アキネーターを評価!実際にプレイしてアプリの正解率を検証

アキネーターを評価!実際にプレイしてアプリの正解率を検証

 

思い浮かべているキャラクターをランプの魔人に当ててもらうアプリが、「アキネーター(Akinator)」。

 

 

もともと、ネット上では有名なアプリではあったのですが…

 

YouTubeが挑戦する動画などで、さらに知名度が広まっている模様。

 

 

自分もアキネーターで遊んでみたいと思った人は多いと思います。

 

 

このアプリの正解率って、本当に高いのでしょうか?

 

実際に遊んで、評価してみました。

 

スポンサーリンク

アプリ「アキネーター(Akinator)」の正解率は高いのか?実際に遊んで評価!

 

ランプの魔人が人物を言い当てるアプリが、「アキネーター(Akinator)」です。

 

 

この魔人、本当に自分が考えているキャラクターを当ててくれるのでしょうか?

 

実際にプレイしてみた結果を掲載していますので、ご覧になってみてください。

 

 

今回は、比較的有名なキャラクターで攻めています。

 

こちらは、敢えてマイナーなキャラクターで攻めてみた時の記事です。

 

 

「当てづらいキャラで試さなきゃ、意味ないでしょ」と思った方は…

 

こちらの記事も、合わせて読んでみてください。

 

 

まずは、「ドラゴンボールの主人公・孫悟空」を思い浮かべてみました。

 

「ドラゴンボールの孫悟空」を当ててもらう

 

以下は、ランプの魔人が質問してきた内容とその答えです。

 

Q1:男性?

 

はい

 

 

Q2:YouTuber?

 

いいえ

 

 

Q3:アニメになっている?

 

はい

 

 

Q4:物語の主人公?

 

はい

 

 

Q5:名前が作品のタイトルになっている?

 

いいえ

 

 

Q6:2月6日が生まれた日ですか?

 

いいえ

 

 

Q7:ニコニコ動画で有名ですか?

 

いいえ

 

 

Q8:英語の先生?

 

いいえ

 

 

Q9:魔法使い/魔女?

 

いいえ

 

 

Q10:頭巾をかぶっていますか?

 

いいえ

 

 

Q11:週間少年ジャンプに関係がある?

 

はい

 

 

Q12:ういらぶに出てましたか?

 

いいえ

 

 

Q13:森進一の息子?

 

いいえ

 

 

Q14:ドラゴンボールの登場人物ですか?

 

はい

 

 

Q15:オレンジのものを身に着けていますか?

 

はい

 

ここで、ランプの魔人に「孫悟空/カカロット」と言い当てられました。

 

 

「少年ジャンプ」というキーワードが出てきたので、当てられるのは時間の問題か?

 

そう思っていたのですが、その後意外と紆余曲折ありました。

 

 

広い世代に知られているキャラクターの場合…

 

質問の答えを正確に入れてゆけば、確実に言い当ててくれると思われます。

 

ジョジョの奇妙な冒険の「空条承太郎」を当ててもらう

 

 

次は、「ジョジョの奇妙な冒険3部の主人公・空条承太郎」を思い浮かべてみました。

 

Q1:男性?

 

はい

 

 

Q2:Youtube関係者?

 

いいえ

 

 

Q3:実在する?

 

はい

 

 

Q4:物語の主人公?

 

いいえ

 

 

Q5:名前が作品のタイトルになっている?

 

はい

 

 

Q6:学校に通ってる?

 

はい

 

 

Q7:兄弟か姉妹がいる?

 

いいえ

 

 

Q8:高校生?

 

はい

 

 

Q9:闘う?

 

はい

 

 

Q10:週間少年ジャンプに関係がある?

 

はい

 

 

Q11:映画の大奥に出演していましたか?

 

いいえ

 

 

Q12:僕のヒーローアカデミアに関係ありますか?

 

いいえ

 

 

Q13:黒髪?

 

はい

 

 

Q14:ジョジョのキャラクター?

 

はい

 

 

Q15:ポジションはSGですか?

 

いいえ

 

 

Q16:芸術的な作業をしていますか?

 

いいえ

 

 

Q17:帽子をかぶってますか?

 

はい

 

ここで、「空条承太郎」とランプの魔人に言い当てられました。

 

 

「ジョジョのキャラクター?」というピンポイントな質問をされたのち…

 

なぜか、関係のない質問が続きましたが、正解に行き着きました。

 

 

あやふやな知識のままいい加減に答えを選んでしまうと、それだけ正解から遠くなってしまいます。

 

 

もし、そのキャラクターについて知らない事を質問されたら…

 

公式のプロフィールやWikipediaを参照するなどして、出来るだけ正しい答えを選びましょう。

 

 

案外、そのキャラに対する思い込みや誤解がある場合も考えられますので。

 

声優の「杉田智和」を当ててもらう

 

最後は、人気声優の杉田智和さんを思い浮かべてみました。

 

Q1:学校に通っていますか?

 

いいえ

 

 

Q2:物語の主人公?

 

いいえ

 

 

Q3:男性?

 

はい

 

 

Q4:物語で主人公たちの敵だった?

 

いいえ

 

 

Q5:実際に存在する?

 

はい

 

 

Q6:Youtuber?

 

いいえ

 

 

Q7:35歳以上ですか?

 

はい

 

 

Q8:芸能人?

 

いいえ

 

 

Q9:現在、日本に住んでいる?

 

はい

 

 

Q10:漫画やアニメ関係がある?

 

はい

 

 

Q11:声優ですか?

 

はい

 

 

Q12:40年以上前に活躍しましたか?

 

いいえ

 

 

Q13:21thシングルのセンターですか?

 

いいえ

 

 

Q14:生放送をしていますか?

 

いいえ

 

 

Q15:アスレチックがうまいですか?

 

いいえ

 

 

Q16:相方は中村悠一ですか?

 

はい

 

ここで「杉田智和」と、ランプの魔人に言い当てられました。

 

 

架空のキャラクターや実在する芸能人だけでなく、声優まで言い当てるとは驚きでした。

 

しかも「相方は中村悠一ですか?」という、あまりにもピンポイントな質問が用意されているなんて。

 

 

ただ、どのキャラクターの質問にも言えることなのですが…

 

序盤に必ず「YouTuberか?」と聞いてくる仕様って、何なんですかね。

 

注意点。マイナーなキャラや人は対象外!

 

アキネーター(Akinator)は、実に様々なキャラクターや人物を言い当ててくれますが…

 

「世の中にいる者全てが対象」なわけではありません。

 

「有名な人物やキャラクターを思い浮かべて。」

 

「誰でも当ててみせよう。」

 

「何でもお見通しさ。」

 

このように、アキネーター(Akinator)のトップページに「誰でも」と書かれているからか…

 

そのように誤解する人も存在します。

 

 

あくまでも当てるのは「有名な」人物に限るので、注意しましょう。

 

 

例えば、SNSでこんな意見を見つけました。

 

アキネーターでとあるツイッタラーさんを出そうとしたら、1回目は「何に対してもギャンブラー」で、2回目は「フォロワー」になった。

 

たしかにフォロワーさんだから正解ではあるけれども、ちょっとセコいよね。

 

スラマロ@日々勉強@slmdgmrshmlln

 

この人が勘違いしているのは、「世の中に存在する人物なら、誰でも答えてくれるのでは?」と思っている所。

 

当たり前ですが、無名の一般人の名前を答えられるわけがありません。

 

 

…それでも、マイナーなキャラも当ててくれるのではないか?

 

筆者自身も、気になったことは確か。

 

 

ということで…

 

こちらの記事では、そんなアキネーター(Akinator)の限界に挑戦してみました。

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加