瀬田宗次郎のモデルは誰?負けたその後は

瀬田宗次郎のモデルは誰?負けたその後は

 

るろうに剣心「京都編」で、志々雄真実が率いる十本刀のひとりとして立ちはだかるのが、瀬田宗次郎でした。

 

別名「天剣の宗次郎」。

 

るろうに剣心が連載していた当時から、今もなお人気キャラナンバーワンとして君臨しています。

 

 

実写映画版では神木隆之介さんが演じ、これ以上ない配役だと絶賛されました。

 

原作漫画のファンも納得のキャスティングだったようですね。

 

 

瀬田宗次郎って、誰かモデルになった人物がいるのでしょうか?

 

 

また、瀬田宗次郎が笑顔を絶やさないことには過去が関係しているというのですが…

 

一体、どういった過去なのでしょうか?

 

 

さらに、剣心との勝負に敗れ志々雄一派が壊滅したあと…

 

瀬田宗次郎はその後北海道へ向かったというのは本当でしょうか?

 

 

調べてみることにしました。

 

スポンサーリンク

瀬田宗次郎のモデルって、一体誰?

 

るろうに剣心に登場するキャラクターは、実在の人物からゲームのキャラクターまで誰かしらモデルが存在します。

 

瀬田宗次郎にも、誰かモデルになった人物がいるのでしょうか?

 

 

瀬田宗次郎のモデルは…

 

幕末の武士、新選組一番隊組長である沖田総司なのだそうです!

 

 

また、司馬遼太郎の小説である「新選組血風録」もモデルとなっているのだそうです。

 

 

沖田総司は、フィクションにおいては常にイケメンの青年して描かれてきました。

 

彼をモデルにした瀬田宗次郎も、やはり女性人気ナンバーワンのキャラとして君臨しています。

 

瀬田宗次郎が笑顔を絶やさない理由は、過去にあった

 

どんな状況でも常に穏やかな笑顔を絶やさない、瀬田宗次郎。

 

一見すると爽やかなイケメンと感じさせるのですが…

 

 

シリアスな状況になると一変して鋭い目つきになります。

 

異様な強さが相まって、ある意味不気味さも感じさせる強敵として読者の印象に強く残りました。

 

 

しかし…

 

瀬田宗次郎が笑顔を絶やさないのには、悲しい過去がありました。

 

そして、ある事件をきっかけに志々雄真と行動を共にするようになるのです。

 

 

瀬田宗次郎は愛人の子であったことから、幼少の時から親戚の一家かた疎まれながら育ちました。

 

ひどい虐待を受け続けるという、ひどい待遇。

 

親戚一家の怒りを買わないように、自身の感情を封印する意味でも常に愛想笑いを浮かべるようになったのだそうです。

 

 

その後、ある事件が起きます。

 

逃走中の志々雄真が、瀬田宗次郎の目の前にあらわれるのです。

 

 

志々雄真は最初、瀬田宗次郎の命を奪おうとしていたのですが…

 

瀬田宗次郎は、自分の意思とは別に愛想笑いを浮かべてしまうのです。

 

 

そのことを志々雄真に指摘された瀬田宗次郎は、動揺。

 

しかし…志々雄真は、逆にそんな瀬田宗次郎に興味がわくのでした。

 

 

志々雄真をかくまったことにより、瀬田宗次郎は家族に命を奪われそうになります。

 

しかし、逆に彼らを返り討ち。

 

志々雄真の一番弟子として行動を共にするようになるのです。

 

 

こういった悲しい過去から…

 

志々雄真を命の恩人だと信じ、「弱肉強食」を真理だと信じて、自分で思考することをやめるようになります…

 

 

瀬田宗次郎はその後は北海道編に出る予定だった?

 

志々雄真が倒され、志々雄一派の野望が崩れます。

 

志々雄真自身は駒形由美とともに最期を迎え、地獄で天下を獲るために動き出すところで出番が終わっています。

 

 

志々雄一派のほとんどは捕まり、投獄されていますが…

 

瀬田宗次郎のその後については、くわしく描かれていませんでした。

 

 

彼はその後、どうなったのでしょうか?

 

 

瀬田宗次郎は緋村剣心に敗れたあと志々雄真に天翔龍閃の正体を伝え、かつて志々雄真から受け取った脇差を返却。

 

志々雄一派へ別れを告げました。

 

 

その後、志々雄一派のメンバーのように命を落としたり捕まるといったこともなく…

 

今で言うところの、「自分探しの旅」へ出たのだそうです。

 

 

とは言っても、私たちのように平和な時代に生きている人間がする自分探しの旅とは違うかもしれません。

 

なにせ瀬田宗次郎は、幼い頃から自分自身の感情を消しながら生きてきたわけですから…

 

 

その後るろうに剣心の連載が続いていれば、「北海道編」という新しいエピソードが始まり…

 

なんと、緋村剣心たちの仲間に加わるという構想があったのだそうです!

 

 

しかし…

 

残念ながらそれが叶うことなく、るろうに剣心の原作漫画連載は終了してしまっています。

 

まとめ

 

・瀬田宗次郎のモデルは、幕末の武士で新選組一番隊組長の沖田総司。

 

・司馬遼太郎の小説「新選組血風録」もモデルとなっている。

 

・瀬田宗次郎が常に笑顔な理由は、幼いころに親戚一家から虐げられながら育ったため。生き残るための処世術として、無意識に愛想笑いを浮かべるようになった。

 

・緋村剣心に敗れたその後は、志々雄一派を自ら脱退。自分探しの旅に出た。

 

・もしるろうに剣心が北海道編まで続いていたら、瀬田宗次郎が仲間に加わるという構想があった。

 

るろうに剣心・登場人物のモデル(四乃森蒼紫・志々雄真実・比古清十郎)

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加