新幹線の自由席とは?乗車券の買い方と乗り方を説明!

新幹線の自由席とは?乗車券の買い方と乗り方を説明!

新幹線に乗る機会が出来た時、普段利用し慣れていないと…

 

普通列車の場合と、一体何が違うのか?

 

乗車券の買い方がわからない人もいるかもしれません。

 

 

近年は交通系ICカード(Suicaなど)の普及もあり、「切符を買う」行為自体をしなくなった方もいるのではないでしょうか?

 

 

今回の記事では、新幹線の自由席の買い方について説明します。

スポンサーリンク

新幹線の自由席とは?

 

新幹線の座席は、自由席と指定席とに分けられます。

 

より安く利用できるのが、自由席です。

 

 

例えば、東海道新幹線のぞみは1〜3号車が自由席となっています。

 

座席の指定が出来ないため、混雑時は座席を確保できない可能性がありますが、平日の昼間など空いている時間帯では着席できることが多いでしょう。

 

 

年末年始やゴールデンウィークは混雑しますので、確実に着席する必要がある場合は、あらかじめ指定席を買っておく必要があります。

 

新幹線の自由席・乗車券の買い方を説明!

 

新幹線とは普段乗っている通勤電車と違い、高速の優等列車しか走っていない路線です。

 

なので、普段いわゆるきっぷと呼ばれる乗車券とあわせて、新幹線特急券が同時に必要となってきます。

 

 

大きく、2つの買い方があります。

 

 

一番簡単に買うことができる方法は、「自動券売機で、乗車券と新幹線自由席特急券を買うこと」です。

 

 

購入する自動券売機は、都圏のJR駅に設置されている一部の通常の券売機(当日乗車分のみ)。

 

または、むらさき色をした指定席券売機と呼ばれる券売機の2種類です。

 

 

このうち指定席券売機の場合、現金のほかクレジットカードも支払いに使用することができます。

 

 

乗車駅から目的地までの乗車券と特急券を、間違いないように購入しましょう。

 

また、後述するみどりの窓口で並んで買うよりもはるかに早く済みます。

 

 

ただ操作が難しいと感じる人もいるので、少し注意が必要です。

 

乗車券と特急券が1枚に一緒に印刷されているパターンと、2枚別々になっているパターンがあります。

 

しかし、特にその点は気にする必要がありません。

 

 

購入手順の一例は、以下の通り。

 

1. 券売機で新幹線の欄をタッチする

 

2. 路線を選ぶ

 

3. 出発駅と到着駅を選ぶ→自由席ということを再度確認する

 

4. 乗車券も一緒に購入する(乗車券をすでに持っている場合には特急券のみで良い)

 

5. 支払い

 

…という流れです。

 

 

もう一つは、「みどりの窓口にて買うこと」です。

 

 

みどりの窓口とは、JRの主な駅にある発売所です。

 

JR線全線の乗車券や、特急券などが買えます。

 

 

カウンターへ行けば、係員と直接対面して買うことができます。

 

そのため、乗換えのことなどもその場で聞くことができるので、わからない事があっても安心して購入に繋げられます。

 

 

ただ駅にもよりますが、平日の夕方以降や土日祝日などの時間帯は、非常に混雑する可能性が高いです。

 

当日、乗車する間際に購入する場合時間がかかり乗り遅れるリスクがあります。

 

 

また、並ぶことによりストレスも感じてしまいます。

 

 

購入手順の一例は、以下の通りです。

 

1. 係員に、「乗車券と特急券を買いたい旨」を告げる

 

2.「出発駅・目的地」を告げる

 

3.「出発日」を告げる

 

4.「路線」を告げる

 

5. 自由席で良いかと聞かれたら、自由席と答える

 

6. 支払いをして、乗車券と特急券を受け取る

 

以上、2つの購入手順について説明してきました。

 

 

これらのうちどの買い方が一番良いのかは、一概には言えません。

 

 

使う人の年齢・タッチパネルを使い慣れているか・タイミング・利用頻度など…

 

 

自分の場合はどちらがスムーズに手続きを終えられそうかで、購入方法を分けることが最適だと思います。

 

新幹線・自由席の乗車券を払い戻しする方法

 

新幹線の自由席の乗車券を払い戻しできる条件は、有効期限内である必要があります。

 

特急券の有効期限も一日だけなので、その日のうちに手続きを行えば、払い戻しをしてもらうことができます。

 

 

ただし払い戻しをする場合には、乗車券と特急券それぞれに220円。

 

合計で、440円の手数料が必要です。

 

 

手続きはどの駅のみどりの窓口でも大丈夫なので、有効期限が過ぎる前に払い戻しすることをおすすめします。

 

新幹線・自由席の乗り方

 

新幹線の自由席は、券売機などで自由席券を買い求めます。

 

 

駅内の案内表示では、たいてい「自由席:×〜×号車」という表示が出ています。

 

ほとんどの場合、列車編成の最前部または最後部の数車両ですので、ホームの一番端を目がけて行くことになります。

 

 

(たとえば東海道新幹線の場合、博多方面に向かって先頭側の数両です。)

 

 

たいていの場合、乗車待ちの列ができています。

 

短かそうな列を見極めて並んでください。

 

 

車内では、お好みの座席にどうぞ。

 

 

窓側・通路側・トイレに近い側。

 

逆に車両の中央付近で出入りの少なそうな席など、お好み次第です。

 

新幹線の自由席特急券に有効期限はあるのか?

 

乗車券には、その乗車する区間の距離によってそれぞれ違った有効期限が定められています。

 

 

新幹線の自由席特急券の場合は、有効期限が1日(当日限り)と定められています。

 

 

距離によって移動に1日以上掛かる場合のある在来線と違って、九州の鹿児島中央から新大阪・東京・新青森と3回乗り換えるだけです。

 

所要時間約10時間半で北海道の新函館北斗へ着いてしまう新幹線に、2日以上の期限を要する必要は無いからです。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック