空条承太郎の謎。帽子は髪と一体化?脱ぐシーンや笑顔になったのは何巻か

空条承太郎の謎。帽子は髪と一体化?脱ぐシーンや笑顔になったのは何巻か

 

ジョジョの奇妙な冒険で常に帽子をかぶっているキャラといえば、空条承太郎の名前が思い浮かびます。

 

 

承太郎の帽子といえば、とある謎が。

 

それは…

 

 

どこからが髪の毛か?

 

どこからが帽子なのか?

 

まるで一体化しているかのごとく、境目がわからないこと。

 

 

また、彼が笑顔になったシーンがあったというのですが…

 

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険・空条承太郎がかぶっている帽子は、髪の毛と一体化してる?

 

髪の毛と帽子の境目がわからず、まるで同化しているかのような空条承太郎。

 

 

3部においてかぶっていた学生帽は、黒。

 

そして、彼の髪の毛も黒。

 

 

彼を描くうえで敢えて境目をはっきりさせない方が、見た目としては良かったのかもしれません。

 

髪の毛と同化したような承太郎の帽子について、荒木飛呂彦先生はどう言っている?

 

ちなみに…

 

まるで髪の毛と同化したかのような彼の帽子について、荒木先生自身は以下のように発言していました。

 

 

テレビ番組「ジャンBANG(2012年10月19日放送)」に出演した際。

 

「帽子は髪の毛と一体化している」

 

「そういうヘアスタイル」

 

「砂漠の遠くに行っても承太郎とわかるようにしたかった」

 

だとのこと。

 

 

4部の帽子は白いから、さすがに境目がわかるのでは?

 

そう思って、改めて確認してみたのですが…

 

 

なんと!

 

白い帽子の縁があるはずの部分を、髪の毛が覆っているではないですか!

 

 

これはさすがに、髪の生え方が不自然な気が。

 

髪が寝癖で跳ねたまま、帽子をかぶっているような感じに。

 

 

なぜそこまで、意地になって境目を隠す必要があるのか…?

 

 

…というように、まるで一体化しているかのように思えてしまう承太郎の髪の毛と帽子。

 

実は3部では、帽子を脱いだシーンが何度もあったのをご存知でしょうか?

 

空条承太郎の帽子なしのシーンがいくつあったのか?検証!

 

空条承太郎が、3部で帽子を脱いだシーン。

 

多くのファンが真っ先に思いつくのは、エジプト上陸後すぐ突入したンドゥール戦でしょうか。

 

 

ンドゥールが操るゲブ神のスタンドの猛攻をくぐり抜け、背後へ近づくことに成功。

 

 

スタープラチナとゲブ神が同時に攻撃した結果、承太郎はンドゥールの胸に強烈な一撃を食らわせます。

 

 

ゲブ神の攻撃は、承太郎の体にギリギリ当たらず…

 

彼の帽子に当たり、空中へと飛ばしました。

 

 

脱げた帽子はというと、後頭部のあたりが髪の毛が跳ねたように加工(?)された状態になっており…

 

一見、髪の毛と区別がつかない状態になっていました。

 

 

そして2つ目のシーンは、なんと承太郎自ら帽子を脱いでいたのです。

 

 

それは、DIOの館でのダービー弟戦において。

 

野球ゲーム「OH Thats A BASEBALL!!」をプレイ中、ダービー弟「アトゥム神」の能力によって追い込まれる中…

 

 

承太郎は、帽子を脱いでモニターの上に置きます。

 

 

ジョセフが「瞳に映った画面を観て投球を判断しているわけではない」と指摘。

 

 

そのやり取りを見たダービー弟は呆れ、あからさまに舐めた態度。

 

 

「しかし…もう汗はかかないですみそうだぜ」

 

そう言って唐突に投球予告をした承太郎に対し、さらに呆れるダービー弟…

 

 

その後、承太郎(とジョセフ)の反撃が始まるのでした。

 

 

3つ目はというと、意外にも初登場のシーンでした。

 

 

留置所の牢の中にいつの間にかラジオを持ち込んでいた、承太郎。

 

「悪霊の恐ろしさを見せてやる」と言いつつ、自ら帽子を脱ぎます。

 

 

スタープラチナの腕を出現させ、警察官のホルスターから銃を奪います。

 

銃口を自分に向け、引き金を引く…

 

 

近距離で弾丸を指でつまむ、という恐るべき能力を見せつけた場面でした。

 

実写映画「ジョジョの奇妙な冒険」での承太郎の帽子は、どうなっている?

 

特徴あり過ぎる、空条承太郎の髪の毛と帽子。

 

 

2017年に公開された実写映画「ジョジョの奇妙な冒険・ダイヤモンドは砕けない第一章」における彼は…

 

どのように表現されていたのか?というと…

 

 

髪の毛が帽子の上に覆いかぶさっている部分が再現され、原作漫画に忠実でした。

 

 

後頭部の髪の毛は、自毛なのか?

 

そういうウィッグ的なものをつけたのかは、判断できませんでしたが…

 

承太郎がかぶっている帽子のマークは、どんな意味?

 

承太郎の帽子についているプレートのような飾りに、手のひらのマークが描かれています。

 

あれって、何か意味があるのでしょうか??

 

 

それについては、荒木飛呂彦先生が単行本15巻の巻頭コメントで説明されていました。

 

 

実はあの手の平マーク、中指にペンダコがついています。

 

残念ながら、グッズ類ではそれが表現されてはいないのですが…

 

 

そのペンダコは、長年の執筆活動の中で出来た勲章のようなもの。

 

海外へ行っても何となく漫画家だとわかってもらえるよう、名刺のイラストにも使われているとのこと。

 

 

その後、荒木先生の会社「LUCKY LAND COMMUNICATIONS」のロゴとして使われる機会が増加しました。

 

作中やイラストの中にも描かれていることが、確認できます。

 

空条承太郎が笑顔になったのは何巻?

 

ジョジョの奇妙な冒険・第3部「スターダストクルセイダース」主人公の空条承太郎。

 

 

普段はクールなキャラでめったに顔を崩すことはなく、ましてや笑顔、大口を開けて笑う場面なんて…と思っていたら…

 

本当に少ないですが、承太郎が笑顔になったり大口を開けて笑う場面がありました!

 

 

その場面は、一体その巻で見ることができるのか?

 

ご紹介します。

 

 

承太郎の笑顔その1

 

承太郎が最初に笑顔になったのは、意外と早い段階でした。

 

 

まだ日本から旅立つ前、承太郎が通っている学校の保健室での出来事でした。

 

DIOの手下として現れた、肉の芽を植えつけられた花京院とのバトル。

 

 

「負けた者が悪なのだ」と花京院が言ったことに対して、

 

「なに・・・敗者が「悪」」と承太郎がつぶやいた後・・・

 

 

「それじゃあーやっぱりィ てめーのことじゃあねーかァーーーッ」承太郎が指を指し、叫びながらスタープラチナを解放します。

 

その時の、承太郎の表情はというと・・・

 

 

ウインク気味の笑顔

 

 

テンション高めな承太郎の笑顔を見ることが出来る、レアな場面ですw

 

 

それとも・・・

 

まだ第3部の序盤だったことから、承太郎のキャラクターがまだ固まっていない段階だったのかも・・・?

 

 

この承太郎の笑顔が見られるのは・・・

 

単行本13巻です。

 

承太郎の笑顔その2

 

承太郎が、次に笑顔を見せた場面は・・・

 

ホイールオブフォーチュンのスタンド使い、ズィーズィーに勝った後の場面でした。

 

 

本体のズィーズィーを自動車の中から引きずり出し、正体を見たときに笑顔を見せていました。

 

 

自動車の窓からズィーズィーが見せていた、腕の部分だけがボディービルダーのようにムキムキの筋肉質なのにかかわらず・・・

 

他の部分は貧相な姿という、あまりにもひどいギャップに

 

 

ギャハハハハハハ!!

 

 

ジョセフやポルナレフが大笑いする中・・・

 

承太郎も、口こそ開けないもののなんともかわいらしい笑顔^^

 

 

この笑顔を見ることができるのは・・・

 

単行本第17巻です。

 

承太郎の大笑い場面

 

承太郎が大口開けて大笑いする場面なんて、あるんでしょうか?

 

普段のキャラクターから、全くイメージできませんが・・・

 

あるんです。

 

 

承太郎が大口を開けて大笑いしたのは、「ザ・サン」のスタンドとのバトル中。

 

スタンド使いの本体を見つけることができずに、「ザ・サン」のスタンド能力によって気温がどんどん上がり、50度を超えてしまいます。

 

 

高すぎる気温に汗びっしょりになって耐える中、花京院をはじめとしてジョセフ以外が笑い始め、最後には大笑いします。

 

 

「おい!承太郎 冷静になるんじゃッ!!」

 

ジョセフが呼びかけても、大笑いは止まりません・・・

 

 

しかしそれは、敵のスタンド使いのトリックがあまりにもバカバカしかったことによって生まれた大笑いでした。

 

 

承太郎の大笑いは、単行本18巻で見ることができます。

 

承太郎の笑顔その3

 

承太郎が笑顔になった場面は、まだまだあります。

 

 

エジプトに入り、エジプト9栄神「セト」神とバトルし、勝利した後の話。

 

 

アレッシーのスタンド・セト神の能力から開放されて大人に戻った、地元の女性・マレーナが家から飛び出してきます。

 

子供にさせられていたポルナレフの面影を、おぼろげながら覚えていたようです。

 

 

同じく大人に戻ったポルナレフやピアスを見て、マレーナは「まさか・・・」と何かに気づきはじめます。

 

 

しかし・・・

 

DIOを倒すためにエジプトに来たポルナレフは、他人の振りをしてマレーナに対する思いを振り切ります。

 

 

その男らしい姿を見た承太郎。

 

 

「なにもいうなよ承太郎・・・なにもな」とポルナレフが言うと、

 

承太郎は黙ってポルナレフの肩に手を置き、

 

 

「ニコリ」

 

やさしく笑顔を浮かべます。

 

 

ちなみに、この場面・・・

 

アニメ版ではお互い後ろ向いたアングルで、承太郎の表情は見えませんでした。

 

 

この笑顔は、単行本第22巻で見ることが可能です。

 

承太郎の笑顔、そして瞳には涙が!

 

そして最後は・・・

 

第3部「スターダストクルセイダース」のエンディングで、承太郎は笑顔を見せました。

 

瞳を潤ませながら。

 

 

DIOに勝利したあと・・・

 

空港でポルナレフを見送るとき、別れの前にお互い軽口を叩きあいます。

 

 

承太郎はポルナレフに対して、「忘れたくてもそんなキャラクターしてねえぜ・・・てめーはよ 元気でな」と言いつつ、やさしい笑顔を浮かべます。

 

 

そして、承太郎の瞳が潤んでいました・・・

 

笑顔よりももっとレアな、「承太郎が涙を浮かべる場面」でした。

 

 

この場面は、第3部の最終巻である第28巻で見ることができます。

 

まとめ

 

承太郎の笑顔が見られるのは・・・

 

・第13巻 花京院戦

 

・第17巻 ホイールオブフォーチュン戦

 

・第22巻 アレッシー戦

 

・第28巻 第3部のエピローグ

 

 

承太郎の大笑いが見られるのは・・・

 

・第18巻 ザ・サン戦

 

空条承太郎のショックな最期…6部で死亡した後復活する可能性は?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加