Netflix(ネットフリックス)おすすめ日本アニメランキング・ベスト10!

Netflix(ネットフリックス)おすすめ日本アニメランキング・ベスト10!

 

新しい動画配信サイト「ネットフリックス(Netflix/ネトフリ)」が、映像作品好きの間で普及してきています。

 

 

外資のサービスだったり、オリジナルの海外ドラマが配信されていることもあり…

 

どうしても「海外ドラマ」や「洋画」のイメージが強く残っているこちらのサービス。

 

 

一方で、日本のアニメもたくさん配信されています。

 

それも、中高生から上の年代でも十分楽しめる大人向けのアニメが揃っています。

 

 

こうしたアニメをテレビで観ようと思ったら…

 

深夜にしか流れていなかったり、地方では全く観る手段がなかったりするのが難点です。

 

 

ですので、ネットの配信サイトで大人向けの日本アニメをすぐに観られるのは嬉しいですよね。

 

 

多くのアニメ作品の中からどれを選ぼうかわからない人に向けて、「ネットフリックス(Netflix/ネトフリ)」でおすすめする作品をご紹介しましょう。

 

実際にアニメを観ている人に尋ねてみました。

 

参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

この記事を書いた時点で人気の高い作品順に、ランキング形式によってご紹介します。

 

 

今「ネットフリックス(Netflix/ネトフリ)」に入っている方はもちろんのこと、今後入ろうと考えている方もどうぞ。

 

スポンサーリンク

「ネットフリックス(Netflix/ネトフリ)」で配信されている日本アニメの中でおすすめの作品ランキング・ベスト10!

 

10位 ふしぎの海のナディア

 

「ふしぎの海のナディア」は冒険アニメ的なおもしろさもあったのですが、そのタイトルから予想していたよりもハードなシーンがしばしばありました。

 

そういったシーンが少年時代に見た時に印象に残ったというのが主な感想です。

 

 

特に第十五話で、ジャンというナディアのボーイフレンドが仲良くなった青年が、猛毒ガスが充満した場所に取り残されました。

 

助けようとすると外にいる人間たちまで犠牲になってしまうということで、泣く泣く見ごろしにせざるを得なくなるシーンは、戦いの厳しさを良く表した名シーンだと思いました。

 

9位 化物語

 

アニメ「化物語」は独特の世界観と雰囲気で織り成されている物語で、主人公とヒロイン達が「怪異」と呼ばれるものが巻き起こす現象を解決していくストーリーです。

 

 

魅力あふれるヒロイン達と、頼りないように見えて誰よりも芯の強い主人公が生み出す世界観に、いつの間にか引き込まれてしまいました。

 

 

妖怪が現れてただ単に倒して終わり…という既存の作品とは違い、様々な方向からの解決法が提示され、予想が付きにくいところも魅力の1つです。

 

 

お色気部分も含まれているので誰にでもおすすめできる作品ではないのですが、中高生以上であれば問題ないでしょう。

 

8位 Fate/Zero

 

Fate/Zeroは、恋愛要素が強かった前作Fate/StayNightとは全く異なりダーク・ファンタジーとなっています。

 

 

過去を振り返ってばかりいることの虚しさや、人間の汚さ。

 

自分が間違っていたことに気付いた時にはもう手遅れだった、という絶望感など…

 

「いろいろと考えさせられる、大人向けのアニメ」というのが率直な感想です。

 

 

CGで迫力のあるバトルシーンやキャラクターのカッコよさ・可愛さもさることながら…

 

単なるダーク・ファンタジーとは一線を画す、その独特の世界観に引き込まれました。

 

7位 シュタインズゲート

 

アニメ版の「シュタインズゲート」でとくに印象に残る場面は、やはり物語の中盤でヒロインのまゆしぃが桐生萌郁らの集団に襲撃されて絶命するところでしょう。

 

 

それまではタイムマシンを偶然に造ってしまうなどの描写はあるものの、秋葉原で仲間との平和な日常生活を比較的淡々と描いていたのです。

 

一転して人が、それもヒロインが突然しんでしまうというショッキングな場面が襲ってきただけに、その衝撃は相当なものでした。

 

6位 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

 

「あの花現象」なるものが噂されてから見た私。

 

最初は長ったらしい題名だなくらいの感想しかもっていなかったのに、見始めたらグイグイひきこまれてしまいました。

 

 

めんまの可愛さは、まぁ置いといて。

 

あなるの見た目とは裏腹の純情さにも、心のときめきが止められません。

 

主人公の主人公らしからぬ陰々滅々とした感じも、共感を覚えられます。

 

 

タイトルにもある「あの日」というワードのように…

 

登場人物達が少しずつ置き去りにしていた過去への思いを徐々に達成していく様に、感動で涙してしまいます。

 

さらっと感動できるアニメとは、まさにこのことかもしれません。

 

5位 魔法少女まどかマギカ

 

アニメ「魔法少女まどかマギカ」は…

 

第1話を見た時と、その後の話を見たときでガラリと感想が変わる物語でした。

 

 

最初見たときは、かわいい女の子たちが魔法を使って戦うスタンダードな物語だと思っていたのですが…

 

進むにつれてどんどん雲行きが怪しくなっていき、ついに第3話で衝撃的な展開を迎えます。

 

 

その後は、少女たちの心の葛藤や戦いが描かれていて…

 

どうしようもない絶望感を感じながらもつい見入ってしまうような展開で、様々なことを考えさせられるようなアニメでした。

 

 

4位 ソードアートオンライン

 

「ソードアートオンライン」という作品は、一度はゲームの中に入って戦ってみたいという人々の夢を上手に描きだした良作だと思います。

 

 

見て一番印象に残っている所は…

 

SAO攻略の最終対決の時に、アスナがキリトをかばってかわりに切られてしまったところですね。

 

 

体がしびれているのに、愛する人がしぬところなんて見たくないという気持ちだけで剣先に飛び込んだわけで…

 

愛の凄さというか、想いの強さが現れた行動だと思います。

 

 

最終的に助かって、本当に安心しました。

 

月並みな感想ですが、アスナとキリトは本当に二人で幸せになって欲しいと思います。

 

3位 キルラキル

 

「キルラキル」を最初に観た時は、独特な作風に戸惑いました。

 

 

設定が「セーラー服を着て強くなる」という点から、お色気アニメ?と感想を持っていました。

 

全体的にコメディー色が強すぎるかな?と序盤はダラけてしまったものの…

 

後半からのバトルにひきこまれていきました。

 

 

とにかく、最近のアニメにしてはよく動きます。

 

絵柄のアクの強さも、迫力を増すのに一役買っている気もします。

 

 

後半も、要所要所にギャグっぽさは残していました。

 

最初こそ苦手と思っていた、その演出だったのですが…

 

それがあるからこそ、一気に観ても飽きずにいられる要因なのだと気づかされました。

 

 

登場するボスキャラまで、主人公以上にキワドい格好になるのもまた一興。

 

バトル・ギャグ・お色気のバランスがとれた作品でした。

 

2位 ペルソナ4

 

「ペルソナ4」は元々ゲームですでにプレイしていたので…

 

ほぼ忠実にゲームに沿った内容だったこともあり、とても分かりやすいストーリーでした。

 

 

個人的には、もう少しアニメならではのオリジナルエピソードも入れてもらえるとありがたかったのですが…

 

全体で20話ちょっとしか尺が無かったので、仕方のないことかも知れません。

 

 

限られた中で一通りのストーリーを放送してくれたので、良くまとまっているという印象を受けました。

 

 

ゲームに登場していた各キャラクターたちの特徴は、もちろんアニメでも忠実に再現されています。

 

ゲームの中の音楽がアニメの中で効果的に使われているなど、ゲームをプレイしたことのある人であればより楽しめますが…

 

 

アニメ単体でも完成度が高い作品ですので、未プレイの人でも十分楽しむことができます。

 

1位 シドニアの騎士

 

原作をうまく忠実に再現してくれている、との感想を持ちました。

 

 

原作の漫画を描かれている弐瓶先生は、立体重層構造の未来都市をたいへん丁寧に細かく描かれる漫画家ですが…

 

それをアニメ版でもきちんと再現してくれていて、嬉しかったです。

 

 

アニメ版「シドニアの騎士」の声優の皆さんも、原作の雰囲気によく合わせて演じられていると思います。

 

 

人間光合成の色合いも一工夫あり良いと感じました。

 

第三期以降も放映されるのかはわかりませんが、制作が決定されることを期待しています。

 

 

「ネットフリックス(Netflix/ネトフリ)」で配信されている日本のアニメ作品のうち、おすすめのランキング・ベスト10でした。

 

ちょっとした暇な時間を活用して、この中で興味がわいた作品をお試しで観てはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加