バケモノの子・熊徹(くまてつ)のその後。最後は死んだのか解説!

バケモノの子・熊徹(くまてつ)のその後。最後は死んだのか解説!

 

アニメ映画「バケモノの子」のラストシーンは、熊徹(くまてつ)が自宅の屋上で笑うところで終わっています。

 

しかし彼は付喪神に転生しているので、元の姿には戻れないはず。

 

 

あの意味って、一体なんだったのでしょうか?

 

九太の中にいた、イメージでしかなかったのか…

 

 

やはり熊徹自身は肉体の無い存在になって、死んだのでしょうか?

 

 

物語のネタバレにも繋がりますので、読む場合は注意してください。

 

スポンサーリンク

アニメ映画「バケモノの子」熊徹(くまてつ)のその後。最後はやはり死んだのか解説!

 

細田守監督のアニメ映画「バケモノの子」。

 

闘技場のシーンでは、熊徹(くまてつ)が一郎彦の攻撃によって致命傷を受けてしまいます。

 

 

その後一郎彦は闇に取り込まれ、人間界の渋谷に現れました。

 

傷ついた体を引きずりながら、宗師さまにあることを願い出るのです。

 

 

それは、付喪神に転生すること。

 

自分も宗師になったため、資格は得ていたのです。

 

 

「神に転生したら戻れない」との言葉に対しても、一切迷いがありませんでした。

 

 

九太と一郎彦が繰り広げる最後の戦いの中、大太刀に転生した姿で現れます。

 

それを胸の中の剣として自分の中に取り込んだ、九太。

 

 

胸の中の足りないものを埋めて、半端者同士が一心同体に。

 

 

一郎彦との戦いが終わり、その後熊徹はどうなったのでしょうか?

 

 

元の姿に戻れなくなった、ということは…

 

やはり転生した瞬間、死んだと解釈するべきなのでしょうか?

 

 

熊徹の意識はすでに無い。

 

二人で交わした会話は、あくまでも九太が描いたイメージ中の出来事に過ぎないのでしょうか?

 

 

アニメだと、わかりづらいですよね。

 

 

「すでに亡くなった重要人物がイメージの中で現れて、主人公を励ます」

 

こういった流れは、過去に出た漫画やアニメなどでは定番の流れとなっているので。

 

 

本当は生きているのか?

 

実はもう死んでいるが、九太の心の中のイメージとして生き続けているのか?

 

 

小説版では、若干わかりやすく説明されていました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バケモノの子 (角川文庫) [ 細田守 ]
価格:604円(税込、送料無料) (2018/7/18時点)


 

九太と取り込まれた熊徹が会話している最中、鯨(一郎太)が襲ってくるシーンがあります。

 

 

アニメを観ていると、九太自身が力を発揮して跳ね返しているように見えます。

 

 

しかし小説版では、こう表現されていました。

 

「胸の中の熊徹は、付喪神の力で闇を跳ね返す」と。

 

 

つまり、九太自身の意思で跳ね返したわけではない模様。

 

 

ということは、この時点では熊徹自身の意識があるとも解釈出来ます。

 

 

つまり、九太の心の中だけのイメージ・幻では無いようです。

 

 

さらに、二人が会話するシーンがありました。

 

それは、戦いが済んだ後。

 

 

早朝の渋谷で、二人はいつものような喧嘩口調のやり取りをしていました。

 

しかし実際の見た目は、胸のあたりに手を添えている九太ひとり。

 

 

この場面も、もうこの世にいない熊徹とイメージの中で会話しているように受け取れます。

 

 

「俺のやる事を、そこで黙ってみてろ」

 

「おう、見せてもらおうじゃねえか」

 

 

受け取りようによっては、お別れの言葉にも受け取れます。

 

この後、熊徹が旅立っていったようにも。

 

 

これは、さすがに曲解過ぎますかね。

 

 

ちなみに小説版では、渋谷の朝に交わされた二人の会話の中でこう説明されていました。

 

 

「実体を失うかわりに、九太の胸の中に納まった」

 

「神様になっても、熊徹は熊徹」

 

「二人の会話は、ちっとも変わらない」

 

 

これを見る限りでは、元の肉体は死んだのかもしれませんが…

 

熊徹は付喪神として、九太の中で生き続けているように解釈できます。

 

 

元のバケモノの姿には戻れず、以前のような生活は無理ですが…

 

今後も、人生を共にするのではないでしょうか?

 

アニメ「バケモノの子」の最後。渋天街のイベントでは、何のお祝いをしていたのか?

 

全てが解決した後、渋天街ではお祝いイベントのようなものが開催。

 

戻ってきた九太を、大勢の住人が祝福していました。

 

 

九太の凱旋イベント?

 

でも、戦いがあったのは人間の世界で、渋天街には関係ないはず?

 

 

一体、何を祝っていたイベントだったのか?

 

というと…

 

 

小説版によれば、やはり「九太を祝う宴」だと書かれていました。

 

 

鯨の影響は、渋天街にも振動という形で現れていたのだそう。

 

その原因を取り除いた功績者として、九太祝うことにしたのです。

 

 

本来は、宗師になった熊徹を祝う宴だったのですが。

 

転生した彼のかわりに弟子が引き受けろ、と言いくるめられたのでした。

 

バケモノの子・声優一覧!下手でひどいって本当?小栗旬は何役

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加