地味スゴ/校閲ガールのネタバレ・あらすじと感想!原作小説がドラマ化

地味スゴ/校閲ガールのネタバレ・あらすじと感想!原作小説がドラマ化

地味スゴ/校閲ガールのネタバレ・あらすじと感想!原作小説がドラマ化

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(地味スゴ)」が、日テレ系列の放送局でスタートすることが決まりました。

 

この作品は、宮木あや子さんの書かれた小説「校閲ガール」が原作です。

 

 

石原さとみさんが主役をつとめることで話題を集めている、こちらの作品「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(地味スゴ)」なのですが…

 

一体、どういったストーリー内容なのでしょう?

 

 

この記事に載っているあらすじや感想は、放送されることになっているドラマの原作「校閲ガール」のものです。

 

ドラマのネタバレになってしまう可能性がありますので、読むときには注意してください。

スポンサーリンク

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(地味スゴ)」の原作小説「校閲ガール」のあらすじを紹介。ネタバレ注意!

 

2016年10月から放送開始される予定のドラマが、「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(地味スゴ)」です。

 

 

以下の部分には、宮木あや子さんが執筆した原作小説の感想とあらすじが記載されています。

 

ネタバレされたくない場合は、読まずにおきましょう。

 

 

小説「校閲ガール」は、お洒落なファッション雑誌の編集者に憧れて出版社に就職した主人公が「校閲部」という地味で大変な作業が多い部署に配属され、そこで奮闘するというあらすじです。

 

 

主人公の河野悦子は大学生の時に手に取った雑誌がきっかけで、「景凡社」という出版社への就職を果たします。

 

しかし配属されたのは、お洒落とは縁のない「校閲部」。

 

 

「校閲部」の部長・茸原渚音(通称・エリンギ)から、「校閲の仕事を完璧にこなし、実績を積めばほかの部署への異動が通りやすい」とのアドバイスを受けた悦子。

 

ひたすら、校閲の仕事に励むのでした。

 

 

悦子は、推理小説の大家・本郷大作の原稿の校閲を扱うことになります。

 

 

しかし推理ものには興味がないうえに、前回の校閲の際に本郷と些細なトラブルを起こしていた悦子は、本郷の「校閲は前回と同じ人を」という要望に納得できない思いを抱えています。

 

 

そんなとき、本郷の編集担当者・貝塚が悦子を飲みに誘います。

 

連れて行かれた飲み会は、本郷の接待の場でした。

 

その席で本音を隠さずに話す悦子は、本郷に気に入られます。

 

 

それから数日後、校閲に回されてきた本郷の原稿の内容に違和感を覚える悦子。

 

そして悦子は本郷に「小説の誤り(時間の誤差)」を書き直してくれるよう依頼します。

 

 

本郷は、過去の浮気が原因で妻から必要以上の束縛を受けていました。

 

愛妻家ではあるものの、自分のための時間が欲しいと考えた本郷の苦肉の策が「小説内での時間誤差」なのでした。

 

 

波乱を巻き起こしながらも、本郷は小説の時間設定を訂正します。

 

さらに、本郷からの信頼も得る悦子。

 

 

つぎに悦子は、難解な作風の是永是之という作家の校閲を担当。

 

 

是永は、メンズモデルでも人気の覆面作家なのでした。

 

是永にひとめ惚れしてしまう悦子は、コーヒーショップで是永に声をかけることに成功。

 

 

彼が出演する、ファッションショーのチケットをもらいます。

 

思わぬ恋の進展に喜ぶ悦子でしたが、またもや難しい仕事に関わることになります。

 

 

そこで本来の「校閲」の仕事にはない「原稿内容について意見する」という重大な越権行為をしてしまう悦子は、文芸部の校閲から雑誌の校閲への異動となります。

 

 

当初の希望であった「ファッション誌の編集に少し近づいたかも」と期待に胸を躍らせる悦子でしたが、そこで校閲する原稿はゴシップ週刊誌に連載中の歴史小説だったのです。

 

 

その週刊誌では、本郷の記事も連載されています。

 

 

そんなある日、本郷の行方が不明との連絡が入ります。

 

またもや本郷に振り回される、悦子と編集部の面々。

 

悦子の記憶力と推理で、無事に本郷を見つけることができます。

 

 

是永とのデートも叶い、編集部の仲間との絆を深めていく悦子の姿が描かれています。

 

 

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(地味スゴ)」の原作小説「校閲ガール」を読んだ感想

 

 

宮木あや子の「校閲ガール」という本は、ヒロインの女性が本当はファッション雑誌の編集の仕事をしたいのに、名前の由来から校閲部に配属されて校閲の仕事をするというストーリーです。

 

 

この本の感想を一言で言えば、出版社で働きたいと思っている人が読みと面白いな、出版社の仕事がよく分かるということです。

 

 

たとえばファッション誌といえばモデルが最先端の洋服を着たり、どこかおいしいものを食べたり旅行へ行ったり、派手なイメージがあります。

 

 

取材をしたりカメラマンが撮影したりするメーンの仕事がある一方で、読者に雑誌が届く前に誤字脱字がないか、小説ならば事実関係がおかしくないか、内容を精査する校閲部の仕事があるのです。

 

 

ひたすら机に座って本を読み事実関係を調べる仕事なので地味だし、編集部は氷をはったように静かで、という表現が出てくるとその様子がよく分かります。

 

 

校閲といっても単に時の間違いを訂正するだけではなく、書かれたことが正しいかどうかを精査する必要があることが分かり、読者の手に渡る前の最終関門として大切な部署であることが分かります。

 

 

ヒロインは出版社を受けるにあたってファッション誌を読破し、どういう内容がどの時に書かれているか恐ろしい記憶力で覚えています。

 

 

そういう記憶力のよさが校閲部の仕事をするためには必要であることが分かるし、営業部、編集部のほかの社員の仕事ぶりもリアルに書かれていて読んでいて面白いです。

 

 

エピソードが短くまとめられているので読みやすいし、個性的な人物がたくさん登場してきます。

 

 

校閲部にも年輩の上司がいれば、同期の中にも個性的な人がいてその人の歴史、エピソードが分かりやすく書かれているので飽きることがなく読むことができます。

 

 

本当はファッション誌に行きたいヒロインへいろいろな試練が降りかかるのですが、それを乗り越えていく様が読んでいてとても面白いです。

 

希望ではない仕事をしている人にも、お薦めです。

 

 

以上、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(地味スゴ)」の原作として使われている宮木あや子さんの小説「校閲ガール」の感想とあらすじをご紹介いたしました。

 

これからテレビドラマとして放送されるストーリーの内容が、原作通りだとは限りません。

 

地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子/ドラマの再放送(見逃し配信)を無料視聴する方法!

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

ドクターXの原作は漫画?最終回のネタバレはわかる?

 

レンタル救世主に原作はある?ネタバレ・結末はわかるのか

 

ラストコップの再放送(見逃し配信)を無料視聴する方法!

 

ラストコップ/THE LAST COPのネタバレ・あらすじと感想!原作ドラマが日本でリメイク

 

地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子/ドラマの再放送(見逃し配信)を無料視聴する方法!

 

メディカルチーム レディダヴィンチの診断に原作は?ネタバレ・結末はわかるのか

 

逃げるは恥だが役に立つのネタバレ・あらすじと感想!原作漫画がドラマ化

 

砂の塔に原作はある?結末のネタバレはわかるか(知りすぎた隣人)

 

黒い十人の女のネタバレ・あらすじ!原作映画がドラマ化

 

黒い十人の女/ドラマの再放送(見逃し配信)を無料視聴する方法!

 

ヒポクラテスの誓いのネタバレ・あらすじと感想!原作小説がWOWOWドラマ化

 

コールドケースのネタバレ・あらすじと感想!

 

IQ246 華麗なる事件簿に原作はあるのか・あらすじのネタバレ・結末はわかる?

 

カインとアベル月9ドラマ原作はある?あらすじのネタバレ・結末はわかる?(カイアベ)

 

朝ドラ・べっぴんさんはいつからいつまで?最終回予想

 

べっぴんさんの再放送(見逃し配信)・無料視聴は可能?

 

べっぴんさんのモデル・坂野惇子とは(NHK朝ドラ)

 

家政夫のミタゾノに原作はある?あらすじのネタバレ・結末はわかるのか

 

代償のネタバレ・あらすじと感想!原作小説がHuluでドラマ化

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ