PUBGとH1Z1の違いとは?

PUBGとH1Z1の違いとは?

 

Steamで販売中の人気ゲームに、「H1Z1」と「PUBG(PLAYERUNKNOWNS BATTLEGROUND)」があります。

 

 

どちらも銃を携えて生き残りを賭けて戦う、バトルロイヤル・サバイバル要素がメインの作品なのですが…

 

これら2つには、どのような違いがあるのでしょうか?

 

 

「H1Z1は、ゾンビが出没する世界で生き残るゲーム」

 

「PUBG(ピーユービージー)は、ドン勝食べるまで生き残るゲーム」

 

 

これら以外の違いについて説明していますので…

 

購入を検討している場合は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「H1Z1」と「PUBG(ピーユービージー)」の違いとは?

 

PCでプレイできる、Steamで販売中のゲームが「H1Z1」と「PUBG(ピーユービージー)」です。

 

日本人にとって両者の違いで大きいのは、「公式で日本語対応されているかどうか?」です。

 

 

PUBGの場合はゲーム内の言語が日本語化されており、武器の説明やパラメーターなど全て日本語で表示されています。

 

 

そのため、パッと画面を見ただけで文字から情報を読み取れるので、ストレスを感じません。

 

プレイ中に戸惑うことがないので、戦闘に集中することができます。

 

 

H1Z1は、公式で日本語化されていません。

 

ですから、ゲーム中に表示されるのは全て英語になるので、慣れていないと文字から情報を読み取るのが難しくなります。

 

 

また、日本語対応されていないデメリットは、プレイ中だけではありません。

 

サポートも日本語では受けられないので、バグの報告やアップデート内容なども全て英語になります。

 

 

ゲームに出てくる敵も、両者では違います。

 

 

PUBGは100名が生き残りをかけて(ドン勝駆けて)戦うゲームですが、H1Z1は人間だけでなくゾンビも敵となります。

 

170名でバトルロイヤルを行うので、敵だけでなく規模も違うと言えるでしょう。

 

 

バトルロイヤルに参加する最大人数が違うことにより、最後の1人まで生き残るのは難しくなっています。

 

 

また、両者はゲーム性にも違いが見られて、PUBGは戦略的であると言われています。

 

 

最初に飛行機から降下する、タイミングや位置。

 

武器やアタッチメントの選択。

 

そして、移動する場所など…

 

 

立ち回りや戦略を考えながら、一つ一つの行動を決めていかなければいけません。

 

 

それ対してH1Z1は、戦略性は低いです。

 

なにも考えず目の前の敵を倒していくだけで、ある程度は生き残ることができます。

 

 

戦略性が低いと物足りないと感じられがちですが、遊ぶときに分かりやすいメリットにもなっています。

 

 

PUBGをパソコンで遊ぶためには、CPUやグラフィックボードに高い性能が必要です。

 

 

性能が低いパソコンだとゲームを楽しめないこともあるので、低スペックのパソコンを使っている人には厳しくなっています。

 

しかしパソコンのスペックが求められる分、美しいグラフィックでゲームを楽しむことが可能です。

 

 

一方H1Z1は、比較的低スペックのパソコンでも遊べます。

 

 

少し前のパソコンや安価な機種でも遊ぶことができるので、高性能なゲーミングパソコンを持っていなくても問題ありません。

 

グラフィックなどで見劣りはしますが、比較しなければ気にするほどではないでしょう。

 

 

このようにPUBGとH1Z1は同じジャンルですが、様々な部分に違いがあります。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加