男女7人秋物語の最終回・あらすじの内容をネタバレ!

男女7人秋物語の最終回・あらすじの内容をネタバレ!

男女7人秋物語の最終回・あらすじの内容をネタバレ!

明石家さんまさんと大竹しのぶさんが出会うきっかけとなった作品と知られているTBSの人気ドラマが、1986年に放送していた「男女7人夏物語」でした。

 

その後1987年に放送が開始された続編のドラマが、「男女7人秋物語」です。

 

 

他には、岩崎宏美さん・片岡鶴太郎さん・山下真司さん・柳葉敏郎さんといったメンバーが出演していました。

 

シリーズ完結編とされているこの物語は、どんな結末を迎えたのでしょうか?

 

 

この記事には最終回のあらすじ内容が記載されていますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ドラマ「男女7人秋物語」あらすじの内容をネタバレ!

 

電車に乗れなかった良介と桃子は今後を話し合い、取りあえず貞九郎の部屋へ行くことにします。

 

部屋を訪れた良介と桃子は、偶然居合わせた高木から、美樹の妹が2人のせいで怪我をしたことを咎められます。

 

 

部屋に居辛さを覚えた桃子は知人を頼ることを決め、雰囲気を察した良介は会社に電話をしてくるように告げ、桃子を送り出しました。

 

 

次の日、良介と桃子は自分たちが置かれている状況を確認したうえで、アパートで一緒に住むことを決めます。

 

 

部屋に荷物を取りに来た桃子は、健と鉢合わせしてしまいます。

 

桃子にとっての自分の存在意義を問う健は、答えられない桃子に対して激昂し部屋を出て行ってしまうのでした。

 

 

良介と桃子に貞九郎を入れた3人でアパートへの入居の準備中に、買い物を頼まれ外に出ていた高木がひかると一枝、そして美樹を一緒に連れてきてしまいます。

 

 

美樹は桃子に「あなたよりも良介のことが好きだった」と言い走り、去って行くのでした。

 

ショックを受けた桃子は、本の出版の打ち合わせのために大阪へ行くと言い出します。

 

 

良介は桃子の気持ちを理解していながらも納得がいかず喧嘩になってしまいますが、夢のほうが大事だと言う桃子を見送らざるをえないのでした。

 

 

それ以来会っていない二人を心配して、美樹は貞九郎に伝言を託します。

 

美樹が思いを吐露した時に言い返してほしかったということと、好きな人とは一緒にいるべきだということの2つです。

 

 

伝言を受け取り久々に再会した良介と桃子は、気持ちを確かめ合い…

 

けじめをつけるために良介は美樹の元へ。

 

桃子は健の元へ話し合いをしに行くことを決意します。

 

 

健は、話しかける桃子を全て無視して去って行きます。

 

一方、美樹はやってきた良介に「あなたに出会えてよかった」と一言だけ告げ、笑顔で敬礼をして別れの挨拶をするのでした。

 

 

良介と別れた美樹は、「他人の意を汲まずに自分の幸せを中心に考えてほしい」と言う一枝に対し、「人の気持ちが分かることは大事なことだ」と言いました。

 

2人で共に前を向いて、新しい出会いを探そうと決心します。

 

 

クリスマスの音楽が流れる中で落ち合った良介と桃子は、今までのことを思い出しながら固く腕を組んで歩きだします。

 

 

周りを不幸にして、やっと結ばれた二人。

 

良介が「もうどこにもやらない、そんなことがあってももう離さない」と言い、抱きしめあい最後にキスをしてエンドロールが流れます。

 

 

これでドラマ男女7人秋物語は最終回を迎え、男女7人夏物語から続く男女7人シリーズは完結します。

 

 

以上、1987年に放送されていたドラマ「男女7人秋物語」最終回のあらすじ内容でした。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

魔女の条件の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

ロングラブレター 漂流教室の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

神様もう少しだけ/ドラマの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

不信のときの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!(ウーマンウォーズ)

 

イグアナの娘のネタバレ結末・あらすじと感想!

 

眠れる森/ドラマの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

家なき子2の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

あすなろ白書の最終回・あらすじの内容をネタバレ!

 

空から降る一億の星のネタバレ・あらすじと感想!

 

ラストフレンズの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ