デッドニングとは?車に効果はあるのか

デッドニングとは?車に効果はあるのか

車の中で音楽を楽しむために、スピーカーが内蔵されています。

 

音にこだわりのある方や、騒音・雑音が苦手で静かな車内を保ちたい方が、デッドニングを行う傾向が強いです。

 

 

業者に丸ごと頼むと結構費用がかかりなかなか手が出ないことから、ホームセンターなどで材料を自分で購入し、DIYで安く行っている方もいるとのことですが…

 

 

デッドニングとは、具体的にどんな作業を行うものなのでしょうか?

 

そして、実際に防音・制振・吸音の効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

車のデッドニングとは、一体なに?

 

「デッドニング」とは、車に内蔵されているスピーカーの音質を良くするために、ドアに制振処理などを行う作業のことを言います。

 

 

車のスピーカーは、基本的にドアの鉄板部分に取り付けられています。

 

 

ですが、その鉄板にはところどころに穴が開いているので、気密性はあまり高くありません。

 

そこから音が抜けてしまい、気の抜けたような音になってしまう原因になります。

 

 

また鉄板は薄いため振動しやすく、この振動がスピーカーの振動と共鳴することで、ビビリ音という不快なビリビリとした振動やノイズを発生させてしまうこともあります。

 

 

つまり車のドアをスピーカーに見立てると、薄っぺらくあちこちに隙間のあるスピーカーのようなものなのです。

 

 

これではどんなに良いカーオーディオを使っていても、満足する音響効果は得られません。

 

 

そこでドアに制振処理や吸音処理を施し、穴をふさいで気密性を高めるデッドニング処理を施すことで、ドアの共振や音抜けを防止します。

 

そうすることで、臨場感あふれる車内音楽を楽しむことができるようになるわけです。

 

 

またドアの気密性が良くなることで、ロードノイズなど車外の雑音も軽減してくれる効果もあるのです。

 

それにより、車の乗り心地そのものも向上します。

 

 

デッドニングの作業は専門業者に依頼するのが一番ですが、自分でも行うことも一応できます。

 

デッドニング用のキットは、カー用品店やネット通販などで購入できます。

 

 

制振シートや吸音シート、スピーカー用の防音テープ、取り扱い説明書などがセットになっています。

 

その他、ドライバーやハサミ、内装をはがすための工具セットが必要になります。

 

 

業者に依頼すると3〜6万円程度かかりますが、自分で行えば費用は材料費だけなので、1〜2万円程度で済みます。

 

作業時間は数時間ほどですが、慣れてくれば1〜2時間で終わらせることも可能です。

 

 

車内の音にこだわるのであれば、自分で行うにせよ業者に依頼するにせよ、デッドニングに挑戦する価値は十分にあります。

 

より良い音に囲まれた、快適なカーライフを目指してみましょう。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック