Steamの支払い方法・ゲームの買い方

Steamの支払い方法・ゲームの買い方

 

PCでプレイできるゲームを配信しているサイトが、Valve Corporationの「Steam(スチーム)」です。

 

 

ここでしか購入できない、膨大な数のゲームが配信中。

 

有名ゲーム会社も参入しており、パッケージ商品よりも遥かに安い価格で売られているのも特徴です。

 

 

セールもあり、ただでさえ安価で提供されているゲームがさらに安い価格で購入できてしまいます。

 

 

さて、当然Steamで配信されているゲームを購入するには、支払い方法を知っておく必要があるのですが…

 

一体、どのような方法が存在するのでしょうか?

 

 

この記事では、数種類のゲームの買い方をご紹介していますので、参考になさってください。

スポンサーリンク


「Steam」配信ゲームの買い方と支払い方法をご紹介!

 

Steamの支払い方法は、クレジットカードを登録するのが基本となりますが、Steamウォレットにチャージした分で支払うこともできます。

 

 

しかし、ここにチャージするためには、専門サイトでコードを注文する必要があります。

 

これについては、「Steamウォレット」で検索すれば、すぐに見つけることができるでしょう。

 

 

Steamウォレットでは決まった金額からチャージする分を選ぶことになりますが、そのためには、まず専門サイトのアカウントを作成する必要があります。

 

 

この段階で支払い方法を「銀行」か「コンビニ」のいずれかから選ぶことになりますが…

 

銀行の場合は、営業日の都合上「土曜日・日曜日・祝日などに、支払いが確定しない」という問題点があるため、コンビニ支払いを選ぶことが推奨されます。

 

 

注文が確定すると「お客様番号」と「確認番号」が表示されるため、これを控えて銀行のATMかコンビニのチケット発券機で購入手続きを行います。

 

この時、銀行であれば銀行に応じた振込手数料、コンビニでも180円の手数料がかかる点には注意する必要があります。

 

 

入金が確認されると、アカウント作成時に指定したメールアドレスにウォレットコードが届くため、これを入力すればチャージが完了します。

 

 

後は、チャージした金額分で欲しい商品を購入すればよいのです。

 

 

また、コンビニで販売しているWebMoneyを利用することもできます。

 

この場合は、購入したWebMoneyの裏面をスクラッチしてプリペイド番号を確認。

 

自分のSteamのアカウントの支払い方法で「WebMoney」を選んだ後、プリペイド番号を入力することになります。

 

 

こちらの方が、よりお勧めできる手段と言えるでしょう。

 

専門サイトにアカウントを作成する必要がなく、振り込み手続きをせずに済むうえ、手数料もかからないためです。

 

 

しかしクレジットカードを持っているのであれば、これを利用するのが最も効率的です。

 

 

なぜならば、クレジットカードであれば即座に決済が終了するため、コンビニなどに出かけたりコードなどを入力したりする必要もないためです。

 

これは、「欲しい思った商品をその場で購入して、すぐに起動させることができる」ということを意味しています。

 

 

これらのことからすると、クレジットカードを持っているのであれば、やはりこれを利用するのが最もよいです。

 

他の手段は、「クレジットカードを持っていない」あるいは「使いたくない」」場合に利用するのが適切であると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加