仮面ライダークウガの最終回・あらすじの内容をネタバレ!

仮面ライダークウガの最終回・あらすじの内容をネタバレ!

仮面ライダークウガの最終回・あらすじの内容をネタバレ!

仮面ライダークウガ49話雄介のストーリーは、仮面ライダークウガが未確認生命体の頂点に君臨するン・ダグバ・ゼバを相打ちに近い形で倒した3ヵ月後の話になります。自分達の喜びのために人間に危害を加える未確認生命体を全て倒し事件は解決したのですが、この事件にかかわった警察は誰一人安堵の表情もそして喜びの表情もしていないのです。それは一般人でありながら偶然そこに居合わせたことでクウガのベルトを持って戦った主人公雄介は、ン・ダグバ・ゼバとの戦いの後に手紙だけを残し海外に渡ったからです。度重なる未確認生命体との戦いの中で警察の担当部署の人間達と雄介は警察と一般人の垣根を越えて親しくなり、その中で雄介という存在が例えどんな存在であったとしても危害を加えることを許さない心を持っているやさしい人間であることを知っていたからです。しかし未確認生命体は自身の欲求のために自身の仲間や人間達の命を脅かす存在であるため、優しい心を持っている雄介は最初は戸惑いながらも周りの笑顔のために仮面ライダークウガとして戦うことを決意したのです。しかし周りの笑顔のために仮面ライダークウガとして未確認生命体と戦い倒すということは、その未確認生命体の笑顔を壊すことでありそして未確認生命体と戦えば戦うほど自分の流儀であるどんな存在であったとしても危害を加えることを許さない心に反することになります。さらに笑顔を絶やさない人間が自身の笑顔を削る行為になっていること、そして仮面ライダークウガになることで未確認生命体と同じく力を行使し破壊を好む人間に変化してしまったのではないかという疑念もあったからです。しかし同じ仮面ライダーとして戦った一条は、、その気持ちを知りながらも雄介は立ち直ってくれると信じ、そして他人のことなんて考えない方が楽かもしれないがそんな奴らがいたから五代はああなった、五代は今笑顔でいると思うかという言葉を青空に顔を向けてこれまで見せたことのないような笑顔で語ります。その後遺跡の解読によってクウガが凄まじき戦士になったら悪用されないため砂になるはずとゴウラムに言われていたのですが、憎しみでしかなれないはずの凄まじき戦士に優しさを持ったままなれたのは伝説を塗り替えたという証として語られます。警察関係者は笑顔を戻して戻ってくると信じ、そして雄介も海外のけんかしている子供達の前で笑顔にする遊びで止めて曇っていはいるがトレードマークの笑顔を見せて話が終わります。

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ