パラッパラッパーがアプリになる可能性・配信日はいつ?

パラッパラッパーがアプリになる可能性・配信日はいつ?

 

PS版用のゲームソフトとして生まれた人気ゲームが、「パラッパラッパー」です。

 

 

いわゆる「音ゲー」と呼ばれるジャンルに含まれる作品なのですが…

 

キャラクターの可愛さや独特の世界観が人気を呼び、普段ゲームや音ゲーをしない層にも愛されました。

 

 

指示されたタイミングでボタンを押す、というシンプルなルールによって人を選ばず楽しむことができたのですが…

 

スマホのアプリゲームとしてリリースされる予定はあるのでしょうか?

 

もしされるとすれば、配信日はいつになるのでしょうか?

スポンサーリンク


音ゲー「パラッパラッパー」とは?

 

パラッパラッパーは、1996年12月6日にソニー・コンピューターエンターテインメントが発売した音楽ゲームです。

 

プレイステーションに対応しており、2001年はプレイステーション2で遊べる続編のパラッパラッパー2も登場しました。

 

 

1999年には外伝となるウンジャマ・ラミーを制作し、2001年にはアニメ化しています。

 

 

2006年にPSPでも遊べるようになり、2013年にはプレイステーション3やVITAのプレスタにも登場したことで、多くの人が知っているゲームとなりました。

 

 

基本的に音楽に合わせてボタンを押すというシンプルなゲームで、BGMの多くがラップ曲です。

 

お手本となる先生を超えたラップができると、COOL状態となって1人でラップするのでリズム感だけでなく臨機応変な対応も求められます。

 

 

パラッパラッパーの主人公はパラッパという犬っぽい男の子です。

 

妄想とサニーが大好きで、ヒーローになりたいと考えています。

 

 

パラッパの親友のPJベリーは食べることや寝ることが好きでのんびりとしていますが、夜になるとクラブでかっこいいDJへと変貌します。

 

 

サニーは明るくて可愛い花の女の子で、サニーのためなら何でもできるパラッパの気持ちに気づいていません。

 

 

先生には玉ねぎやカエル、ニワトリなどユニークなキャラクターが揃っています。

 

 

一度クリアしたステージは、2度目からはCOOL状態になることでクリアしたことになり、マスターコースに進みます。

 

マスターコースでの1人ラップでは、ボタンをひたすら連打すれば得点に響きますが、かっこよくプレイしたい人は自分のリズム感を信じるしかありません。

 

 

COOL状態でステージをクリアすれば、通常のクリアとは違ったムービーが公開されます。

 

 

全ステージをCOOL状態でクリアすれば、サニーがお立ち台で踊る姿が見られます。

 

 

ステージをGOODで終えると、今後COOL状態になる可能性があります。

 

慣れないうちはアドリブを入れないのが良いです。

 

パラッパラッパーのアプリが作られる可能性はある?配信日はいつなのか?

 

音楽やタイミングに合わせてボタンを押す…というパラッパラッパーの簡単なルールは、そのままスマホアプリゲームに使うことができそうですよね。

 

 

実際、すでにタップやフリックするという操作を利用した音ゲーが多数配信されています。

 

 

なので、パラッパラッパーのアプリ版を作るのも難しくはなさそうなのですが…

 

なぜか、配信されていません。

 

 

パラッパラッパーシリーズを販売していたのは、ソニー・コンピュータエンタテインメントでした。

 

 

ソニーといえば、ゲーム機のプレイステーション1〜4を販売してきた会社です。

 

WiiUや3DSを販売している任天堂もそうですが…

 

ゲーム機を持っているメーカーは、自社の作品をスマホアプリ化させることには慎重な姿勢のようです。

 

 

グーグル(アンドロイド)やアップル(アイフォン)が仕切っている場所でスマホアプリを配信したところで、あまり得しないのかも知れません。

 

 

今後、パラッパラッパーがスマホアプリ化に関する情報や配信日といった情報がわかりましたら…

 

この記事にも、情報を追加するつもりです!

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加