キャンプの遊び道具・子供におすすめなのを聞いてみた!

キャンプの遊び道具・子供におすすめなのを聞いてみた!

 

山や海などのキャンプ先では、普段ではしないような遊び方を試したいと思っているのではないでしょうか?

 

 

スペースに余裕があるので、出来るだけ体を動かせるものがいいですよね。

 

遊び道具を用意して持っていけば、なおさら楽しく時間を過ごせるのではないでしょうか?

 

 

どんな遊び道具が子供におすすめなのか、聞いてみることにしました。

スポンサーリンク

子供がキャンプ先で使える、おすすめの遊び道具を聞いてみた!

 

子供がキャンプで遊ぶための道具には、「フリスビー」があります。

 

 

飛ばした距離を競い合ったり、ペットボトルなど的を作って当てるゲームをしたり。

 

キャッチボールのようにお互いに投げ合うなど、様々な遊び方ができます。

 

 

柔らかい素材でできているフリスビーもあるので、小さい子供でも投げやすくなっています。

 

ぶつかってしまっても、怪我をする心配はありません。

 

 

小さいものなので持ち運びにも便利ですし、手軽に持って行くことができます。

 

キャンプの時に子供が遊べる道具として、「ハンモック」があります。

 

 

木の枝などに両端を固定するタイプが知られていますが、金属製パイプのフレームに吊るす自立式ハンモックも人気があります。

 

平坦な場所であれば、丈夫な木などがなくても設置できるためです。

 

 

金属のフレームは組み立て式になっていて、布地パーツとともに専用バッグにコンパクトに収納できるので、車に積むことも大人であれば肩にかけて持ち運ぶことも可能です。

 

 

耐荷重や大きさにもよりますが、小学校低学年の子どもであれば2〜3人は一度に寝ることができます。

 

プリミティブな道具ですが、意外と子どもは喜びます。

 

 

キャンプで遊べる道具は、フリスビーなど様々なものがあります。

 

ですが子供が遊ぶものとなると、やはり安全面が最優先されます。

 

 

安全で子供も喜ぶ遊び道具は、シャボン玉が最も適しています。

 

シャボン玉といっても、ピストルタイプなど多くの種類がありますので、いろいろな楽しみ方ができます。

 

 

日光に照らされたシャボン玉は美しく反射して光るので、子供だけでなく大人も一緒に楽しめます。

 

また道具を忘れたとしても、ストロー一本で代用できるので、どのような場面でも対応できます。

 

キャンプ場など広い公園がある場所には、定番の遊び道具・フリスビーの「エアロビー」は、子供でも楽しく遊ぶことができます。

 

 

通常のフリスビーとは形が少し違い真ん中が空洞になっていて、誰でも簡単にまっすぐ飛ばす事が出来ます。

 

また軽く投げるだけで遠くまで飛ばすことができるので、気持ちよく遊ぶことができます。

 

 

犬を飼っているご家庭では、犬にフリスビーを取りに行かせて持って帰って来させるといった、定番の遊びも。

 

飛距離が伸びるので、犬にとっても良い運動になります。

 

夏といえば水鉄砲で、今では高性能な電動のものが売られています。

 

 

この水鉄砲の最大の特徴は、なんといっても電動による1分間の連続噴射が可能なことです。

 

連続で噴射し続けることによって思う存分相手に水をかけることができて、最大飛距離が約八メートルと遠くまで飛ばすことが可能なものも。

 

 

別売りのグリップなどを揃えれば腰に給水タンクを装着できて、水切れの心配も不要です。

 

 

大人数で楽しむことができるキャンプでの遊び道具は「大縄跳び」です。

 

 

色々な道具を使った遊びは苦手という子供でも、大縄跳びなら中に入ってタイミングを合わせてジャンプするだけなので比較的参加しやすいです。

 

 

また少ない人数でのキャンプだったとしても、周りにいるキャンプ客を巻き込んで一緒に楽しむことができて、新たな出会いが生まれる事もあります。

 

何回飛べるか競い合うのもいいですし、参加者全員で一体になって目標回数をクリアするのも良いです。

 

子供が喜ぶキャンプ道具のひとつが、「子供用のヘッドライト」です。

 

 

キャンプ場は自然の中にあるので、普段見ない虫などを発見できることも多いです。

 

ヘッドライトをつけていると、薄暗い場所にいる珍しい虫でもよく観察することができるなど便利です。

 

 

おもちゃとして捉える子供もおり、ヘッドライトをつけるだけでテンションが上がり喜ぶ子もいるくらいです。

 

夜中にトイレに行く場合でも、これがあると両手が空くのでかなり便利です。

 

キャンプで子供が遊ぶのに使用する道具は、「アイスクリームメーカーボール」がピッタリです。

 

 

氷と材料を入れたボールをパスしたり振り回していくだけで、簡単にアイスクリームが出来上がります。

 

料理においてもデザート担当として遊びながら役割を与えられる上に、大人たちはスムーズに別の必要な作業に取り掛かることができます。

 

 

いろいろなメーカーから販売されていますが、振りまわすだけのものやキックしても大丈夫なものまで多彩なので、合ったものを選択しましょう。

 

 

キャンプ場は広い原っぱのようなスペースがあるので、子供が喜ぶ遊び道具に大きなシャボン玉はいかがでしょうか。

 

 

手持ち用のシャボン玉セットを持参して、シャボン玉液は食器を洗う液体洗剤を利用します。

 

ペットボトルに少量の洗濯のりを入れて行けば、より大きなシャボン玉を作ることができます。

 

 

お金もかからないし、荷物にもなりません。

 

家族でシャボン玉の大きさを競い合うゲームをやっても、楽しむことができるのではないでしょうか。

 

キャンプに連れて行った時に子供達が喜んで使用しているのは虫取り網と籠であり、同時にバナナやはちみつといった甘い物も用意してあげると、尚一層喜んでいます。

 

 

普段都市部で生活していると自然に生息している虫を見る事が無いですし、手で直接的に触れる機会には尚一層恵まれないので。

 

自分で捕まえて籠に入れるという一連の動作が、貴重な経験になっています。

 

 

また、網などは長さが届かない事もあるので、試行錯誤して捕まえられるようにするのも楽しそうです。

 

キャンプと言えば自然が一番の遊び道具とも言えますが、できれば子供を驚かせて大人の威厳を保ちたいと思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

 

そんな思いを抱く方におすすめなのが、子供たちに絶大な人気を誇る「しゃぼん玉」です。

 

自然との相性もバッチリで、西日や太陽光にきらめく不思議な光景に、子供も大はしゃぎ間違いなしです。

 

 

川辺では水鉄砲、山では夜に望遠鏡で星をみるのもいいですね。

 

普段とは違う環境での体験は、忘れられない思い出となります。

 

 

ただ、みんなテンションが上がりがちなので、くれぐれも目を離さないように気をつけてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加