ノアドラゴン/ノアドラの倒し方と吸収対策(パズドラ闘技場3攻略)

ノアドラゴン/ノアドラの倒し方と吸収対策(パズドラ闘技場3攻略)

 

主にパズドラの闘技場3で遭遇することになるモンスターが、「ノアドラゴン(ノアドラ)」です。

 

 

このモンスターが持つ厄介な特性といえば、ダメージの無効化と吸収でしょう。

 

 

500万以上のダメージは、問答無用で無効化。

 

さらに毎ターン、2種類の属性を吸収します。

 

しかも、ランダムで。

 

 

さらにHPを90・70・50・30%・10%以下にすると、それぞれダメージの高いスキルが発動。

 

中でも一番高いダメージは38万越えと、喰らったらひとたまりもありません。

 

 

この記事では、ノアドラゴン(ノアドラ)の倒し方を説明しています。

 

スポンサーリンク

パズドラ攻略・闘技場で遭遇する「ノアドラゴン(ノアドラ)」の倒し方!

 

神モンスターの名を冠した「ノアドラゴン(ノアドラ)」は、パズドラの闘技場3と、レーダーやゲリラで出現するノアドラゴン降臨に登場します。

 

 

闘技場は約3000万・降臨時は5000万ものHPがあるにも関わらず500万以上のダメージを無効化してくるため、通常攻撃一撃で倒すことは不可能です。

 

 

ノアドラゴン(ノアドラ)の行動パターンはHPによって変化し、基本的には50%より多いか少ないかによって繰り返されます。

 

全ての行動が3段構えとなっているため、非常に厄介です。

 

 

50%以上では、火水木の中から1色と、闇光のどちらか1色合わせて2色の吸収をする「蒼天の虹」。

 

中ダメージに加えて、盤面上の1色を吸収色にしてくる「プリズミックサンダー」。

 

同じくダメージを与えながら、サブメンバーを1体1ターンバインドしてくる「ストランドサクリファイス」を繰り返します。

 

 

50%以下は、中ダメージとお邪魔ドロップ生成、ストランドサクリファイスを一度、ノアと同様の99%ダメージ「アークインパクト」をマイターン使用してくるのです。

 

まず耐えきれないため、50%を切ってから地道に倒していくのはほぼ不可能です。

 

 

ノアドラゴン(ノアドラ)の特徴として、HPが90・70・50・30%を切るごとに1度だけ、ファースト・セカンド・サード・フォースの順でジャッジメント攻撃をしてきます。

 

その際に、1ターン75%軽減シールドを同時に張ってきます。

 

 

さらに10%以下で残してしまうと、問答無用で軽減も無効も剥がして大ダメージ攻撃「ジャッジメントエンド」が飛んでくるため、抗い様がありません。

 

 

基本的な倒し方を説明します。

 

 

属性吸収が自身の主属性でないタイミングで、無効ラインの500万を超えない程度に抑えながらHPを90%以下にして、ファーストジャッジメントを誘発させることから始まります。

 

 

ジャッジメントによって75%のシールドが張られると、無効ラインが2000万にまで上がるので、エンハンスを使用して70・50%と、次々にジャッジメントラインを越えていきます。

 

 

このとき、2ターン継続して確かな倍率がある宝石エンハンスが望ましいです。

 

 

ドラゴンキラーが付いている場合は別ですが、そうでなければ75%軽減の上から削りきるのは困難になるため、エンハンスが継続している内に削ってしまいましょう。

 

 

サードジャッジメント時は、13万を超える攻撃が来るため、HP倍率や軽減のないリーダースキルの場合は軽減やダメージ無効スキルが必要です。

 

 

その他には、無効貫通覚醒を持っているモンスターで倒し切ってしまうという方法もあります。

 

1体で吸収の隙間を突くタイミングと、シールドを張らせず一撃あるいはその上から倒しきる高火力が必要になってきます。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加