BLEACHの鬼道で最強の能力は?使用キャラを考察!

BLEACHの鬼道で最強の能力は?使用キャラを考察!

 

人気漫画「BLEACH」でお目にかかれる能力のひとつに、「鬼道」があります。

 

攻撃に特化した「破道」と、主に防御面が強い「縛道」の2種類に分かれています。

 

 

作中で披露されていた鬼道の中で、最強なのってどれなのでしょう?

 

 

この作品を読んだことがあるという人たちに、使用するキャラと共に教えてもらうことができました。

スポンサーリンク

ブリーチで最強の鬼道と能力は?どの技かをファンが議論!

 

BLEACHで最強だと思う鬼道と使用キャラ・一人目の意見

 

BLEACHで登場する、数ある鬼道の中で最強の鬼道は、縛道の九十九二番「卍禁」でしょう。

 

 

三つから成る、この鬼道。

 

 

初曲「止繃」では、巨大な布を対象に巻き付けて対象の動きを止めます。

 

弐曲「百連閂」では、数十本の鉄串が対象を突き刺して固定。

 

終曲「卍禁大封」で卍の模様が刻まれた巨大な碑石が降りかかり、対象を圧し潰す。

 

 

これら三つで、1セットの縛道です。

 

 

それぞれに詠唱が必要になりますが、詠唱破棄のできる死神であれば、瞬時に発動が可能になります。

 

この卍禁は縛道において珍しく、捕縛と攻撃を兼ね備えていて、どんなに攻撃力のある破道よりも確実に対象を捕まえて仕留められます。

 

 

攻撃主体の破道は単純に強攻撃だけのものが多く、当たれば致命傷になったとしても、回避されてしまえば無傷で終わってしまいます。

 

しかし、捕縛したのちに攻撃するこの卍禁の場合、まずは捕縛を解除しなければ攻撃は絶対に回避できません。

 

 

それに何より、九十番台の鬼道は往々にして強いのも通例。

 

 

戦闘時や対象によっては、戦闘場所の条件や敵の得手不得手も関係してくるので…

 

一概に数字が大きければ強い、とも限らないかもしれませんが。

 

 

この卍禁に限っては、場所の条件や敵の得手不得手など関係なく捕縛し攻撃できるので、最強と言っても過言ではないはず。

 

 

最終章では、裏鬼道なるものや鬼道が効かない敵も出てきました。

 

ですが、そういった事を抜きにすれば、縛道の九十九二番「卍禁」が最強です。

 

 

BLEACHで最強だと思う鬼道と使用キャラ・二人目の意見

 

握菱鉄裁が使う縛道の九十九 第二番「卍禁の卍禁太封」が、最強と思われます。

 

 

BLEACHでは鬼道の強さは数字の大きさで表されていて、一番から九十番台までしかありません。

 

その中で最も大きな数字は九九ですので、当然この技が最強ということになるでしょう。

 

 

技の流れを説明しますと、卍の模様が刻まれた巨大な碑石が降りかかって、あっという間に圧し潰されることになります。

 

縛道として最強の技ですが、攻撃として使えるものとなっていますから、正に最強の技ということになるでしょう。

 

 

使える人も、作中ではたった2人。

 

あまりにも強い技ですから、浦原喜助クラスの者でなければ、習得することも難しいのでしょう。

 

(浦原は、ゲーム版でのみ使用)

 

 

このことから見ても、最強の鬼道と考えてもいいのではないでしょうか。

 

 

最強の番号である九十九番がついていて、その中には初曲・弐曲・終曲と段階があるのです。

 

その中でも終曲となれば、これが最も強いものと考える他ないでしょう。

 

 

鬼道は番号でその強さがはっきりと分かりやすく設定されているので、この技が一番強いことは疑いありません。

 

 

捕らえることを目的とした縛道でありながら、あまりの技の強さの為に圧し潰してしまう。

 

そんなある意味本末転倒な技にまで昇華してしまっているのが、面白いところです。

 

 

BLEACHで最強だと思う鬼道と使用キャラ・三人目の意見

 

BLEACHにおける最強の鬼道は縛道の九十九第二番、卍禁の終局である卍禁太封でしょう。

 

 

鬼道の強さは数字の大きさで示されるようになっていて、一番から九十九番まであります。

 

数字が最も大きいものがこの技になりますから、これ以外にはありません。

 

 

この九十九第二番の中でも、終局はまさに最後の究極の技とのことですから、これが最強です。

 

 

この技は、鬼道の中でも「敵を捕らえるために使用する縛道でありながら、敵を圧し潰す」という、最早目的を逸脱したものとなっています。

 

 

潰してしまっては、本来の目的を達成しないのではないか?とも思えますが。

 

あまりにも強い技なので、そうなってしまうのでしょう。

 

 

縛道でありながら攻撃の技としても成り立つところに、この技の凄さが表れています。

 

相手を生きたまま捕らえるだけではなく、潰してしまってでも動けない状態にするということなのかもしれません。

 

 

縛道というと、細い縄のようなものが出てきてそれが敵を絡めとるイメージを抱きます。

 

この卍禁太封は絡めとるという概念ではなく圧し潰すというものになっています。

 

 

相手の命のあるなしに関わらず、相手の動きを止めてしまう圧倒的な技です。

 

そのため、鬼道の中でも最強と言ってもいい技といえるでしょう。

 

 

数ある鬼道の攻撃系の技と比較しても、これ以上の物はお目にかかれません。

 

まさに、最強の名にふさわしい技です。

 

 

以上、BLEACHファンの意見をいくつかご紹介しました。

 

 

技やキャラに関する最強論を語る場合、大抵は意見が別れるものですが…

 

鬼道に関しては、全員「縛道の九十九 第二番 卍禁(ばんきん)」で一致した模様。

 

 

もともと「数字が大きいものほど、強い」という設定があったため、わかりやすいと言えばそうなのですが。

 

BLEACH・草鹿やちるの正体とは?最後どうなったのか

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック