ウォーザードが移植されない理由!わかっちゃいるけど…

ウォーザードが移植されない理由!わかっちゃいるけど…

 

大好きなゲームのひとつに、アーケード専用「ウォーザード」があります。

 

1996年に稼働されて以来、家庭用に移植されることなく今に至ります。

 

 

RPG風の世界観で成長要素のある対戦格闘ゲームですが、自分が惹かれたのは「ぬるぬる動く巨大なボスとのバトル」部分でした。

 

もともと他人との対戦より一人用のCPU戦を好んでいたので、D&Dなどのボス戦のような感覚で楽しんでいた覚えがあります。

 

 

プレイアブルキャラだけでなく脇役のキャラも丁寧に作られていて、いい味出してます。

 

女子キャラは可愛い子ばっかり。

 

 

自分はかなり気に入っていて「ドリームキャストで移植されないかな?」とか期待していたゲームなのですが、当時の評判やインカムは…

 

 

…と、

 

ここから下は、自分が好きなゲームを移植されないことを嘆くネガティブな内容ばかりなので、無理して読まなくでもいいかもしれません…

 

スポンサーリンク

スト3もジョジョも移植!ウォーザードもいずれ…

 

ウォーザードと同じCPS3システムの「スト3」や「ジョジョの奇妙な冒険」は当時家庭用ゲームに移植され、現在も配信版として販売されています。

 

未だに需要があるということか…

 

 

しかもジョジョに至っては、当時PS版が出ていたんですよね。

 

PS1って2D格闘ゲームを再現するにはかなり厳しいハードでしたが、人気作で売れそうなら無理にでも移植するものなんですよね…

 

 

「交代できないX-MEN VS STREET FIGHTER(EX EDITION)」とかもあったし。

 

稼働初日にわかっちゃった

 

「インカムが悪かったのは、単なる客でしかない自分からも一目瞭然だった」

 

 

ウォーザード稼働初日こそ、試しにコインいっこいれる人はいたのですが…

 

ほぼ全員が、1プレイ試しただけでした。

 

この後、日を追うごとに台に座る人の数は目に見えて減っていっていました。

 

 

これが人気のある格闘ゲームならプレイ希望者が列をなして、見るからに回転数が良いことがまるわかり。

 

 

一方でウォーザードの場合は、素人目にも「これ導入した分、赤字なんだろうな…」といった様子があからさまにわかってしまいました。

 

プレイした同級生や先輩からの評判もすこぶる悪く、「自分は好きだけどな〜」と返すのが精一杯。

 

 

それでも学生時代は、何の根拠も無く「いずれ移植版が出るはず」と期待していました。

 

若かった。

 

 

ウォーザードは対戦格闘ゲーム?ボスを倒すアクションゲーム?

 

これは、あくまでも個人的な見解ですが…

 

「対戦格闘ゲームを期待してプレイした人達が、失望した」気がするのです。

 

 

ウォーザードの対戦で使えるのは、たった4人のプレイアブルキャラのみ。

 

敵として出て来るモンスター達は、一切操作できません。

 

 

とにかく勝利に飢えていた人達には、対戦格闘ゲームとして物足りなかったのも頷けます。

 

ウォーザード好きな自分でさえ、「さすがに少ないね、ナックルヘッズ(6人)よりも少ない…」と思っていましたので。

 

 

格ゲーに興味を持った人って、対戦して誰かに勝ちたい人ばっかりなんですよね。

 

ジャンルが対戦格闘ゲームだから、当たり前なのですが。

 

 

世界観とかキャラの魅力とか、多分興味ないでしょう。

 

 

自分はもともと、格ゲーだけでなくアクションゲームも好きです。

 

格ゲーも、その流れでスト2にハマった経緯があります。

 

 

これと似たタイプのゲームに、アーケード版ロックマン「ロックマン・ザ・パワーバトル」があります。

 

道中の要素を一切省いて、ボスとのバトルだけを楽しむゲームでした。

 

 

コナミの「究極戦隊ダダンダーン」も、巨大なボスキャラと一騎打ちするタイプで、この手のゲームが大好物なんですよね。

 

 

そのせいもあって、自分だけはその後何度もウォーザードをプレイし続けたのですが…

 

その間、一度も乱入された覚えがありません。

 

 

個人的には、50円でたっぷりエンディングまで1プレイできてお得ではあったのですが、自分の好きなゲームが不人気なのは寂しいもの。

 

 

このように苦戦…というよりも惨敗した様子を目の当たりにして、移植を期待できるわけが無かったのでした。

 

好きな作品ではあるのですが、現実を突きつけられて気持ちが萎んでしまった覚えがあります…

 

配信もされず…

 

ゲームがネットで配信される時代に突入し、一度消えていた期待がちょっとだけ蘇ったりしたんですけどね。

 

まあ…無いですよね。

 

 

「人件費や時間を、売れない商品に使うわけがない」とは、社会人になれば嫌でもわかってしまうこと。

 

当時は学生だったのでそのあたりは想像できず、わずかな希望を抱いていたのですが。

 

 

移植作業といっても「コピペで終了」みたいに手軽でないのは、素人でも想像がつきますし…

 

もはや、基板すら無い!

 

しかも、さらに厳しい現実が。

 

「社会人になってお金に余裕ができたから、中古基板でも買うかな…」と今更思い立っても、後の祭り。

 

どこにも売っていません…

 

 

あれから20年以上経った今、世の中に存在する中古ゲーム基板の数はどんどん減っているのか、高騰する傾向にあるようです。

 

中古ゲーム基板やレトロゲームソフトの値上がりについて様々な憶測がされているようですが、単純に需要と供給の関係でしょう。

 

 

そしてもはや基板屋どころかヤフオクにすらウォーザードが出品されない現状を見て、今さら「あの時、基板買っておけばよかった」と後悔しているわけです。

 

当時お金は無かったけど、多少は無理をしてでも…

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加