異邦人/カミュの読書感想文とあらすじのネタバレ

異邦人/カミュの読書感想文とあらすじのネタバレ

異邦人/カミュの読書感想文とあらすじのネタバレ

「異邦人」はフランスの作家であるアルベール・カミュの書いた、世界的に有名な小説です。

 

1942年に世の中に出て以降、様々な日本語訳の本が販売されました。

 

 

この記事には、小説のあらすじが掲載されています。

 

また、こちらの小説を読んだ人から読書感想文をいただきました。

 

 

これからこの作品を読もうと考えている人にとっては、当記事の内容がネタバレに繋がってしまうかも知れません。

 

もし読む場合は、くれぐれも気をつけてください。

スポンサーリンク

アルベール・カミュの小説「異邦人」のあらすじ。ネタバレにご注意!

 

アルベール・カミュが執筆した小説が、「異邦人」です。

 

 

一体どういったストーリーになっているのでしょうか?

 

ネタバレされることに対して抵抗を感じている方は、読むのを控えておいたほうが無難です。

 

 

カミュの小説「異邦人」のあらすじです。

 

 

主人公はムルソーと言う青年です。

 

彼にはお金がなく独身であったため、病身の母親を養老院に預けていましたが…

 

ある日、その母親がなくなります。

 

 

ムルソーは母親の葬儀に際しても涙ひとつ流さず、最後に母親の顔を見ようともせず…

 

あまつさえタバコを吸う・コーヒーを飲むといった態度で、養老院の印象は最悪です。

 

 

そしてなんとその直後には海水浴に向かい、元同僚であるマリーと再会。

 

一夜を共にします。

 

 

その後ふたりは、ムルソーと同じアパートに住むレエモンの友人・マソンの別荘に遊びに行きます。

 

 

レエモンは、実は女性がらみのトラブルに巻き込まれており…

 

そのトラブルに関与しているアラビア人を、ムルソーは護身用の銃によって命を奪ってしまいます。

 

 

逮捕された彼は、何度もアラビア人対して発砲したことなどを理由にさつ意があったと認定され、厳しい尋問を受けます。

 

その中でムルソーに対して、「何故、母親のしに際しても涙を流さなかったのか?」などが問われます。

 

 

彼はその問いには、「自分は、母親を深く愛していた」「しかし、それは何ものも意味していない」「健康な人は、誰でも多少は愛する人のしを期待する」などと答えます。

 

 

そしてまた、自分の行為について悔いているかと問われると…

 

「悔恨よりは、むしろ倦怠を感じている」とまで答えます。

 

 

女やタバコと言った自由に触れられないことに苦労したムルソーは、しかし追憶に耽ることを覚えてからはその苦労からも解放されます。

 

 

そして、裁判が始まります。

 

 

養老院の人間の証言、またマリーをはじめとする友人たちの証言は、いずれも弁護には不利に働いてしまいます。

 

検事によってインテリであり理解力もありながら悔恨がないと指摘されたムルソーは、それには道理があると認めます。

 

 

そして何故、このような事件を起こしたのか?を問われた彼は…

 

自分の滑稽さを承知しながら、「それは太陽のせいだ」と答えます。

 

 

裁判官が下した刑は、斬首刑でした。

 

その後ムルソーは、司祭とのやりとり・生とし・罪と罰といった内容に苛立ちを覚えます。

 

 

しかし司祭が去った後母親のことを思い出し、「全く生き返ったような思いであり、幸福だ」という思いを抱いたのでした。

 

 

カミュの小説「異邦人」を読んだ人の読書感想文

 

アルベール・カミュの小説「異邦人」は、誤解を恐れずに言うとするならば…

 

「通常の人間生活とは対極的な地点に位置する思想を持った人間を、主人公に据えたものである」という感想を持ちます。

 

 

主人公のムルソーは母親のしに直面した際に、一般的な考え方をするほかの人間たちとは違った思考・行動様式をとるのですが…

 

常識という観点から物事を考える人間にしてみれば、ムルソーの行動はすべてまったく意味不明だったり、わけがわからないという感想を抱くでしょう。

 

 

アルベール・カミュは、自身の小説「異邦人」で、いわゆる普通の人とは違った人間像を創造したと言えるわけですが…

 

このよう不可解な主人公であるムルソーが意味する人間像は、現実世界で日常世界を生きている普通の人にとって何を意味するのか?という疑問にぶつかるということは事実です。

 

 

いわゆる普通の人々が母親のしの知らせを聞いたりしたときに、外見的には悲しんでいるように見えるだろう…と、わたしたちは考えがちです。

 

しかし実際は、そうではないのかもしれない。

 

 

実はムルソーとおなじように、無表情だったり、無感動だったりするのかもしれないという感想を持ちました。

 

 

これは一体どういうことかと言えば…

 

この世間で言われている葬式での態度というものは、みんな演技でしかないのでは?

 

葬式に出席している人々は別に悲しんでいるわけではなく、ただ自分の葬儀の出席者という役割を演じているだけなのかもしれない…という感想を持つのです。

 

 

つまりムルソーは、このような世間の人間社会の演技をすることを拒否した主人公である、と言えるわけですが…

 

その世間の常識や演技に対する拒否が、無意識からくるものなのか?それとも意識的に行っているものなのか?

 

残念ながら、「異邦人」の作中にははっきりと書かれてはいません。

 

 

ただアルベール・カミュは、明らかに「異邦人」の主人公であるムルソーのような人間像に対して、否定ではなく肯定を与えているということがわかります。

 

 

以上、アルベール・カミュの執筆した小説「異邦人」の読書感想文とあらすじを掲載しました。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

羊と鋼の森のあらすじ・ネタバレ感想!

 

コンビニ人間のネタバレ・あらすじと感想!文庫本の発売日はいつ

 

海の見える理髪店の読書感想文・あらすじをネタバレ!

 

ホームレス中学生の読書感想文・あらすじをネタバレ!

 

陸王/池井戸潤のネタバレ・あらすじと感想!

 

押切もえの小説・永遠とは違う一日のネタバレ・あらすじと感想!評価は?

 

そして誰もいなくなったのあらすじ・ネタバレ感想!犯人は?

 

坊っちゃんの読書感想文とあらすじネタバレ(夏目漱石)

 

星の王子さまの読書感想文・あらすじのネタバレ

 

夏の庭の読書感想文とあらすじネタバレ

 

走れメロスの読書感想文とあらすじネタバレ

 

沈黙/遠藤周作(映画化)のネタバレ・あらすじと読書感想文

 

カフカ/変身の読書感想文・あらすじのネタバレ

 

太宰治/人間失格の読書感想文・あらすじのネタバレ

 

江戸川乱歩/少年探偵団のネタバレ・あらすじと感想!

 

村上海賊の娘のネタバレ・あらすじと感想!

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ