ハーミットパープルは弱い、波紋を流しても?

ハーミットパープルは弱い、波紋を流しても?

 

ジョジョの奇妙な冒険の第3部「スターダストクルセイダース」に登場していた、ジョセフ・ジョースター。

 

 

長い眠りから覚めたDIOによる影響で、ジョセフ・ジョースターにもスタンド能力が発動していました。

 

スタンド名は、「ハーミットパープル」。

 

 

しかし…

 

ジョジョファンの間では、

 

「ハーミットパープルが弱い」

 

「全スタンドで最弱クラス」

 

 

と評判なのですが…

 

本当なのでしょうか?

スポンサーリンク

ハーミットパープルの能力は、確かにバトル向きではない・・・

 

ジョセフ・ジョースターのスタンド、「ハーミットパープル」はというと・・・

 

念写です。

 

 

そしてその念写能力にしても、初期は高級カメラを故障させてしまうといった不便な能力でした。

 

 

ジョジョの第3部が始まったばかりのころは、わかりやすい能力が多かったですし・・・

 

ハーミットパープルのスタンド能力にしても、いわゆる超能力の延長としての「念写」

 

・・・という発想だったのかもしれませんね。

 

 

他の漫画家さんでは想像もつかないような個性的な能力が出てくるのは、この後の話ですから。

 

 

さすがに能力が「念写」だけでは、ジョセフ・ジョーズターに活躍の場がないと思ったのか・・・

 

中盤以降は、地面に地図を作ったりと能力にも幅が出ていました。

 

 

ダービー弟とのテレビゲーム対決では、ハーミットパープルでコントローラーを操作するという器用ぶりも見せています。

 

 

どちらにしても、ハーミットパープルの能力は直接バトルとは関係がないので・・・

 

その点が、「弱い」とされている理由ではあります。

 

波紋を流したハーミットパープルは弱い?

 

ジョースター一行はDIOの館から脱出し、DIOから追われながらのラストバトルをカイロ市内で繰り広げることになります。

 

 

ハーミットパープルを建物に引っ掛けながら空中を移動するという、スパイダーマン的な動きをいつの間にか身につけていました。

 

逃走中に自分の服の中をハーミットパープルで覆い、波紋を流してDIOの攻撃が来るのを待ち受けていました。

 

 

DIOは吸血鬼ですので、太陽のエネルギーである波紋は効果的です。

 

波紋は人間に対してもある程度効果があるので、この防御方法は吸血鬼以外に対してもかなり効果的といえます。

 

 

ただ、残念ながらジョセフ・ジョースターがメインでバトルしたスタンド使いに対しては、使う機会がありませんでした・・・

 

 

まずは、「エンプレス」のスタンド使い・ネーナ。

 

 

エンプレスの能力は、相手の体に寄生する能力。

 

ジョセフの腕に寄生し同化している状態で実際に波紋を流してみたものの、エンプレスには通用しませんでした。

 

 

ダニエル・J・ダービー(オシリス神)とテレンス・T・ダービー(アトゥム神)の場合は、魂を賭けたゲーム(テーブルゲームやテレビゲーム)で戦いました。

 

ポルナレフや花京院の魂を奪われ、人質にとられていた状態のためルール通りゲームで戦わざるをえませんでした。

 

 

唯一チャンスがありそうだったのは、「バステト女神」のスタンド使い・マライアをアブドゥルと共に追うバトルでしょうか?

 

マライアは、能力の特性上ジョセフやアブドゥルから一定の距離をとりつつ、近づいてくることはありませんでした。

 

 

後半には、ハーミットパープルでマライアを捕らえます。

 

この時点ですかさず波紋を流せば、早めに決着がついていたかも知れません。

 

 

若いころ、毛糸を使ってエシディシに波紋を流したことをDIO戦になってやっと思い出したのでしょうか・・・?

 

 

パワー型スタイドじゃないのは、むしろジョセフらしい?

 

よくよく考えてみれば・・・

 

ジョセフ・ジョースターは、
若い頃からパワーで押すようなタイプではありませんでしたよね。

 

波紋の実力でいえば、長い間苦しい波紋の修行に耐え抜いてきたシーザーの方がはるかに上ですし。

 

 

柱の男たちや吸血鬼とのバトルにおいても、ジョセフが駆使したのはハッタリや戦略でした。

 

 

それに、若い頃のジョセフには波紋の修行を完成させる時間が残されていませんでした。

 

与えられた短い時間のうちに、柱の男たちを倒さなければならなかったのです。

 

 

そんなジョセフが、第3部になったら急にパワー型のスタンドを身につけてラッシュをしていたとしたら・・・

 

それまでのジョセフのイメージとは、かなり違ってしまうのは確かです。

 

 

オラオラのラッシュやエメラルドスプラッシュ、ホラホラやクロスファイヤーハリケーンなど・・・

 

いかにもヒーロー的な、派手な力技も似合わない気がします。

 

 

明らかに自分よりも格上の相手を、ハッタリや戦略で出し抜くのがジョセフの醍醐味のような気がしますから・・・

 

 

だから、ジョセフ・ジョースターのスタンドはこれくらい弱くて派手じゃない方がちょうどいいのかも知れませんね。

 

まとめ

 

ジョセフ・ジョースターのスタンド能力・ハーミットパープルは、弱い。

 

しかし、ハッタリや戦略を駆使するジョセフにパワー型のスタンドは似合わない。

 

スタープラチナオーバーヘブンとザワールドオーバーヘブンの能力

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック