セブンブリッジのやり方!ルールと上がり方を簡単に説明!

セブンブリッジのやり方!ルールと上がり方を簡単に説明!

 

「セブンブリッジ」というトランプゲームを、知っているでしょうか?

 

 

人によってはほとんど馴染みが無く…

 

名前を聞いただけではどんなゲーム内容か?

 

ルールや上がり方など、全く想像できないかもしれません。

 

 

この記事では、そんなセブンブリッジのやり方を、できるだけ簡単に説明しています。

 

どうぞ参考にしてください。

スポンサーリンク

セブンブリッジのやり方・ルールや上がり方を、できるだけ簡単に説明!

 

セブンブリッジは、役を作りながら誰よりも早く上がった人が勝ちという、シンプルでいて試行要素が強いトランプゲームの一つです。

 

 

特定の役を作る点では、麻雀に似たゲームと言えます。

 

 

カードを引いては捨てながら、勝つ組み合わせを作ることを目的としたゲームです。

 

参加人数は3人から4人程度、使用するカードはジョーカーを除く52枚です。

 

 

セブンブリッジのルールと進め方としては、ジャンケンなどで親を決めて1枚ずつカードを裏側向きにして配り、一人が7枚もつように配ります。

 

 

残りのカードは中央に裏側にして積み重ねておき、これを山札とします。

 

親から順番に山札から1枚めくり、手持ちの中から1枚いらないと思うカードを捨てていきます。

 

 

手札の中に同じ数字のカードが3枚以上の組み合わせ、もしくは同じマークで連続するカード三枚以上の組み合わせがあった場合には、

 

それらのカードを場に設けられたエリアに移し、公開することができます。

 

 

そのほかにも、セブンブリッジでは7のカードは単独で1枚だけでも、エリアへ移して公開することができます。

 

そして7と同じマークの6もしくは8があれば、2枚以上でも公開することができます。

 

 

この公開された自分やほかのプレーヤーのカードに、自分が持っているカードを付け加えることもできます。

 

 

もしもほかのプレーヤーが捨てたカードと自分の手札を合わせることによって、同じカードが三枚になる場合には「ポン」と宣言して、捨てられているカードを拾いましょう。

 

 

そしてできた役のカードをエリアに公開して、いらないカードを1枚捨てます。

 

 

また、右隣の人が捨てたカードと自分の手札を合わせることによって同じマークで連続する3枚になる場合には、「チー」と宣言して捨てられカードを拾うことができます。

 

 

そこでできた役のカードをエリアに移して公開し、再びいらないカードを1枚捨てます。

 

 

順番に山札から1枚引いて、手持ちのいらないカードを1枚捨てて交代することを繰り返していきます。

 

 

同じように参加者がみんな一巡し、2巡目に入ってからポンやチーを狙えるようになります。

 

もしも誰かがポンをしたら順番が飛び、ポンと宣言した次の人へと順番が移ることになります。

 

 

もしも山札がなくなったら、場に捨てたトランプをよく切り山札にしましょう。

 

 

手持ちの札を全て出し切り、手持ちのカードが全てなくなった人が勝利となります。

 

山札が二度なくなった場合には、手持ちのカードの枚数によって勝敗が決まります。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加