【マベツム】マーベルツムツムはパクリ?

【マベツム】マーベルツムツムはパクリ?

 

マーベルツムツム(マベツム)が配信開始された直後、「LINE:ディズニーツムツムのパクリでは?」という評価がネット中を飛び交いました。

 

 

SNSやマーベルツムツム(マベツム)のレビューでも確認できましたが…

 

これって、本当にパクリなのでしょうか?

 

 

ディズニーのキャラクターがツムとなって多数登場しているLINEツムツムを運営しているのは、「LINE Corporation」。

 

一方、マーベルツムツム(マベツム)の運営会社はモンストでお馴染みの「mixi」…

 

 

運営会社が違うということは…

 

やっぱりパクリだったのでしょうか?

スポンサーリンク


マーベルツムツム(マベツム)はLINEディズニーツムツムのパクリ?

 

スマートフォン向けのゲームアプリケーションである「LINE:ディズニーツムツム」は、2014年1月29日にLINEによるサービスが開始されました。

 

しかし、それよりおよそ2年後の2016年2月24日には、これとよく似た「マーベルツムツム(マベツム)」がmixiからリリースされています。

 

 

この2つの作品はまったく異なる会社が運営していることもあり、「後発のマーベルツムツム(マベツム)は、LINE:ディズニーツムツムのパクリである」と言われることがあります。

 

 

しかしその真相は…

 

いずれのアプリケーションも、開発元が同じ「NHN PlayArt」なのです。

 

 

要は、1つの制作会社が同じシステムのゲームを2つの会社に提供したと言うだけのことです。

 

 

そのため、「マーベルツムツム(マベツム)がLINE:ディズニーツムツムのパクリである」という認識は完全な誤りなのです。

 

LINEツムツムのファンが、マーベルツムツム(マベツム)を非難するのは正当性を欠いていますし、逆にマーベルツムツム(マベツム)のファンがLINE:ディズニーツムツムに引け目を感じることはないと言えます。

 

 

なお開発元とタイトルが同じであるだけに、両アプリのゲーム性や基本ルールなどは用語や一部の仕様の違いを除けばほとんど同じです。

 

 

その最大の違いは、登場するキャラクターがLINEツムツムであればディズニーのキャラクター、マーベルツムツム(マベツム)であれば、マーベルヒーローになっているという点にあります。

 

そのため、後は自分の好きな作品の出ている方を選べばよいと言うことになります。

 

 

さらに「マーベルツムツム(マベツム)がLINE:ディズニーツムツムのパクリ」という意見が間違っていることには、もうひとつ理由があるのです。

 

それは…

 

「スパイダーマンやアイアンマンたちマーベルヒーローが活躍する漫画を出版しているマーベルコミックは、2009年にディズニーに買収されて傘下に入っている」という事実です。

 

 

つまり…

 

広い意味では「ミッキーマウスも、アナも、スパイダーマンも、アイアンマンも、同じ会社のキャラクター」ということになるのです。

 

大人の事情であろうがなかろうが、これは事実なので仕方ありませんよね。

 

 

全世界で4000万ダウンロードされ人気を誇っているツムツムに別バージョンが生まれるのは、むしろ必然だったといえるでしょう。

 

 

しかし逆に、「これらの事実を知っているのにもかかわらずパクリ扱いをしている人」も見かけました。

 

彼らの主張は、「ゲームのシステムが同じだから、同じ会社のゲームだろうとパクリはパクリ」というものです。

 

 

意外にこういった意見を見かけたのですが…

 

もしこれが本気であれば、なかなか恐ろしいことを言います。

 

 

つまり、「2度と似たようなジャンルのゲームを作るな」と。

 

ということは、「続編もの」や「シリーズもの」の存在すら全否定しているわけで。

 

 

SNSに書かれているのはネタやボケも含まれている可能性がありますが、マーベルツムツム(マベツム)のレビューに直接書かれた文章の中身や星1の評価はどうも本気の匂いがします。

 

 

LINE:ディズニーツムツムは2年の間運営されていることもあり、サービスやゲーム性の修正などの面ではこちらの方が優れていると言えます。

 

 

一方マーベルツムツム(マベツム)に関してはまだリリースされたばかりの状態ですが、現在の時点では「対戦モードを充実させる」という発表が行われています。

 

mixiは「モンスターストライク」を運営している会社であるだけに、今後の展開が期待されます。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加