スマホの課金方法!iPhone・Android別に説明

スマホの課金方法!iPhone・Android別に説明

スマホの課金方法!iPhone・Android別に説明

iPhoneやAndroidのスマホにはお店(ストア)があり、実に多くの楽しいアプリやゲームが配信されています。

 

アプリには購入することで手に入るものや、基本無料のものもあります。

 

 

基本無料のアプリでも広告が貼られていないものは、課金要素があるのが普通です。

 

 

料金を支払う場合、どのような支払い方法があるのでしょうか?

 

この記事ではいくつかの課金方法をご紹介しておりますので、自分にとってやりやすいやり方を見つけてみてください。

スポンサーリンク

スマホの課金方法を紹介!iPhone・Android別にご説明

 

AndroidやiPhone、タブレットなどで使えるスマートフォン向けアプリ・ゲームに課金する場合の、一般的な支払い方法を紹介します。

 

クレジット払い

 

クレジットカード情報を登録して、スマホアプリの支払いを行う方法です。

 

 

アプリ内の課金で支払い方法の選択を行うときにクレジットカード払いを選択すると、使用できるようになります。

 

初めて利用する時には、クレジットカード情報の入力画面へ移行します。

 

 

Android端末なら「Google playストア」のページへ。

 

iPhoneなら「App Store(アップストア)」のページへ移動しますので、使用したいクレジットカードの情報を入力しましょう。

 

 

情報入力が完了したら購入画面に移動して、そこで確認を行えばアプリ内アイテムの購入完了です。

 

 

クレジットカードの情報は記憶しておくこともでき、2度目以降の利用の際にはワンタッチで購入画面までに行くことができるようになります。

 

 

また、ストア内の設定で1か月に使用した料金の確認が行えたり、1か月の料金の限度額を決めることもできます。

 

アプリ内アイテムの買いすぎが気になる方でもこの設定をきちんとしておけば、使いすぎる心配がなく安心です。

 

携帯料金と一緒に支払う

 

スマートフォンの月額使用料と一緒に、アプリ内で使用した料金を支払う方法です。

 

 

自分が使用している携帯料金と一緒に支払うことができますので、まとめて支払いができ使用した料金の内訳もまとめてみることができます。

 

 

別途クレジットや銀行口座の情報を入力する必要がないため、個人情報を入力するのが心配な方でも利用しやすいやり方です。

 

 

契約しているキャリアによって、使用方法は異なりますが…

 

基本的には、自分が契約している携帯電話の番号やパスワードなどを入力することによって購入画面まで進むことができるようになります。

 

カードを購入してコードを利用する

 

アプリストア向けのギフトカードを購入して、そのコードを入力するやり方です。

 

 

Androidなら「Goog leplayカード」を、iPhoneなら「iTunesカード」を購入します。

 

 

また、LINE内で配信されているアプリに課金したりスタンプや着せ替えを購入したい場合は、LINEカードを購入しましょう。

 

 

それぞれ、1000円・5000円・10000円といったように様々な金額の種類がありますので、自分の購入したいものの料金に合ったものを購入しましょう。

 

 

カードは、コンビニや家電量販店で取り扱っています。

 

カードを購入したらスクラッチ部分に書かれているコードをアプリ内で入力することによって、その金額分がチャージされ使えるようになります。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ