スプラトゥーン2の最強の武器は?おすすめのブキを評価(Splatoon2攻略)

スプラトゥーン2の最強の武器は?おすすめのブキを評価(Splatoon2攻略)

スプラトゥーン2(Splatoon2)における、現時点で最強の武器って何なのでしょうか?

 

このゲームをプレイ中の人達に、それぞれおすすめのブキを評価してもらいましょう。

スポンサーリンク


スプラトゥーン2攻略・最強の武器ってどれなの?

 

Splatoon2おすすめのブキを評価・一人目の意見

 

スプラトゥーン2(Splatoon2)で強いブキ(武器)は、「スプラシューターコラボ」です。

 

万能型なので、あらゆる場面に対応できます。

 

 

射程が長く塗りの性能も高く、サブ・スペシャル・キル確定数の性能も高水準です。

 

バトル中の様々な場面にこれ一本で対応できるので、非常に強力なものとなっています。

 

 

ランク4で入手できるブキ(武器)でありながら、初心者から上級者まで使用できるので、誰にでもおすすめできるでしょう。

 

 

ただし、相手の射程が長いとボムしか使えなくなるので、その場合はインクの残量には気をつけましょう。

 

 

ランク6で入手できる「プロモデラーMG」は、塗り性能が非常に高いです。

 

連射速度も速いので、不利な状況も巻き返すことができます。

 

 

また、プロモデラーMGのカーリングボムラッシュは、動きが読まれにくいスペシャルです。

 

スペシャルを使いつつ接近して攻撃できるので、相手にとっては厄介な攻撃になります。

 

 

スプラトゥーン2は、相手を倒せなくても塗って貢献できるゲームです。

 

ゲームに慣れていないうちは、バトルでプロモデラーMGを使うのが良いでしょう。

 

 

塗りより相手を倒して貢献したいなら、「ヒッセン」が強いです。

 

これはキル性能が高く、接近戦に強いブキ(武器)となっています。

 

 

また、弱めの塗り性能に関しても、高低差を無視して塗れる特徴があります。

 

この塗りを活かしつつ、クイックボムも使いながら前線で立ち回れば、相手をキルして活躍できるでしょう。

 

 

入手できるのはランク15になってからですが、塗りより相手を倒すことを優先するならヒッセンです。

 

 

スプラトゥーン2(Splatoon2)のゲーム開始当初から使える「わかばシューター」も、初期の武器としては強いです。

 

射程が短くインクもバラつきやすいですが、塗り性能は高くなっています。

 

 

バトル中に塗って塗りまくれば他のメンバーに貢献できるので、強いブキが手に入るまでは、これを使っていくのが良いでしょう。

 

 

Splatoon2おすすめのブキを評価・二人目の意見

 

スプラトゥーン2(Splatoon2)では、強い武器が戦局を握っています。

 

ゲーム中にはCランクからS+ランクまでのブキが登場しますが、ランクが高いほど強力な効果を発揮します。

 

 

これらの中から、最も強力なS+ランクの中でおすすめのブキ(武器)の名前を挙げていきます。

 

 

まずは、「スプラシューターコラボ」です。

 

 

高い水準でバランスのとれたブキ(武器)で、序盤で入手できます。

 

上級者の使用率も高く、人気があります。

 

 

圧倒的な塗り能力と連射速度で、ナワバリやガチマッチで威力を発揮するのが「プロモデラーMG」です。

 

 

塗り性能が高いので、足場を固めて相手を翻弄します。

 

キューバンボムとカーリングボムラッシュで、接近戦に持ち込んで追い込みましょう。

 

 

キル性能が高くて前線で活躍できるのが、「ヒッセン」です。

 

 

クイボとインクアーマーを持つ強力なブキで、得意の接近戦にもちこんで敵を攪乱することができます。

 

塗り性能は低いですが、キル性能の高さで前線を維持しましょう。

 

 

ブラスターの中で最長の射程と連射力を持つのが、「ラピッドブラスター」です。

 

相手の足場を奪い、優位に立ち回れる武器です。

 

 

しかしインクを直撃させても一撃では相手を倒せないので、接近戦や狭い場所での立ち回りには向いていません。

 

ラピッドブラスターの性能を存分に発揮するには、やはり中距離戦が向いています。

 

 

射程と先端の爆発は、とても強力です。

 

爆発に驚いた敵を追い込むような戦い方も有効です。

 

 

接近戦に特化したブキ(武器)といえば、「スパッタリー」です。

 

 

素早いスライドで敵を翻弄するのが基本です。

 

回避後のキル速度が極めて速く、様々なルールで大活躍します。

 

 

しかし遠い距離では性能を発揮することができませんので、とにかく接近戦に誘い込むのが最優先です。

 

接近戦にもちこむことができれば、確実に敵を仕留めることが可能となります。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加