ジョジョ3部・スターダストクルセイダースの戦績一覧

ジョジョ3部・スターダストクルセイダースの戦績一覧

 

ジョジョの奇妙な冒険・3部「スターダストクルセイダース」では、30人程の敵スタンド使いが登場。

 

エジプト・カイロへと向かうジョースター一行を狙ってきましたが、それらをたった6人で退けなければいけませんでした。

 

 

スタンドバトルは、何も1対1の試合ではありません。

 

たとえ生き残った戦いでも、勝った者と負けた者が存在します。

 

 

戦績は、どのような結果になったのでしょうか?

 

今回の記事でまとめ、一覧にしてみました。

 

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険・3部「スターダストクルセイダース」の戦績一覧

 

ジョジョの奇妙な冒険・3部「スターダストクルセイダース」のジョースター一行の戦績を一覧にしてみました。

 

 

敵スタンドの能力に対抗できず、一方的にダメージを受けたまま反撃できなかった場合も敗北と見なします。

 

 

「とにかく生き残れば、負けと見なさない」としてしまうと、ほぼ0敗か1敗となってしまいますので。

 

戦績の勝敗を判定する基準は?

 

・タワーオブブレー戦の場合

 

例えば、飛行機内のタワーオブブレー戦。

 

 

空条承太郎のスタープラチナは、タワーオブブレーのスピードを最後まで捉えることができませんでした。

 

ラッシュも全弾かわされ、一度も当てていません。

 

 

舌は取られなかったものの、一方的に手のひらを負傷させられています。

 

 

単純にダメージを受けただけだと、敵わないか微妙なためノーカンと見なしますが…

 

この場合、スタープラチナがタワーオブブレーに対して無力であることは明らか。

 

 

これ以上の打開策が無く、このまま戦っても勝ち目は無いことがはっきりしているため…

 

「負け」とみなしました。

 

 

・ストレングス戦の場合

 

ストレングス戦では、承太郎だけでなくジョセフ・ポルナレフ・花京院・アヴドゥルもスタンドに締め付けられ、絶体絶命の状況に陥っていました。

 

 

この場合、唯一本体のフォーエバー(ストレングス)を倒した承太郎だけは1勝とみなし、他のキャラは1敗とみなします。

 

 

また…

 

直接とどめを刺しただけでなく、敵スタンドの能力を無力化して勝利の決定打となった場合も1勝としました。

 

 

例えば、J・ガイル戦。

 

 

・Jガイル戦の場合

 

J・ガイルは、無関係なホームレスを大勢呼んで盾にしました。

 

そこで花京院がピカピカの金貨を取り出し、ホームレス達の視線をそこに集中。

 

 

ハングドマンの軌道を暴き、ポルナレフがJ・ガイルに致命傷を与えるきっかけとなりました。

 

ハングドマンの能力は無力化させられたと言えるので、これも1勝と見なしています。

 

 

勝敗の判定をまとめると、以下の通り。

 

勝ち:

 

・敵スタンド使いを直接倒した

 

・敵のスタンド能力を無力化した

 

負け:

 

・敵にころされ、命を奪われた

 

・命は助かったが、勝負に負けた

 

・戦闘不能に陥り、その後参加できなかった

 

・敵のスタンド能力を破れず、負けることが確定

 

以下の場合は、負けと見なさずノーカンとさせていただきました。

 

 

多少ダメージを受けただけで、戦闘不能に陥ったわけではありません。

 

本当に敵わないのか、判定は難しいので。

 

・ダークブルームーンの鱗で花京院が手にダメージを受ける。

 

・ホウィール・オブ・フォーチュンの熱したガソリン攻撃で、全員がダメージを受ける。

 

これらの敵を倒したのは承太郎でしたが、あくまでも最初のターゲットだっただけ。

 

「他のキャラでは倒せなかった」という証明も無いため、これらはノーカン扱いとしました。

 

空条承太郎(スタープラチナ)の戦績:16勝1敗

 

勝ち:

 

花京院典明(ハイエロファントグリーン)

 

偽キャプテン・テニール(ダークブルームーン)

 

フォーエバー(ストレングス)

 

ラバーソール(イエローテンパランス)

 

ズィー・ズィー(ホウィール・オブ・フォーチュン)

 

エンヤ婆(ジャスティス)

 

スティーリー・ダン(ラバーズ)

 

アラビア・ファッツ(サン)

 

ミドラー(ハイプリエステス)

 

ンドゥール(ゲブ神)

 

カーン(アヌビス神)

 

アレッシー(セト神)

 

ダニエル・J・ダービー(オシリス神)

 

テレンス・T・ダービー(アトゥム神)

 

ヌケサク

 

DIO(ザ・ワールド)

 

負け:

 

グレーフライ(タワーオブグレー)

 

承太郎の勝ちに関しては、かなりわかりやすい。

 

全員、自分の手で直接とどめを刺していますので。

 

 

子供が投げたアヌビス神の刀が、承太郎やポルナレフを外れてナイル川に落ちた件に関しては…

 

体当たりをしたイギーのみ、1勝と見なしました。

 

花京院典明(ハイエロファントグリーン)の戦績:4勝5敗

 

勝ち:

 

グレーフライ(タワーオブグレー)

 

J・ガイル(ハングドマン)

 

スティーリー・ダン(ラバーズ)

 

マニッシュ・ボーイ(デス・サーティーン)

 

直接倒していないJ・ガイルとスティーリー・ダンですが、彼らのスタンドを無力化したのは花京院。

 

ということで、それぞれ勝ちと見なしています。

 

負け:

 

空条承太郎(スタープラチナ)

 

フォーエバー(ストレングス)

 

ンドゥール(ゲブ神)

 

テレンス・T・ダービー(アトゥム神)

 

DIO(ザ・ワールド)

 

 

モハメド・アヴドゥル(マジシャンズレッド)の戦績:4勝5敗

 

勝ち:

 

空条承太郎(スタープラチナ)

 

ジャン=ピエール・ポルナレフ(シルバーチャリオッツ)

 

カメオ(ジャッジメント)

 

マライア(バステト女神)

 

承太郎を直接倒したわけではありませんが、宣言通り「牢屋から出した」ことで1勝と見なしました。

 

 

承太郎自身も「してやられたというわけか」と負けを認めたようなセリフを言い、スタンドを引っ込めていました。

 

負け:

 

フォーエバー(ストレングス)

 

ホル・ホース(エンペラー)

 

J・ガイル(ハングドマン)

 

ンドゥール(ゲブ神)

 

ヴァニラ・アイス(クリーム)

 

ジャン=ピエール・ポルナレフ(シルバーチャリオッツ)の戦績:5勝9敗

 

勝ち:

 

呪いのデーボ(エボニーデビル)

 

J・ガイル(ハングドマン)

 

チャカ(アヌビス神)

 

アレッシー(セト神)

 

ヴァニラ・アイス(クリーム)

 

負け:

 

モハメド・アヴドゥル(マジシャンズレッド)

 

フォーエバー(ストレングス)

 

ホル・ホース(エンペラー)

 

エンヤ婆(ジャスティス)

 

カメオ(ジャッジメント)

 

カーン(アヌビス神)

 

ダニエル・J・ダービー(オシリス神)

 

ヴァニラ・アイス(クリーム)

 

DIO(ザ・ワールド)

 

エンペラーの弾丸を食らったわけではなく、アヴドゥルに助けられています。

 

 

しかし弾丸の軌道を曲げられ、シルバー・チャリオッツの剣をかわされました。

 

このまま脳天に当たれば即死級の攻撃ということで、この時点で負けとしました。

 

 

似た状況で、ヴァニラアイスの攻撃をアヴドゥルが庇った場合もそう。

 

もし喰らっていれば、暗黒空間に引きずり込まれ一撃死。

 

 

単にダメージを受けるのとは大きく違うため、この時点で負けとみなしています。

 

つまり、ヴァニラ・アイスに関しては1勝1敗といった解釈です。

 

 

逆に…

 

シルバー・チャリオッツの剣でヴァニラアイスに突きを食らわせた際の判定は、難しいところ。

 

 

吸血鬼化しかかっていたことで、生き残っていたため…

 

この場合は、単なるダメージと見なしています。

 

 

ジョセフ・ジョースター(ハーミットパープル)の戦績:3勝3敗

 

勝ち:

 

ネーナ(エンプレス)

 

マライア(バステト女神)

 

テレンス・T・ダービー(アトゥム神)

 

テレンス・T・ダービーを倒したのは、承太郎でしたが…

 

ハーミット・パープルでゲーム機を操作し、イカサマをしていたのはジョセフ。

 

 

イカサマを見破れず負けを認めたため、花京院の魂を解放しています。

 

負け:

 

フォーエバー(ストレングス)

 

ダニエル・J・ダービー(オシリス神)

 

DIO(ザ・ワールド)

 

イギー(ザ・フール)の戦績:5勝2敗

 

勝ち:

 

ジャン=ピエール・ポルナレフ(シルバーチャリオッツ)

 

少年(アヌビス神)

 

ボインゴ(トト神)

 

ペット・ショップ(ホルス神)

 

ケニーG(ティナー・サックス)

 

負け:

 

ヴァニラ・アイス(クリーム)

 

アヌビス神が乗り移った少年が刀を投げようとすると、イギーが足に体当たり。

 

投げるコースが外れ、結果的にナイル川へ落ちてリタイアしました。

 

 

落ちていた飴につられただけ?

 

それとも、気まぐれで手助けをしたのか?

 

 

とにかく直接負かした形になったので、1勝と見なしています。

 

 

ヴァニラ・アイス戦で死に繋がった直接の原因は、重症なのに無理をしてスタンドを使用したためですが…

 

その重症は、蹴りの乱打を食らったことで受けたものです。

 

 

「最初のガオンをアヴドゥルに庇われた」「蹴りの乱打を食らった」ことで、いわば2敗した状況とも言えます。

 

勝敗の基準を単純化した場合の戦績一覧

 

以上の基準では、なんかややこしい。

 

解釈次第でどうとでも変わるし、正確ではないのでは?

 

 

という方のために…

 

 

単純に、以下の条件での勝敗も載せておきました。

 

勝ち:

 

・敵スタンド使いを直接倒した(オラオラなどでとどめを刺した)

 

負け:

 

・死亡した

 

・命は助かったが、大きく負傷した・勝負に負けた

 

単純に、とどめを刺した場合のみをカウントしています。

 

 

承太郎の戦績:16勝0敗

 

勝ち:

 

花京院典明(ハイエロファントグリーン)

 

偽キャプテン・テニール(ダークブルームーン)

 

フォーエバー(ストレングス)

 

ラバーソール(イエローテンパランス)

 

ズィー・ズィー(ホウィール・オブ・フォーチュン)

 

エンヤ婆(ジャスティス)

 

スティーリー・ダン(ラバーズ)

 

アラビア・ファッツ(サン)

 

ミドラー(ハイプリエステス)

 

ンドゥール(ゲブ神)

 

カーン(アヌビス神)

 

アレッシー(セト神)

 

ダニエル・J・ダービー(オシリス神)

 

テレンス・T・ダービー(アトゥム神)

 

ヌケサク

 

DIO(ザ・ワールド)

 

負け:なし

 

花京院の戦績:2勝3敗

 

勝ち:

 

グレーフライ(タワーオブグレー)

 

マニッシュ・ボーイ(デス・サーティーン)

 

負け:

 

空条承太郎(スタープラチナ)

 

テレンス・T・ダービー(アトゥム神)

 

DIO(ザ・ワールド)

 

アヴドゥルの戦績:3勝2敗

 

勝ち:

 

ジャン=ピエール・ポルナレフ

 

カメオ(ジャッジメント)

 

マライア(バステト女神)

 

負け:

 

ホル・ホース(エンペラー)

 

ヴァニラ・アイス(クリーム)

 

ポルナレフの戦績:5勝2敗

 

勝ち:

 

呪いのデーボ(エボニーデビル)

 

J・ガイル(ハングドマン)

 

チャカ(アヌビス神)

 

アレッシー(セト神)

 

ヴァニラ・アイス(クリーム)

 

負け:

 

モハメド・アヴドゥル(マジシャンズレッド)

 

ダニエル・J・ダービー(オシリス神)

 

ジョセフの戦績:2勝2敗

 

勝ち:

 

ネーナ(エンプレス)

 

マライア(バステト女神)

 

負け:

 

ダニエル・J・ダービー(オシリス神)

 

DIO(ザ・ワールド)

 

イギーの戦績:4勝1敗

 

勝ち:

 

ジャン=ピエール・ポルナレフ(シルバーチャリオッツ)

 

ボインゴ(トト神)

 

ペット・ショップ(ホルス神)

 

ケニーG(ティナー・サックス)

 

ポルナレフとの争いは、お互いスタンドを出して戦ったものの…

 

命の取り合いまで発展したかは、何とも言えないところです。

 

負け:

 

ヴァニラ・アイス(クリーム)

 

こうしてみると、何をもって勝ち・負けとみなすか?

 

判定が難しいことがわかります。

 

 

特に「絶対絶命の状況で、仲間が助けてもらい命を救われた」場合…

 

負けなのかノーカンなのか、判定に悩む所。

 

 

助けられなければ、そのまま死亡していた可能性も考えられますので。

 

逆に「生きてさえいれば、負けとしない」という解釈もありますが。

 

 

オインゴ・ボインゴ兄弟に関しては、判定が難しいです。

 

 

ボインゴ自身は、運が強い承太郎に負けたと評していましたが…

 

戦いさえ開始されず、勝手に自爆したとも解釈できますので。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加