ゴルベーザの素顔・中身の画像を暴露!担当声優はデスノートのあの人

ゴルベーザの素顔・中身の画像を暴露!担当声優はデスノートのあの人

 

FF4において、セシル達に度々妨害行為を仕掛けてきたライバル的な存在が、ゴルベーザです。

 

 

後にゼムスに洗脳されていたことが発覚し、それを解いた月の民・フースーヤと行動を共にします。

 

 

漆黒の甲冑に身を包み顔には兜をつけ、肝心の中身は全く見えない状態。

 

彼の素顔って、一体どのような感じなのでしょうか?

 

 

実は、彼が素顔で登場していた作品があったのです。

 

 

この記事には、FF4のゴルベーザに関する情報を載せました。

 

スポンサーリンク

FF4・ゴルベーザの素顔と中身を画像ではなく動画で暴露!

 

FF4のゴルベーザは、DS版において「セオドール」という本名が明かされています。

 

 

常に真っ黒な鎧や兜に隠されていたせいで、中身が見えませんでした。

 

ディシディアなど関連作品で再登場することもありますが、それでも素顔は発覚していません。

 

 

そんな中…

 

1つだけ、ゴルベーザの素顔や鎧の中身が見える状態で登場していた作品があったのです!

 

 

その作品は、「ファイナルファンタジーIV ジ・アフターイヤーズ 月の帰還」。

 

内容はタイトルの通りFF4の後日談となっていて、Wii、PSP、スマホアプリ版がリリースされています。

 

 

ゴルベーザが一体どんな素顔なのか気になりますが、ネットからの拾い画像を貼ると色々問題があるため、公式のものを探してみると…

 

 

YouYTube内にあるスクウェアエニックスの公式チャンネルから、とある動画を発見しました。

 

 

スマホアプリ版「ファイナルファンタジーIV ジ・アフターイヤーズ 月の帰還」の予告動画の中で、ゴルベーザの素顔を拝むことが出来ました。

 

出てくるタイミングは、動画が始まって1分36秒あたり。

 

 

重そうな鎧を脱いだ、その中身は…

 

 

ボスキャラを務めていただけあり、筋肉隆々で強そうな印象。

 

 

肌の色は、全身浅黒いです。

 

弟・セシルの肌は白いので、本来の肌の色ではなく日焼けしたのでしょうか?

 

 

肩の位置を超えるほどの長髪で、弟のセシルと同じ銀髪。

 

白髪ではないと思いますが…

 

 

そして最も驚いたのが、その露出度。

 

 

上半身は裸で、下はミニスカ?短パン?

 

ここまで素肌を見せる面積の多さには驚きました。

 

 

名セリフ「いいですとも!」同様、ここでもゴルベーザの意外性を発見できました。

 

 

素肌にマントという、現実に見たらちょっと引いてしまう格好ではあります。

 

昔のファンタジーものの世界だと、屈強な戦士にありがちな姿ではあったのですが。

 

 

むしろこっちが、本当のゴルベーザ様?

 

肌や鍛えた肉体をできるだけ多く出したがり、目上の人に対しては敬語を使う礼儀正しさ。

 

 

ゼムスに洗脳されていた時は、素顔も肌も見せないほどガチガチの鎧に身を包んでいました。

 

しかしそれは、あくまでもゼムスが悪の騎士風の姿に仕立て上げていたに過ぎないのかもしれません。

 

 

そして実はもうひとつ、DS版のFF4でもゴルベーザの素顔が見られますが…

 

それはあくまでも、少年時代のセオドール(ゴルベーザ)。

 

 

ラスボス・ゼロムスを倒した後にセシルが仲間たちに促され「さよなら、兄さん…!」とお別れの言葉を述べます。

 

ゴルベーザの姿が、軽装の少年に変わるのです。

 

 

あくまでもイメージであり、この時実際に鎧や兜を脱いでいたわけではないでしょうけど。

 

 

この姿は子供の頃にセシルが見たセオドールの姿であり、今のゴルベーザの素顔ではありません。

 

ゴルベーザを担当する声優は、デスノートにも出演していたこの人!

 

FF4のリメイク版やディシディアといった比較的新しい作品には、キャラに声が当てられています。

 

ゴルベーザの声を担当していた人は誰か?というと…

 

 

俳優の鹿賀丈史さんです。

 

 

スーパーファミコン版のFF4をリアルタイムでプレイしていた世代の人には、これだけで説明不要かもしれません。

 

 

テレビ番組「料理の鉄人」において「私の記憶が確かならば…」というお馴染みのセリフを言っていたあの人です。

 

 

劇団四季出身の俳優で、多くのドラマや映画作品に出演しています。

 

 

ベテランの俳優なため、関わっている作品数も膨大。

 

なので、代表作を一つにしぼることは難しいです。

 

 

名前を聞いて、比較的顔を思いつきやすい役とはいえば…

 

これらでしょうか。

 

・NHK大河ドラマ「西郷どん」島津斉興

 

・「怪物くん」怪物大王

 

・「ブラックジャックによろしく」安富良之

 

・「警部補 古畑任三郎」「振り返れば奴がいる」中川淳一

 

・「西遊記(香取慎吾版)」金角大王

 

・「謎解きはディナーのあとで」海原真之介

 

・「料理の鉄人」美食アカデミー主宰(司会)

 

・「デスノート」「デスノート the Last name」夜神総一郎

 

鹿賀丈史さんは、実写版デスノートで夜神月の父であり警視総監の夜神総一郎役を演じていました。

 

舞台「デスノート The Musical」でも、同じ役(夜神総一郎)で出演しています。

 

 

舞台活動もさかんで、同じく劇団四季出身の俳優・市村正親さんとの共演が多いです。

 

長年「レ・ミゼラブル」のジャベール役を担当し続けていました。

 

 

鹿賀丈史さんが主演を務めているミュージカルの、公開稽古の動画を発見。

 

 

比較的有名な作品にしぼって、鹿賀丈史さんの出演作品を挙げてみましょう。

 

・NHK大河ドラマ「黄金の日日」高山右近

 

・NHK大河ドラマ「徳川家康」石田三成

 

・NHK大河ドラマ「翔ぶが如く」大久保利通

 

・「静かなるドン」鳴戸竜次

 

・「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」本郷大作

 

・「家族ゲーム」吉本義明

 

・「野獣死すべし」真田徹夫

 

・「悪霊島」金田一耕助

 

・「ウルトラマンゼアス」悪神亜久馬(ベンゼン星人)

 

・「アンダルシア 女神の報復」「外交官 黒田康作」安藤庸介

 

・「忍たま乱太郎」斉藤幸隆

 

・「劇場版ポケットモンスター・ルギア爆誕」ジラルダン

 

・「劇場版ソードアートオンライン・オーディナルスケール」重村教授

 

・ほか、2時間ドラマ多数

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加