FF7・クラウド名言集

FF7・クラウド名言集

 

先日開かれたE3 2015の中で、FF7(ファイナルファンタジー7)のリメイク版が製作決定していました。

 

FF7の主人公・クラウドの口から出た数々の名言をご紹介します。

 

 

クールなイメージのあるクラウドのことだから、それはそれはカッコイイ名言がたくさんあるものだと思っていたのですが…

 

いざ思い出してみると、とんでもない名言ばかりが飛び出してきました。

 

 

一体…

 

クラウドは、どんな名言を口にしたのでしょうか?

 

このページの目次
  1. FF7のクラウド名言集
  2. まとめ

スポンサーリンク

FF7のクラウド名言集

 

FF7(ファイナルファンタジー7)でのクラウドが口にしていた名言。

 

まずは、こちらのクールなセリフから紹介しましょう。

 

「興味ないね」

 

言わずと知れた、クラウドの口から出る定番の名言。

 

「エアリスはもうしゃべらない…」

 

「もう笑わない、泣かない、怒らない。」

 

「おれたちは…どうしたらいい?この痛みをどうしたらいい!?」

 

「指先がチリチリする。口の中はカラカラだ。目の奥が熱いんだ!」

 

エアリスがこの世を去ってしまった直後に、クラウドの口から出た名言です。

 

しかし…この後悲しみに暮れるクラウドは、エアリスに手をかけた張本人・セフィロスによってさらに追い詰められることになってしまいます。

 

「元ソルジャーをなめるな。」
 
「どれだけ物知りか、教えてやる。」

 

「しかも、無料でだ!」

 

初心者の館の入り口にいる男に話しかけたとき、クラウドが素人じゃないと見破られた時に返した名言。

 

なぜか、無料を強調…

 

「…ナントカ」

 

ゴールドソーサーでユフィとクラウドがデート中、観覧者のゴンドラ内でいい雰囲気になったふたり。

 

頬にキスされ、固まってしまうクラウド。

 

 

なにも言わないクラウドに対してユフィが「なんとか言ってよーっ!」と話しかけたときにクラウドが返した名言です。

 

そんなクラウドに怒ったユフィは、ビンタを食らわします。

 

「母さんを…ティファを…村を返せ…」

 

「あんたをそんけいしていたのに…あこがれていたのに…」

 

FF7の物語から5年ほどさかのぼった回想シーン。

 

神羅屋敷に籠ってから人が変わってしまい、あろうことか村を壊滅状態に追い込んでしまったセフィロス。

 

神羅兵時代のクラウドが、セフィロスの背後から一撃をくらわせたときの名言です。

 

 

「元ソルジャー」と名乗りながらも、実際はソルジャーになることができなかったクラウド。

 

そんないち神羅兵に過ぎなかった格下のクラウドに対して、セフィロスは完全に油断してしまっていたのでしょうか?

 

セフィロスは、意外にあっけなく倒されてしまいます。

 

「そう、ティファの部屋にはいったんだ。そこで俺は…」

 

「ピアノを弾いた!」

 

「タンスをしらべた!」

 

「机の上の手紙を読んだ!」

 

セフィロスから手渡された写真を見たクラウド。

 

写真の中には自分の姿はなく、セフィロス・ティファ・ザックスの姿が。

 

その写真を怪しんだクラウドが、自分の中にある記憶を思い出している最中に発した名言です。

 

このことがきっかけで、クラウドは自分の記憶に対して自信がなくなってしまうというシリアスなシーンなのですが…

 

 

異性であるティファの部屋に入って、部屋をあちこち漁っているクラウドにドン引きですw

 

 

「クックックッ…黒マテリア」

 

「クックックッ…メテオよぶ」

 

壁画の間にあらわれたセフィロスが飛び去った後、異変が起きたクラウドが発した名言。

 

このあたりから、セフィロスの思うままにクラウドが動く場面が増え始めます。

 

「ウヘヘヘヘ…俺はなにをした!」

 

セフィロスに操られたクラウドが、黒マテリアをセフィロスに渡してしまったあとに発した名言です。

 

そしてこのあと、錯乱しているのかエアリスに対して危害を加える始末。

 

「俺は!俺はーっ!」

 

 

FF7のリメイク版が出ると決まった今、この場面をPS4クオリティのCGでどう表現されるのか?

 

クラウド役の声優・櫻井孝宏さんがどう演じるのか?

 

 

…そもそも、再現自体されるのか?されないのか?

 

正直、他のどの場面よりも気になります。

 

「ここには女装に必要な何かがある。俺にはわかるんだ」

 

蜜蜂の館を前にした、クラウドの名言。

 

なんか、まるで女装のスペシャリストみたいなセリフを言ってますが…

 

ティファから女装を提案されたときに散々渋っていたわりには、案外すでに女装経験があったりするんでしょうか?w

 

女装の熟練者にしかわからない、何かを嗅ぎつけていたのかも知れません…

 

「神羅のイヌめ!おまえをイヌ質にしてやる!」

 

「これで戦闘員も手を出せまい…」

 

クラウドたちが潜水艦を手に入れようとする場面。

 

神羅側の犬に話しかけた時に、選択肢によってはクラウドの口からこんな名言が飛び出します。

 

 

この潜水艦ミニゲームって、当時のCGの粗さも手伝ってかやたら見づらかった覚えがあります。

 

リメイク版FF7のCGなら、もっと見やすくなるのでしょうか?

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

クールなイメージが強いクラウドですが、ネタのような名言もかなり多いですね…

 

 

FF7本編を知らずにクラウドを好きになった女性ファンが知ったら、思わず悲鳴をあげてしまいそうです。

 

もし、リメイク版FF7でこれらの名言(迷言?)がそのまま再現されるなんてことがあったとしたら…

 

長い間抱いていたイメージを壊したクラウドに幻滅してしまったりするのでしょうか?

 

セフィロスの名言集【FF7・FFAC・DFF・DDFF】

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加