネタバレ・あらすじと感想(シーズン1)

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ