エティハド航空の評判・口コミ。良い評価も欠点もご紹介

エティハド航空の評判・口コミ。良い評価も欠点もご紹介

「エティハド航空」は、アラブ首長国連邦(UAE)を本拠地とする比較的新しい航空会社です。

 

 

日本からは、主にアブダビ・ドバイ・イスタンブール・カイロへ行く方が選択することが多く…

 

特にアブダビへ行く場合は、成田国際空港からの直行便に乗ることが可能です。

 

 

こちらの航空会社を利用したことがある方に、感想をお聞きしました。

 

以下の部分に書かれている評価や口コミを読んで、参考にしてみてください。

「エティハド航空」の評価・口コミをご紹介!

 

アラブ首長国連邦(UAE)の国営航空会社が、「エティハド航空」です。

 

中東以外の国にも行くことができますが、アブダビで乗り継ぐのが基本です。

 

 

そんな「エティハド航空」を実際に使ったことがある人に、感想をいただきました。

 

良かった所と悪かった所、どちらも教えていただきました。

 

スポンサーリンク

 

「エティハド航空」の口コミ・評判1

 

ドバイへ行くために、成田〜アブダビ間でエティハド航空を利用しました。

 

 

往復ともに、10マイル貯まっていた家族のANAマイルを使用。

 

「往復ビジネス=11万マイル、往復エコノミー=7万マイル、片道ビジネスで片道エコノミー=9万マイル」

 

エコノミー往復で7万マイル必要なのに、ビジネス往復が11万マイルなことに驚きました。

 

検討の結果、行きはエコノミー・帰りはビジネスにしました。

 

 

個人的に、「ANAのマイルが使える」「ビジネスのマイルがお得」なのが、エティハド航空の一番良い点です。

 

 

それ以外で良い点は、エコノミーでもアメニティグッズが頂けたこと。

 

黒いポーチに、靴下・耳栓・アイマスク・歯磨きセットが入っています。

 

 

椅子下にマルチの電源があり、日本のプラグをそのまま差し込んで使用可能。

 

変圧器も必要なく、携帯電話・デジカメなどの充電が出来たのは便利でした。

 

 

機内食は和食・洋食・中東風とあり、普通に美味しかったです。

 

朝食にもアイスが付きました。

 

ドリンクは豊富で、ホットチョコレートまであります(ただし味は中東風で、日本人には少々違和感あり)。

 

 

CAさんの制服がエキゾチックで、到着前から異国気分を盛り上げてくれます。

 

 

一番の欠点は、座席が狭いことでしょうか。

 

エコノミー座席配列は、2-4-2。

 

 

エティハド航空HPで見る限りシートピッチはそれほど狭くないように思ったのですが、実際はかなり狭かったです。

 

足が座席に収まりきらない男性もいて辛そうでした。

 

 

個人用モニターはありますが、映画は旧作が多く、日本語字幕は一切なし。

 

音楽チャンネルも、アラビアンミュージックが主体。

 

 

機内誌もアラビア語と英語のみで、アラビア色が前面に出ています。

 

ゲームは言語が関係ないので楽しめますが、自分で何か気晴らしを用意した方がいいかも。

 

 

なおビジネスは個室型でフルフラットになりますが、やはり狭かったです。

 

アメニティグッズは、往路以下のクオリティでがっかり。

 

 

また、アラビア料理に飽きていたので和食を頼んだのですが、大失敗でした。

 

どこの航空会社でも言えることですが、成田便以外の和食は本当に美味しくないです。

 

 

「エティハド航空」の口コミ・評判2

 

スペインへ行くのに、アブダビ経由のエコノミークラスを利用しました。

 

成田〜アブダビ〜マドリードの往復です。

 

 

中東のキャリアと言うことで期待していたのですが、全体的な評価はイマイチ。

 

 

良い点と言えば、とにかく安い点。

 

乗り継ぎとはいえ他に比べかなり安く、これがエティハド航空を選ぶ決め手になりました。

 

 

次は、アメニティが充実している点。

 

エコノミークラスでも、靴下・耳栓・アイマスク・歯ブラシ・歯磨き粉入りのアメニティバックをもらえました。

 

機内にあった首の周りに使えるエア枕は、すごく便利でした!

 

 

USBやコンセントの差し込み口があり、変換器等がなくても使えるので、これも便利でした。

 

 

荷物が32KgまでOKなのも助かります。

 

日系キャリアは20kgが多いですが、お土産を入れるとすぐに超過してしまうので。

 

 

機内食は和食、洋食以外に、アラブ料理もありました。

 

ドリンクは種類も多くて楽しいのですが、マンゴージュースをお願いしたら、「まだ開けてないから」と断られ、オレンジジュースを渡されたのには驚きました。

 

強くマンゴージュースを主張できる人には問題ないかも。

 

 

次に欠点ですが、エンタメのコンテンツが貧困でまいりました。

 

 

数は揃っているのですが、日本語のコンテンツは数本(帰路はゼロ)。

 

しかも古いものばかり。

 

 

寝るだけの人は良いですが、飛行機では眠れない人は、自分でタブレットや本を持ち込むことをお勧めします。

 

 

冷房がかなりキツいと感じたので、上着を用意した方が良いでしょう。

 

飛行時間が長いと、本当に辛いです。

 

トイレが汚いのも、かなりマイナスでした。

 

 

座席も狭いような気がしました。

 

普通のエコノミーよりほんの少し狭いのでは?

 

 

朝4時半にアブダビ着でしたが、免税店が開いていて驚きました。

 

カフェもあったので、5時間あった時間潰しには役立ちます。

 

トランジット待ちの間にドバイ観光したかったのですが、往復2時間弱かかるそうなので諦めました。

 

 

代わりに、空港近くのシェイク・ザイード・グランドモスクへタクシーで行ってきました。

 

朝早かったせいか、約30分でモスク到着。

 

外から見ただけですが、とても綺麗でした。

 

 

以上、「エティハド航空」を実際に利用したことがある方にお聞きした、評判や口コミでした。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック