ロト6の買い方!スマホ・コンビニ・銀行のATMで購入する方法

ロト6の買い方!スマホ・コンビニ・銀行のATMで購入する方法

 

ロト6は、宝くじのようにただ券を購入すればいいわけではなく、自分で数字を選んで記入する必要があります。

 

初めて挑戦する人にとって、この点はハードルが高いと思われます。

 

 

実はその手間を省くために、数字をコンピュータに自動で選んでもらうシステムがあるのをご存知でしょうか?

 

 

また、ロト6の買い方は宝くじ売り場だけではありません。

 

スマホを使ってネットで購入したり、コンビニや銀行のATMで買えたりもします。

 

 

それぞれの買い方を検討して、自分に合った購入方法を見つけてみてください。

 

スポンサーリンク

ロト6とは何か?

 

ロト6とは何か?というと…

 

1から43の数字の中から重複しないように好きな数字を6個選んで購入する、宝くじの一種です。

 

 

理論上、1等では最高2億円になる可能性があります。

 

さらにキャリーオーバーが発生すれば、1等で最高6億円もの当選金額となります。

 

 

価格は、1口200円です。

 

 

年末年始などを除き、原則1年中午前8時から午後8時まで購入することが可能です。

 

抽選日の月曜日と木曜日は午後6時30分までなので、注意が必要です。

 

 

ロト6の抽選方法ですが、6個の本数字と1個のボーナス数字が発表されます。

 

選んだ数字と一致している数で、1等から5等までの当選が決定します。

 

 

当選金額は一定ではなく、各回の発売総額と当選口数によって変わるのが特徴です。

 

 

ロト6の1等が高額の当選金額になる場合があるのは、キャリーオーバー制によるものです。

 

 

該当するのは、当選者が存在しない等級の当選金総額や一口あたりの当選金が、決められた最高額を超えている場合。

 

超過額は、次回の1等当せん金に繰り越されます。

 

ロト6・宝くじ売り場での買い方

 

ロト6を申し込むには、専用の申込カードに記入しなくてはいけません。

 

宝くじ売り場で申込カードをもらい、記入します。

 

 

ロト6の申込カードには、AからEまで5つの枠があります。

 

1枚で、最大5パターンの数字を申し込むことができます。

 

 

それぞれの枠の中から6つの数字を選び、鉛筆やボールペンでマークをします。

 

 

数字を太い線で消すイメージで、マークします。

 

あまり大きくはみ出ているとエラーとなりますので、丁寧に記入しましょう。

 

 

ロト6は6つの数字を選択する宝くじですから、7つ以上マークしたり足りない場合も無効なりますので、注意が必要です。

 

 

間違えてしまった場合は、それぞれの枠の右下にある「取消」をマークします。

 

 

数字を自分で決めない場合は、各枠の右側中央にある「クイックピック」をマークすると、コンピューターが自動で数字を決めてくれます。

 

 

数字を決めてマークしたら、口数と継続回数を記入します。

 

 

1口・1回で良ければ、そのまま何も記入しなくて大丈夫です。

 

 

申込カードの右側にある「各口数」と「継続回数」に、それぞれの数をマークします。

 

それぞれ、最大10口・10回まで選んで申し込めます。

 

 

AからEまでの複数の枠をマークしている場合、すべての枠の口数と継続回数が同じものになりますので、ここでも注意が必要です。

 

そのため、各枠の口数や継続回数を異なったものにしたい場合は、複数の申込カードに記入する必要があります。

 

 

以上で、ロト6の申込カードへの記入は終了です。

 

あとは宝くじ売り場へカードを持って行き、精算するだけです。

 

ロト6・スマホを使ったネットでの買い方!

 

ロト6は、スマホなどを使いネットで購入することが出来ます。

 

 

販売元にもよりますが…

 

あらかじめ所定のネットバンキングの口座を開設しているか、購入時にネットバンキングの申し込みをする必要があります。

 

 

買い方は、非常に簡単です。

 

「43個の数字の中から6個の数字を、自身で選ぶ」か「コンピューターが任意の数字を選ぶ、クイックピック」を選択するだけです。

 

 

口数と継続回数を、選択することが出来ます。

 

同じ数字で複数回買いたいという場合には、買いたい回数分を継続回数として設定するようにしましょう。

 

 

ネットで購入する場合、24時間いつでも購入することが出来ます。

 

 

ですが、「平日・午後6時30分〜翌朝午前8時まで」か「土日・午後8時〜翌朝午前8時まで」の間に購入手続きを行った分は、予約扱いとなります。

 

また、システムメンテナンス時にも利用することは出来ません。

 

 

決済手段は、インターネットバンキングからの引落しとなります。

 

当選した場合の当選金の受取方法は、購入した金融機関の口座に振り込まれることになります。

 

 

銀行窓口に行くことなく自動的に振り込まれますので、手間と時間を節約することが出来ます。

 

また、他の人に当選したということを知られずに済むことも、メリットといえるでしょう。

 

 

当落の結果については、販売元のホームページにてすぐに確認することが出来ます。

 

ホームページにアクセスすることが面倒に感じる場合には、スマートフォンのアプリを利用することで、知ることが出来ます。

 

ロト6・コンビニでの買い方!

 

ロト6は購入可能な手段や場所が幅広い宝くじの1つですが、コンビニでも購入可能なところがあります。

 

ただ、コンビニでの買い方については注意すべき点があります。

 

 

まず、購入先は一部の大手チェーンに限られます。

 

更に、全ての店舗が対象となっている訳ではありません。

 

 

従って、店頭の販売促進POP等の確認・Web等での事前調査をして置いた方が、確実であると言えます。

 

 

また、他の宝くじでは店内設置の端末で購入手続きが可能なケースが見られます。

 

しかしロト6に関しては、店員を介してのレジでの手続きを経る必要があります。

 

 

またそれに伴って、決済手段は現金かコンビニ発行のポイントに拠る事となります。

 

つまり、クレジットカードや銀行口座での決済等は使えないという訳です。

 

 

購入する手順については、他の窓口の場合と変わる事はありません。

 

自分で数字をマークしての購入や、数字選択を機械に一任するクイックピック、口数や継続回数を選択しての纏め買いも可能です。

 

 

取り扱い時間は、8〜20時の間となっています。

 

抽選日である月曜・木曜については、18時30分までの取り扱いとなります。

 

 

店舗によっては若干取り扱いの時間が異なるので、この点も事前確認が望ましいです。

 

 

当選金の受け取りについても、10万円以下であればレジでの手続きが可能です。

 

その際には、当選したくじと本人確認書類(運転免許証等)の提示が必要となり、現金での受け取りが可能です。

 

 

10万円超の場合には信用金庫や取次店を介しなければならず、必要なものとして印鑑が加わります。

 

ロト6・銀行ATMでの買い方

 

ATM宝くじサービスでロト6を購入する場合、まずは取り扱っている銀行のATM機へ向います。

 

 

取引画面上の「宝くじのご購入」ボタンを押してください。

 

 

次に、預金の出し入れの際と同様にATMにキャッシュカードを入れて、暗証番号を入力してください。

 

購入できる宝くじの一覧が表示されるので、その中から「ロト6」を選択します。

 

 

宝くじ販売窓口と同じように、「すべて自分で数字を選ぶ」か「クイック1000(ワイド)」か「クイック1000(ロング)」の中から選ぶことが出来ます。

 

 

機械が数字を自動選択するクイック1000に関しては、口数と回数を選択する必要はありません。

 

 

自分で数字を選ぶ場合のみ、5通りのくじ番号を選択する画面に移り、1枠ずつ数字を入力していきます。

 

 

ロト6の場合は最大5通りの枠、回数は10回までを選ぶことが出来ます。

 

 

選択した内容に誤りがない場合は「決定」ボタンを押して、内容の確認画面にうつります。

 

 

その画面に、くじごとの数字列と回数・合計金額が表示されます。

 

ここで確認ボタンを押すと、いよいよ実際の取引に進みます。

 

 

宝くじ購入の際には、ATM時間外手数料や宝くじ購入手数料はかかりません。

 

 

なお、ATM宝くじサービスを利用してロト6を購入した場合は、当選した場合の受け取り手続きが不要となっています。

 

原則として、抽せん日から2窓口営業日(平日)後までに、購入金の引落口座に自動的に振り込まれるので大変便利です。

 

 

画面のレイアウトは銀行やATMの機種により異なりますが、手順に大きな違いはありません。

 

ロト6の買い方・クイックピックとは?

 

ロト6などの数字選択式の宝くじは、自分で数字を選ぶことができる点が楽しみの一つではあります。

 

ただ、決めかねてしまったり初心者の方の中には買うのをためらう場合もあると思います。

 

 

クイックピックとは、そのような時におすすめしたい方法です。

 

 

やり方は簡単で、購入申し込みのマークシートに数字をマークせずに、クイックピックの欄にマークするだけ。

 

 

コンピューターが自動的に数字を選んでくれるので、純粋にくじ運が試されるわけです。

 

普通の宝くじを購入する感覚で気軽にロト6を購入することが可能です。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加