時をかける少女・自転車のブレーキなしで止める方法を考察!二人乗りはいかんでしょ…

時をかける少女・自転車のブレーキなしで止める方法を考察!二人乗りはいかんでしょ…

 

アニメ映画「時をかける少女」といえば、タイムリープでも淡い恋愛でもない。

 

 

「自転車による大惨事」です!

 

 

作中にスピード感を与えるためなのでしょうが、あの坂であのスピードで走るとか…

 

普通に迷惑、というか怖すぎる。

 

 

「毎朝すいません〜」って…

 

毎日そんな危険運転してんのかよ。

 

 

しかも、当たり前のようにカップルの二人乗りシーンが挿入されるという。

 

雰囲気作り?とはいえ、これもどうなのか…

 

 

しかも横座りという、命知らずのデスゲームを自ら実践。

 

せめて、前の人に掴まっときなさいよ…

 

 

スピード狂に、二人乗り。

 

自転車に乗って危険運転中の彼らに、不幸が訪れます。

 

 

坂道走行中にブレーキが効かなくなり、踏切に侵入。

 

電車に衝突…という結末。

 

 

しかし実際、ああいった時はどう対処すればいいのでしょうか?

 

ブレーキが壊れた場合でも止める方法なんてあるのか?

 

 

考察してみました。

 

あくまでも考察でしかなく、実践は一切していません。

 

スポンサーリンク

時をかける少女・自転車のブレーキが壊れて場合、止める方法なんてあるの?

 

アニメ映画「時をかける少女」の作中では…

 

紺野真琴や津田功介&藤谷果穂カップルが、電車に激突する未来が語られていました。

 

 

タイムリープで時間を戻しているものの、一度は起こった惨事なのです。

 

 

坂の下に踏切がある街って、実際にモデルがあるのかわかりませんが…

 

もしあったとして、真琴のように自転車に乗ってノーブレーキで走る気にはなりません。

 

 

通行人も多いのに。

 

彼らは日々、真琴の事をどう思いながら通勤・通学していたのか…

 

あのスピードで衝突したら、普通に大怪我するでしょう。

 

 

そんな暴走自転車のブレーキが壊れて、止まらなくなってしまったら…

 

どうやって対処すればいいのでしょうか?

 

 

※以下の内容はあくまでも故人の頭の中で考えた妄想・考察に過ぎません。

 

 

実践は、一切していません。

 

事故や怪我などがあっても一切責任を負いませんので、ご了承ください。

 

 

もっとも自分だったら、自転車から降りて押してますけどね。

 

「人多い」「結構急な坂」という時点で。

 

足をつけて踏ん張る?

 

とっさに出来そうな手段といえば、これでしょうか。

 

 

とにかく地面に足をつけ、靴底全体で止める。

 

 

かなり靴底は減ってしまうでしょうが、命には替えられません。

 

穴までは開かないと思うのですが、それは靴の種類にもよるか。

 

 

これだけで完全に止まることが出来るかは、正直言って厳しいかもしれません。

 

でも、スピードを和らげる程度ならありえるかも。

 

 

結果、時をかける少女の本編のように…

 

「遮断器に激突」「踏切内に投げ出される」といった、最悪の展開は避けられる可能性はあります。

 

 

生きるか死ぬかの状況に陥ったら、出来ることをするしかない。

 

 

足で踏ん張る時の姿勢はどうすればいいのかも、重要だとは思うのですが。

 

試していないため、考察に留まります。

 

 

坂道で前のめり姿勢になるのはそもそも危険ですし、重心が前にあるからスピードも落ちにくそう。

 

やはり、後ろへ体を反る形になるでしょうか?

 

 

脚を曲げたりあせって足を付けたら、勢いで地面に弾かれる気がしますから…

 

脚をピンと伸ばして、ゆっくり靴底だけを地面にピッタリ付けてゆくイメージか。

 

 

自転車は二輪だから、あまりテクニカルな止め方は万人向けじゃない気がするんですよね。

 

バランスを崩して転倒、大怪我する可能性もありますし。

 

両方の足の裏(靴底)で、前輪を挟んで止める?

 

こちらは、最後の手段とも言うべき選択。

 

かなり人を選びますし、リスクも伴います。

 

 

ペダルから足を離して、靴底で自転車の前輪を挟む。

 

直にタイヤを押さえつけることで、強引に勢いを止めるというもの。

 

 

決して、万人におすすめ出来る方法ではありません。

 

運動神経にも左右されるでしょうから、これを試して何かあっても責任持てません。

 

 

不安定な二輪の自転車で不自然な姿勢になるのは、かなり危険だと思います。

 

バランスの良さが無いと、左右どちらかに倒れて大怪我もありうる。

 

 

なにより、無理やり前輪を止めることで後輪が浮いてしまわないか?

 

 

不安です。

 

まさに、時をかける少女の本編で起こったあの感じ。

 

 

平地を走行中ならスピードにも限界がありますし、それほど難しくないと思います。

 

平地ならね。

 

 

でも…

 

坂道でスピードがつき過ぎ、タイヤの回転が早すぎる状況ではどうか?

 

 

「時をかける少女」の中で、坂道でブレーキが壊れた時のあの状況。

 

 

今までに経験していないスピードだと、かなり不安定になることが予想できます。

 

「ブレーキが壊れている」という、心理状態もかなり不安定な中で。

 

 

ハンドルを必死に握りしめて、バランスとるのが精一杯な状況。

 

そんな中、両脚を上げて前輪に持っていけるのか…?

 

 

しかも止めようとしているタイヤは、今まで見たこと無いほどの速さで回転中。

 

これ、止められるの?

 

 

想像してみましたが…

 

自分には無理!

 

 

以上、完全なる机上の空論を勝手に述べました。

 

 

実証するためにお試しする気には、全くなりません。

 

絶対に真似しないでください。

 

 

ただ…

 

「もしやらなければ、命が危ない」という状況に追い込まれたら、どうするか?

 

 

(※あくまでも想像上の話ですから、うまくいく保証はありません。)

 

・まず両足で地面を踏ん張り、ギリギリまでスピードを弱める。

 

・それでも止まりきらなかったら、両足で前輪を挟んで止める。

 

ある程度スピードが弱まっていなければ、直接タイヤを止める気にはならないんですよね。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加