カーシェアリングとは?レンタカーとの違いを比較!

カーシェアリングとは?レンタカーとの違いを比較!

近年では、価格の高いマイカーを購入しなくても自動車を気軽に利用できるサービスが増加しています。

 

 

駐車場確保の必要もないため、月極料金の節約にもなります。

 

維持費や車検代がかからないなど、メリットは多いです。

 

 

レンタカーは、昔からあったサービスですが…

 

最近耳にするようになったカーシェアリングとは、一体どんなサービスなのでしょうか?

 

 

これら2つのサービスの違いは何なのか、この記事で比較しています。

スポンサーリンク

カーシェアリングとは?レンタカーとの違いを比較!

 

カーシェアリングとレンタカーは、どちらも必要なときだけ車を借りることができるサービスです。

 

では、2つのサービスには一体どんな違いがあるのでしょうか。

 

 

まず、2つのサービスの大きく異なる点としては、利用時間や料金システムが挙げられます。

 

 

カーシェアリングは10〜15分単位での利用も可能で、買い物や送り迎えなどの目的で短時間だけ利用したいときに便利です。

 

けれども、車を利用するためには会員登録をしなくてはならず、車の利用料金のほかに初期費用や月額基本料金も支払う必要があります。

 

 

さらに、利用料金にガソリン代と保険料があらかじめ含まれている点も、カーシェアリングならではの特徴です。

 

もし給油が必要になったときには、指定のガソリンスタンドへ行けば、専用の給油カードを使って給油することができます。

 

 

またカーシェアリングなら、空いている車両があれば直前の予約も可能となっています。

 

パソコンやスマートフォンから予約でき、毎回手続きのために店舗に足を運ぶ必要はありません。

 

 

直接カーステーションへ行って、ICカードやスマートフォンを使って乗車することができます。

 

利用できる車種は限られていますが、24時間いつでも利用することができる点はメリットの一つです。

 

 

一方で、レンタカーは基本的には短時間のみのレンタルはできず、最短でも6時間からの利用となります。

 

一般的には会員登録をする必要がなく、もし会員登録が必要な会社であっても初期費用や月額基本料金は発生しません。

 

 

月額基本料金がかからないことから、まったく利用しない月がある場合にも無駄な出費をしなくて済みます。

 

ただしレンタカーの場合は、返却時にガソリンを満タンにしておかなくてはいけません。

 

 

また、利用料金とは別に保険代金を支払う必要もあります。

 

 

レンタカーを利用するときにも、予約自体はパソコンやスマートフォンで行えます。

 

ですが実際に車両を借りるためには、店舗へ行って手続きをする必要があります。

 

 

会社によっては24時間営業している場合もありますが、たいていは朝から夜までの営業となっているのが普通です。

 

とはいえ幅広い車種が用意されていますので、車種を自由に選べるほか、喫煙車も用意されているというメリットがあります。

 

 

このように、カーシェアリングとレンタカーにはいろいろな違いがあります。

 

 

どちらのサービスを利用する方がメリットが大きいかに関しては、利用者の車の利用頻度やライフスタイルによっても異なります。

 

ですので、自分にとって最適なサービスを選んで賢く利用しましょう。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック