マザー2のラスボス・ギーグの倒し方

マザー2のラスボス・ギーグの倒し方

 

スーパーファミコン用ゲームソフトとして発売された任天堂のRPGが、「MOTHER2(マザー2)」です。

 

 

ラストでは、主人公・ネスのライバルであるポーキーもメカのような物に搭乗して「じゅうそうびポーキー」としてラスボス・ギーグと一緒に襲ってきます。

 

 

最初のうちは、普通の戦い方でもダメージを与えることができるギーグなのですが…

 

戦闘の段階が進むと、こちらの攻撃が全く通じなくなってしまうのです。

 

 

この記事では、そんなマザー2のラスボス・ギーグの倒し方について説明しています。

スポンサーリンク

「MOTHER2(マザー2)」のラスボス「ギーグ」の倒し方は?

 

ゲーム「MOTHER2(マザー2)ギーグの逆襲」は、1994年にスーパーファミコン用のソフトとして発売されたRPGです。

 

現在は、WiiU及び3DS版のバーチャルコンソールで配信版をダウンロード購入して遊ぶことができます。

 

 

ファミコン用ソフトの前作「MOTHER」の続編ですが、舞台や登場キャラクターも異なるストーリーで、どちらかというとリメイク的な作品となっています。

 

 

一風変わった世界観と物語のテーマの深さから今でもとても人気のあるシリーズ作品で、特に2は海外展開もされたことから一部でカルト的な人気を集めています。

 

 

ラスボスとして現れるのは、前作と同じボス「ギーグ」。

 

1と2の世界は似ているものの繋がりが一切なく、それぞれのギーグは全く別の存在です。

 

 

MOTHERシリーズは他のRPGとは違った一風変わったシステムや世界観ですが、今作のラスボスとの戦いも一風変わっています。

 

 

前作においては思ってもみない方法でギーグを退けたことで、記憶に残っている人も多いでしょう。

 

 

しかし、この作品がシリーズ初プレイという人にとってはそれも知らず。

 

ヒントもなく、なす術がないのではないでしょうか?

 

 

倒し方ですが、初めてプレイする人には分かりにくくなっています。

 

通常のRPGですと、ラスボス戦は全力をもって戦いにいどみますが、このギーグは通常の攻撃をしただけでは倒すことができません。

 

 

ラストバトルでは、第一段階のギーグとともに強化された「じゅうそうびポーキー」が現れます。

 

 

ギーグは正体不明のPSI攻撃を毎ターン仕掛けてきますが、こちらからの攻撃はまったく通用せず跳ね返されてしまうため、初めはじゅうそうびポーキーに攻撃を与えていきます。

 

 

一定ダメージを受けたじゅうそうびポーキーは「悪のスイッチ」を切って姿を消し、戦闘から離脱します。

 

すると、ギーグの本体が姿を現し第二段階へと変化します。

 

 

ギーグは正体のつかめない攻撃を仕掛けてきますが、この段階になるとこちらの攻撃が跳ね返されなくなるため、持てる力すべてをもって攻撃します。

 

「正体のつかめない攻撃」はPSI攻撃と同じ効力があるため、PSI攻撃を軽減できる装備を持っていると安心です。

 

 

そしてある程度ダメージを与えると、再びポーキーが現れ第三形態へと変化します。

 

この状態になると攻撃が全く通用しなくなるため、ポーラの専用コマンド「いのる」を続けます。

 

 

ポーラが気絶してしまうと進行できなくなるため、他のメンバーはポーラの回復に努めます。

 

そして9回いのるを成功させると、ギーグを倒すことができます。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加