華麗なる一族の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

華麗なる一族の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

華麗なる一族の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

華麗なる一族は主人公が鉄工所の社長、その父親は大手銀行の頭取、また弟もいます。ですがこの家族は複雑な家庭です。なぜなら主人公は実のところは祖父の子供、父親にとって「弟」かもしれないというのです。というのも主人公の祖父が実の子の奥さんに手を出してしまったというのですから、またドラマに出てくる肖像画も実にそっくりなのです。それもずっと最終回までのせてくるのですから、完全に視聴者もこれはもう実の父親は祖父しかいないと思わされます。またその過程でも証言者もいますし、祖父の遺言状でも「実の子」とにおわせるシーンもあり、またこの銀行にとって足かせにしかならない鉄工所に融資をと迫る長男が憎くて仕方ないのです。
 銀行にとって貸した金が回収できなくなる不良債権を抱えるのは共倒れと同じことです。しかし会社としてみれば巨額な金を融資してくれるのは銀行しかありません。また銀行にとって大手の銀行に吸収合併されることもあります。この作品は実によくできたドラマで銀行再編という大きな流れを書き出しています。これが数十年後の未来に本当に起きてしまったのですから山崎豊子という人はすごい人です。
 このドラマが華麗なる一族の没落シーンまでは描かれていませんが、最後には悲劇的なシーンに突入していくのです。鉄工所がその父親の銀行による融資に打ち切られたことによって道筋が立たれてしまいます。そのことを悲観した主人公が取った行動は狩猟の散弾銃でたった一発の銃弾によって自殺していくのです。そして死亡確認の結果。血液型が祖父の血液型では生まれない子供であり、実の子供だったという皮肉でした。「鉄平は私たちの子供だっのです」という奥さんの一言があり、主人公の弟も「ぽくと父さんが兄さんを殺したんだ」というセリフもあり、次々と父親のもとを去っていくのです。
 また主人公の父親の大介の愛人である相子とはきっぱりと縁を切るシーンもありますが、相子は何の未練もなく別れていきます。そして主人公の義兄である美馬の裏切りを予感させるシーンもすごいものを感じさせました。
 余談ですか、このドラマに入る時北大路欣也さんと木村拓哉さんは握手をしなかったと聞きました。木村さんが握手しようとすると北大路欣也さんはすっと避けたのだと木村さんが後日語っています。これは実は背景があり、北大路さんも思い入れがあるドラマなんです。この作品はリメイク版となっています。ですから最後まですごいなぁと思わせる実にいい作品となっています。

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ