蔵馬VS鴉の勝敗結果とトリートメントシーンが何話か気になる人へ

蔵馬VS鴉の勝敗結果とトリートメントシーンが何話か気になる人へ

 

幽遊白書の人気キャラ、蔵馬。

 

彼が暗黒武術会の決勝戦で戦った相手が、鴉でした。

 

 

二人は試合前に接触する機会があり、実力では格上の鴉にかなわないことを思い知らされます。

 

 

鴉の姿を見失った蔵馬。

 

いつの間にか背後に立たれ、自分の髪の毛を触られます。

 

その際、あの名台詞が。

 

 

この出来事以来、鴉は蔵馬に対する執着を強めたらしく…

 

決勝戦の試合中にも、その歪んだ愛情を開放したセリフが続々と生まれていました。

 

 

この記事には、二人に関する情報を載せています。

 

スポンサーリンク

幽遊白書のトリートメントシーンって、何話だった?

 

暗黒武術会編で蔵馬と鴉が直接会話した、初めてのシーン。

 

当時の読者に強烈な印象を残したセリフが、これでした。

 

 

「少々髪が痛んでいる」

 

「トリートメントはしているか?」

 

 

このシーンは、以下の話で確認することができます。

 

・原作漫画の第88話「強者の論理!!」

 

・アニメ版の51話「宿命の対決!戸愚呂の影」

 

蔵馬VS鴉戦の勝敗結果って、どういった流れで決まってたっけ?

 

暗黒武術会の決勝戦・第一試合。

 

 

浦飯チームからは、蔵馬が。

 

戸愚呂チームからは、鴉がリングに上がりました。

 

 

試合の序盤は追い詰められるも妖狐化し、その後形勢逆転した蔵馬。

 

しかし時間経過により、妖狐から南野秀一の姿に戻ってしまいます。

 

 

マッディボムで足を攻撃され、移動が不可能に。

 

周囲を爆弾で囲まれ、じわじわと全身にダメージを受け続けてダウンしてしまいます。

 

 

カウントをし始めた樹里に対し、鴉は「カウントなど必要ない」と遮りましたが…

 

その後も、カウントは続いていました。

 

 

蔵馬が立ち上がらないまま、お互いに戦いを続行。

 

鴉は爆弾の攻撃を続行し、蔵馬は吸血植物を召喚します。

 

 

本来南野秀一の体では力不足なのか、魔界の植物を呼べません。

 

蔵馬は、自分の命と引き換えに召喚することを覚悟します。

 

 

事前に仕込んだシマネキ草の種により出血していた部分に、吸血植物が群がり…

 

血を吸いつくされた鴉は、絶命。

 

 

命がけの攻撃をした蔵馬は目を覚まし、生き延びます。

 

 

彼の勝利と思われたのですが…

 

なんと、負け!

 

 

なぜかというと、蔵馬がダウンした状態で立ち上がらずに攻撃していたから。

 

その間に樹里が10カウントを数え終わったため、ルール上は蔵馬の負けとなってしまったのです。

 

蔵馬と鴉が関わっている話。アニメと漫画では何話だった?

 

蔵馬と鴉。

 

彼らが関わっている話は、決して多くはありません。

 

 

初めて単独で会話したのも、決勝戦が始まる寸前のことでした。

 

 

浦飯チームは一戦一戦が危機的状況で、メンバーが全員揃わないのがほとんど。

 

一方戸愚呂チームはシード扱いなうえに、試合も無傷で勝ち上がります。

 

 

遥かに格上の相手から高みの見物をされていたので、直接関わっていないのも無理はありません。

 

 

蔵馬と鴉が関わったのは、以下の「トリートメントシーン」と「決勝戦の試合」のみ。

 

トリートメントシーン

 

・原作漫画の第88話「強者の論理!!」

 

・アニメの51話「宿命の対決!戸愚呂の影」

 

決勝戦

 

・原作漫画の95話「見えない技!!」

 

・原作漫画の96話「秘技応酬!!」

 

・原作漫画の97話「身を捨てて…!!」

 

・アニメの55話「爆烈!目覚めた妖狐」

 

・アニメの56話「決死の蔵馬!最後の手段」

 

幽遊白書の文庫版・完全版・単行本の違いを解説!おまけの書き下ろしは読むべきか

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加