【ジョジョ5部】黄金の風のボス・ディアボロの最後!その後どうなった?

【ジョジョ5部】黄金の風のボス・ディアボロの最後!その後どうなった?

 

ジョジョの奇妙な冒険・5部「黄金の風」の終盤では、最終決戦の場・コロッセオで組織のボスと戦う流れとなります。

 

 

ボス・ディアボロが物語の中盤で見せつけた、恐るべき能力「キング・クリムゾン」ですが…

 

 

その後矢によって新たな能力を得たジョルノ・ジョバァーナに敗北し、しぬよりも辛い悲惨な最後を遂げます。

 

彼は、どんな結末を迎えたのでしょうか?

 

 

この記事の内容は、原作漫画やアニメを見ていない人にとってはネタバレになってしまうので、ご注意を。

 

スポンサーリンク

ジョジョ5部「黄金の風」ボスの正体は誰?名前と顔をネタバレ!

 

サン・ジョルジョ・マッジョーレ島の教会において、スタンド「キング・クリムゾン」を発動した、組織のボス。

 

 

ジョジョ5部の物語はちょうど折り返し地点ですが、かなり早い段階でラスボスの強さを見せつけられました。

 

 

しかし、見せたのはスタンドの姿のみ。

 

 

この段階で素顔は見せず、当然名前も名乗らず。

 

正体は明かされず、全身が黒のシルエット状態で隠されたままでした。

 

 

その後、アバッキオがボスが若い頃の素顔を暴きますが…

 

正直言って、現在の顔に似ているとは言えません。

 

 

ポルナレフが、ネットを通じてブチャラティチームに接触してきますが…

 

彼はボスと戦った経験があり、彼の名前が「ディアボロ」であることを明かしました。

 

 

本当に素顔が露わになるのは、最終決戦の地・コロッセオ。

 

別人格であるドッピオから入れ替わり、ポルナレフの前に再び姿を現しました。

 

 

その正体は、大方の読者が抱いていたイメージとは違い…

 

かなり派手な見た目。

 

 

それまでは、短髪でスーツを着ているような「いかにも組織の偉い人」といったシルエットで登場していたので。

 

それとは、まるで別人のようです。

 

 

ジョジョのゲームは、数作リリースされていますが…

 

普通にディアボロの素顔を見ることができ、自分で操作も可能です。

 

 

ゲーム版の配色だと髪の毛がピンク色で、白黒の漫画で読んでいたのよりもさらに派手な印象。

 

 

アニメ版でも、この配色なのか?

 

それとも、別の配色がなされるのか?

 

気になる所です。

 

ジョジョの奇妙な冒険5部「黄金の風」ボス役の声優は誰?

 

ジョジョ5部のボスは素顔こそ見えないものの、かなり早い段階で登場。

 

セリフもあり、アニメ版ではボス役の声優の名前が。

 

 

ボス・ディアボロ役の声優は、小西克幸さんです。

 

 

代表作は、以下の通り。

 

「D.Gray-man」コムイ・リー

 

「ポケットモンスター」ポケモン多数

 

「東京喰種トーキョーグール」亜門鋼太朗

 

「監獄学園」ガクト(諸葛岳人)

 

「シャーマンキング」阿弥陀丸

 

「天元突破グレンラガン」カミナ

 

「ワンパンマン」タンクトップマスター

 

「マクロスF」オズマ・リー

 

「アサシン クリード」アルタイル・イブン・ラ・アハド

 

 

ディアボロの別人格であるドッピオも、小西克幸さんが担当するのでしょうか?

 

それとも、別の声優が担当するのでしょうか?

 

 

スクアーロ&ティッツァーノ戦が終わった後に、初登場すると思われますが…

 

それまでは、明らかにされないと思われます。

 

ジョジョの奇妙な冒険5部・ボスの目的とは?

 

ジョジョの奇妙な冒険・5部「黄金の風」のボス・ディアボロの目的は、「絶頂のままでいる」こと。

 

 

完璧に構築された犯罪組織の頂点に君臨し、変わりなく帝王であり続けることが目的です。

 

 

それを邪魔する者は、全て排除。

 

己の正体にたどり着くリスクを回避するため、自分の娘すらこの世から消そうとする邪悪ぶりです。

 

 

そして、無関係なルームキーパーにすら決して素顔を見せない徹底ぶり。

 

 

ビビリとも評価される彼の行動ですが、姿を見せる人数が多いだけリスクが増大するのは確か。

 

 

キングクリムゾンの「時飛ばし」能力も…

 

「落とし穴を回避して、浮き沈みの無い人生を歩む」彼の願望を、あたかも具現化したように思えます。

 

ディアボロの悲惨な結末!最後のセリフは…

 

揺るがない頂点にいながら、少しでもそれを脅かす存在を消してきたディアボロ。

 

 

しかし彼は、ジョルノが発動した「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」の前に敗れます。

 

 

自分の能力を無力化され、無駄無駄のラッシュを受けました。

 

ふっとばされて川に落とされたものの、何とか生存。

 

 

排水溝に逃げこんで一息ついたものの、いつのまにかヤク中の男にナイフで刺されていました。

 

 

意識が遠のき気づくと、今度は自分が検死・解剖されていることに気づきます。

 

 

その後も街中で交通事故に遭ったりと、帝王としてはつまらない死に方を体験することに。

 

 

自分がこれから何回死ぬのか?

 

いつどこから襲ってくるのかを恐れながら…

 

 

心配そうに近づいてきた少女に向かって「オレのそばに寄るなああーッ」と悲鳴を上げたのが、ディアボロ最後のセリフでした。

 

 

ディアボロは、その後どうなったのか?

 

その後、ディアボロはどうなったのでしょうか?

 

 

上記シーンの後、彼は物語に一切登場していませんので…

 

ここからは、それぞれの読者が考察するしかないのですが。

 

 

ジョルノが言うには、「ヤツはもうどこへも向かうことはない」「死ぬという真実にさえ到達することはない」「終わりがない」とのこと。

 

 

つまり…

 

やはりディアボロは、違ったシチュエーションでずっとしに続けることになるのでしょう。

 

 

娘・トリッシュによれば、父・ディアボロはまだ生きているとのこと。

 

 

あの世には旅立てず、世界のどこかで何らかの事故か被害に遭い…

 

意識が消えた後、どこかで目を覚ます。

 

そしてまた、また別の方法でしぬ体験を強いられる。

 

 

ディアボロ自身は、前に死んだ体験のことや痛みは忘れていないようなので…

 

苦しみに耐えられずいずれ精神が崩壊してしまう可能性もあります。

 

 

それでもこの現象は容赦なく続き、ディアボロ自身を永遠に痛め続けるのでしょう。

 

 

交通事故といった、無関係の人間を巻き込む現象も起こっていますが…

 

被害者であるディアボロの姿は、その後きれいに消えていたりするのでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加