ワンツースイッチ(1-2-switch)の口コミ・評価!定価と中古価格は?

ワンツースイッチ(1-2-switch)の口コミ・評価!定価と中古価格は?

 

パーティゲームとして楽しまれているのが、ニンテンドースイッチ専用ソフトの「1-2-Switch」です。

 

ジョイコンを使った独特で簡単な遊び方なため、普段ゲームをしない人でも大盛り上がりできます。

 

 

ネットの中には、「ひどい」との評価もあるようですが…

 

複数で盛り上がるタイプのゲームなためか、いわゆるゲーマーには不評なのかもしれません。

 

 

実際にこのゲームをプレイした人達に、口コミや感想を聞いてみることにしました。

 

 

また、ワンツースイッチの定価っていくらなのでしょうか?

 

新品や中古価格が一番安いお店も、気になりますが…

 

 

価格情報などを参考にして、購入を判断する材料にしてみてください。

1-2-Switch(ワンツースイッチ)の口コミ・評価

 

1-2-Switchで一番面白かったゲームは、赤ちゃんです。

 

本体を赤ちゃんに見立てて寝かしつける姿は、非常にシュールで見ているだけでも面白く感じました。

 

 

しかも、ゲームの腕前は関係ありません。

 

普段はゲームで遊ばない人でも、子育ての経験者なら赤ちゃんを寝かしつけるコツを知っているので、意外と良い成績を残せます。

 

 

誰でも楽しめる内容なので、一番おすすめのゲームです。

 

正月に親戚が集まった時にやろうと思い、ワンツースイッチを買いました。

 

子どもから大人まで、幅広い年代の人が楽しめる作りになっているため、みんなで楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

ジョイコンを銃に見立てて合図と同時に早撃ちするものが、親戚の子供達も中でかなりハマっていたようです。

 

ミニゲーム集なので、一人でやり込むようなタイプではないとはいえ、久し振りにあった人達とすぐに打ちとけあうには最高のゲームです。

 

 

ゲームが苦手な人もとりあえずやることはできるので、みんなで大盛り上がりできます。

 

1-2-Switchのゲームの中で一番好きなのは、「Shaver」です。

 

 

ひげそりをコントローラーの振動で体感できるゲームなのですが、私は女なので楽しいです。

 

鏡を見ながらできる訳ではないので、結構難しいです。

 

 

次に面白かったのは、「Baby」です。

 

赤ちゃんを寝かせるゲームなのですが、娘が赤ちゃんだった頃を思い出しました。

 

 

泣いているのをあやして寝かすのは、結構難しかったです。

 

 

あと卓球を体感できるゲームが、リアルな感じで面白かったです。

 

自宅で忘年会をした時に、友人が単純なゲームばかりだけど意外と盛り上がると言った事で、ワンツースイッチをダウンロード購入してみました。

 

 

いろいろなゲームを試してみましたが、単純に盛り上がったのがガンマンと真剣白刃取りでした。

 

少し頭を使うライアーダイスは負けると本当に悔しくて何回も勝負を挑んだりと、思った以上にハマりました。

 

 

ホームパーティーをする際は罰ゲームなどを盛り込むと、大人でもかなり盛り上がる事ができますよ。

 

ワンツースイッチでお気に入りのゲームが、カウントボールです。

 

実際に遊んでみるとボールが何個も入っているように感じられますし、振動もリアルでハマってしまいました。

 

 

球同士がぶつかり合う音さえもはっきりとわかりますので、友達同士で一緒に楽しめてユニークだなあと実感しています。

 

何度遊んでも飽きることなく夢中になれるところも、このゲームソフトの魅力だと感じています。

 

パーティーの時に参加している人々が一人残らずゲームに参加できて盛り上がったのが、1-2-Switchのソーダです。

 

 

透明感が爽やかなボトルに詰まっているソーダを振って、高まった炭酸の圧力を利用してコルクを飛ばし、飛ばしてしまった人が負けという単純明快なルール。

 

 

普段ゲームをしない人にもわかりやすくて良かったです。

 

 

ジョイコンを手に取り、自身が限界だと思うところまで振って次の人に渡す動作は、皆が共通して緊張感が楽しめました。

 

友達から勧められて、初めて1-2-Switchに挑戦してみることにしました。

 

沢山の種類の収録ゲームがありましたが、その中でも特に面白かったのが、ライアーダイスとソーダです。

 

 

ライアーダイスは、対戦相手の目を見て探りながら自分が勝てるように心理戦をしていくため、最後まで気が抜けずに夢中になって楽しめたのです。

 

また、ソーダは炭酸が詰まったソーダを順番に振っていき、いつ爆発するかドキドキしながら友達や恋人同士で盛り上がりました。

 

ワンツースイッチは、色々対戦をして遊ぶことの出来るゲームが豊富に用意されていていいと感じます。

 

 

私が気に入ったのは、早撃ちです。

 

これは、お互いがガンマンのようになって相手を早く撃つゲームです。

 

 

慌てて打つと地面を撃ってしまいますので、冷静に相手の目を見ながら勝負する必要があります。

 

判定も、本体の方でしてくれます。

 

 

持ち運びの可能な筐体だからこそ外でも遊べて、パーティなんかでも楽しめると思います。

 

ゲームというと、テレビの画面とにらめっこをするイメージが強かったですが、全く違った楽しみ方ができるゲームに出会えました。

 

それが、任天堂の1-2-Switchです。

 

 

中でも一番ハマったのが「大食いコンテスト」で、モーションIRカメラの前で実際に口を動かす事でサンドイッチを食べるゲームです。

 

 

友達みんなで集まってプレイして盛り上がる事が出来ました。

 

従来の手でボタンを押して操作するのでは無く、モーションIRカメラによる入力でゲームが進行する機能に驚きました。

 

 

ゲームとして楽しめるのはもちろんのこと、今後のNintendo Switchの持つ可能性を感じました。

 

1-2-Switch(ワンツースイッチ)の定価はいくら?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1-2-Switch
価格:4732円(税込、送料無料) (2018/2/22時点)


 

1-2-Switch(ワンツースイッチ)に定価は無いのですは、「メーカー希望小売価格」は発表されています。

 

税別:4980円

 

税込:5378円

 

以上のメーカー希望小売価格とはメーカーが提示している価格ですが…

 

この値段か、それ以下で安く売るような決まりがあるわけではありません。

 

 

ですがやはっぱり、一番安く売っているものを見つけたいのは、正直な気持ちでしょう。

 

 

最安値の1-2-Switch(ワンツースイッチ)を買えるお店はあるのか、探してみることに。

 

 

1-2-Switch(ワンツースイッチ)新品価格の最安値はどこのお店?

 

ゲーム販売店と聞いて思い浮かぶ店名といえば、ヤマダ電機とかヨドバシカメラのといった家電量販店だと思います。

 

ゲームソフトを取り扱っているゲオやツタヤあたりも。

 

 

ただ、これらの実店舗の販売価格と比較して、ネットショップの販売価格の方が安いケースって多いです。

 

 

というわけで、大手のネットショップ「アマゾン」「楽天市場」にある1-2-Switch(ワンツースイッチ)の販売価格を調べてみました。

 

最安値で買えるのはどちらなのか、比較してみることに。

 

新品

 

・アマゾン 4618円

 

・楽天市場 4732円

 

2018年2月時点の価格で、どちらとも「税込」「送料無料」です。

 

 

※アマゾンの販売価格は、常に変化しています。

 

アマゾンへ直接入って、現時点の価格を確認しておいたほうが良いです。

 

1-2-Switch(ワンツースイッチ)中古価格が安いはどこのお店?

 

発売日からかなり日数が過ぎた現在、中古ゲームの販売店に中古の1-2-Switch(ワンツースイッチ)が置いてあります。

 

 

ただ、中古だとしても今や安いイメージはありません。

 

昔は半額以下とかもあったのですが…

 

 

せいぜい新品の数割くらいしか値引きされておらず、お得な感じはないんですよね。

 

 

ケースや説明書に、使用感があったり。

 

当然新品よりも寿命が短いのは、覚悟して買う必要があります。

 

中古

 

・アマゾン 4529円

 

・楽天市場 4838円

 

2018年2月時点の価格で、両方とも「税込」「送料無料」でした。

 

 

このように、新品よりもお得どころかほぼ変わらない値段となっていました。

 

どうしても1円でも安く買いたい場合は、中古品を狙ってみてもいいでしょう。

 

1-2-Switch(ワンツースイッチ)楽天市場の価格を見る!

 

1-2-Switch(ワンツースイッチ)アマゾンの価格を見る!