ETC2.0とは?違いとメリットを説明!

ETC2.0とは?違いとメリットを説明!

全国の高速道路の各料金所を通る際、現金で通行料を支払うには自動車を停める必要がありました。

 

 

車載器を車内に取り付けることで、走行をストップすることなく精算が完了する仕組み。

 

それが、ETC(Electronic Toll Collection Systemの略)です。

 

 

そして近年では、新しいサービス「ETC2.0」がスタート。

 

このETC2.0とは、一体何なのでしょうか?

 

従来のものと比較して、何か違いやメリットがあったりするのでしょうか?

スポンサーリンク

ETC2.0とは?メリットを説明!

 

従来のカーナビよりも進化しているETC2.0とは、2016年から導入されました。

 

 

2.0対応のETCをカーナビに連動させると、遠方での事故や渋滞情報などがすぐ分かるのが大きなメリットです。

 

迂回路を提示してくれるので、渋滞に巻き込まれる事が減ります。

 

 

安全運転支援にも優れており、落下物や急カーブなどの情報を、静止画で事前に知らせてくれます。

 

 

地震が発生した際に、現在の情報を支援情報として提供してくれます。

 

 

首都圏で圏央道を利用すると、都内を走るよりも約2割程料金が安くなるサービスもあります。

 

 

近畿圏においては、大阪市内の高速道路で起点〜終点間を最安料金で走る事が出来ます。

 

料金が安くなるシステムは、順次拡大していく予定です。

 

 

このような機能が付いているのはETC2.0のみで、通常のETCには付いていません。

 

 

現在、料金所を通過する際には20km以下で通過するようになっていますが…

 

今後は一定の速度で通過できるよう、実用化に向け実験が行われています。

 

 

ETC2.0は、古いカーナビとは連動していません。

 

そして、従来のETCは2.0に対応していません。

 

 

自分の持っているカーナビが、2.0に対応しているかどうか?

 

 

見分け方の一つとしては、DSRCやITSスポットの表記の有無でわかります。

 

これが無い場合は、対応していません。

 

 

スマートフォンに専用アプリをインストールしておくと、カーナビと連動しているかのようにスマホ側から同様の情報を提供してくれるサービスがあります。

 

付けられる車両は、自動車や自動二輪です。

 

 

但しこの機能は、今のところAndroid端末のみの対応です。

 

iOSは対応していないか、動作保証対象外です。

 

 

ETC2.0対応のETC車載器は、安いもので価格が13000円〜40000円位と幅広く用意されています。

 

 

料金案内・料金履歴・音声案内・カード抜き忘れ警告・ナビ連動機能などが付いているモデルを選ぶと、値段も高くなります。

 

 

ですが通常のETCと比べると高いですし、中には12V専用の商品もあるので、24V車に付ける場合は注意が必要です。

 

 

ETCを取り付ける際には、セットアップが必要です。

 

 

さらに2.0に対応している場合は、2割程度セットアップ料金が高くなる場合があります。

 

取り付ける際には、事前に取り付け料金を聞いておくと安心です。

 

 

また、「ETC助成金キャンペーン」というものが行われ、期間中にETC車載器を買うと補助金が貰えます。

 

格安になったり、中には無料で手に入る場合も。

 

 

近畿圏では、大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県。

 

首都圏では、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県が対象です。

 

 

しかしこれは期間限定の制度の為、切れている可能性があります。

 

ETC購入時に、あらかじめ聞いてみることを推奨します。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック